主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

         急に工場地帯の写真が撮りたくなった。京浜工業地帯は工場写真家にとっては宝の山だ。撮影スポットは
         数限りなく、夜景昼景を問わず工場マニアが撮影にやってくる。海から工場を眺める船のツアーも盛んだ。
         ネットで「工場写真」と検索すればインパクト溢れる素晴らしい写真が目白押しだ。あんな写真も是非撮
         ってみたいものだと思うが、私の好みからするともう少しおとなしい写真の方が性に合っている気もする。
         しかしそんな事を言っても工場地帯で、それではどんな写真が撮れるのか。試しに産業道路を一番最寄り
         の恵比須町界隈からスタートしてみる事にした。
         若い頃は絵のモチーフを探してよく歩いたし、少しは写真も撮り歩いた京浜工業地帯だが、長年遠ざかっ
         ていたのですっかり土地勘が薄れてしまった。その代わり今はカーナビやグーグルマップという便利なツ
         ールもある事だし何とかなるだろう。


         
         EOS M3/DR Summicron 50mm F2
         最初の1枚は守屋町から恵比須町に渡る橋の上から撮った。何故かと言えば日石の煙突とキリンビールの
         通風塔が見えるから。
         私の通った中高等学校がこの写真の赤白煙突の延長上、撮影場所から1km ほどの所にある。この赤白煙
         突の建築計画が持ち上がった時に公害が心配され、生徒会が日赤に説明を求めた事があった。日赤側の説
         明によれば、「この煙突の上昇気流は大変強いので、煙は拡散して煙突の足元にある貴校には全く影響が
         ない」という事だった。では少し離れた場所ではどうなの?と聞きたくなるが、結局そのまま計画通り煙
         突は竣工した。
         母校の出身者の死亡率は高い。私の同級もかなりの人数が他界している。先日同窓の友人に会った時、や
         はり公害のせいじゃないかなと言っていたが確かにそれはあり得なくはないなと思う。この赤白煙突は私
         達の世代には関係なかったかもしれないが、この大工場地帯の真っ正面で、夏など毎日窓を開けっ放しに
         して、工場からの異臭に鼻をつまむようにして授業を受けていたのだから何かしら健康に影響があっても
         そう不思議ではない。
         キリンの通風塔は建て替えで昔の良さはなくなってしまったが、あのメモリアル的存在が残ってくれたの
         はありがたかった(写真の赤白煙突の左下に小さく2本並んで写っているのがそれ。「ハウベ」というの
         が正式名称で取り込む空気の量を調節しているらしい)。
         赤白煙突とキリンの通風塔は、部活動以外なんの面白みもなかった中高時代の視覚的なシンボル。いくら
         面白みのない学生時代とは言え一応青春時代を過ごした土地だ。そんな訳でこの場所から写真を撮ってみ
         た。
         前置きが長くなりすぎたが撮影は写真の下に書いたように EOS M3 とDR Summicron 50mm f2.0 の組
         み合わせ。初めての試みだがかなり満足の行く写りだった。ライカらしい線の細い描写、ズミクロンらし
         い生真面目な写りがよく反映されているように思った。
        

         160111m3sumIMG_0523.jpg
         EOS M3/DR Summicron 50mm F2
         水面を1羽の鵜がのんびり(泳ぐと言う表現で良いのかわからないが)泳いでいた。



         160111m3sumIMG_0527.jpg
         EOS M3/DR Summicron 50mm F2
         橋から反対側を見る。


         恵比須町には昭和電工の工場がある。工場設備の規模は大きくないがだいぶ古びてきていて撮影は楽しい。


160111m3sumIMG_0534.jpg
         EOS M3/DR Summicron 50mm F2



160111m3sumIMG_0548.jpg
         EOS M3/DR Summicron 50mm F2



160111m3sumIMG_0549.jpg
         EOS M3/DR Summicron 50mm F2



160111m3sumIMG_0550.jpg
         EOS M3/DR Summicron 50mm F2



          160111m3sumIMG_0558.jpg
          EOS M3/DR Summicron 50mm F2



160111m3sumIMG_0563.jpg
          EOS M3/DR Summicron 50mm F2



160111m3sumIMG_0582.jpg
          EOS M3/DR Summicron 50mm F2



160111ep5angP1110008.jpg
         OLYMPUS PEN E-P5 P.Angenieux Paris 25mm F0.95
         この1枚はアンジェニューで撮った。門扉の上に並ぶ鋭利な刺の列がむき出しにする敵意も、大口径アン
         ジェニューの「開放の魔法」が和らげてしまったかに見える。



160111m3sumIMG_0605.jpg
         EOS M3/DR Summicron 50mm F2
         バラ線は子供の頃にはどこの空き地にもつきもので、それをくぐって移動する時にはよく引っ掛けて怪我
         したり、衣服を破いてしまったりしたものだ。家に帰ると破傷風になると叱られた。昭和中期の情景を思
         い出そうとする時、錆びたバラ線は私にとって重要なエレメントの一つである。
         


160111m3sumIMG_0609.jpg
         EOS M3/DR Summicron 50mm F2
         昭和電工の横を海に向かって歩いて行くと鉄のフェンスで行き止まりになる。フェンスの隙間から見ると、
         雲間から差し込んだ光がベイブリッジ手前の鉛色の海面に一条の線を引いていた。



160111m3sumIMG_0618.jpg
         EOS M3/DR Summicron 50mm F2
         これは海上に浮遊している施設を固定しておくアンカー(多分)。この鉄の錨の下部は大きなコンクリー
         トブロックで固められている。通常の錨のように海底に引っ掛けて固定するのではなく、ブロックの重み
         で固定するのだろう。



         160111m3sumIMG_0623.jpg
         EOS M3/DR Summicron 50mm F2
         近づいて広角レンズで全体を撮りたいと思ったが、さすがにこれでは無理である。




スポンサーサイト

  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

工場地帯

  1. 2016/01/22(金) 21:45:24 |
  2. URL |
  3. kazenohane
  4. [ edit ]
こんばんは。
工場地帯の夜景撮影がブームのようですね。
工場ばい煙の影響で早く亡くなった方が多いとか、公害ですね。
それはともかく、青春時代の思い出の風景なんですね。
本人しか分からない心象風景があるのかな?
個人的には錆びついた昭和電工の工場、好きですね。
8枚目の縦位置写真が特に魅せられました。
子どもも頃、バラ線の内に入るスリルがたまりませんでした(^^♪

Re: 工場地帯

  1. 2016/01/23(土) 01:49:40 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> kazenohane さん
今晩は。
そうですね。夜景撮影スポットにはなんだかたくさんのカメラマンが押し寄せるらしいです。
私も今夜あたり出陣してみようかとも思ったのですが、一杯やってしまった上に酔いが醒める頃からサッカーを見始めてしまいました。
豊川、中島の鮮やかなゴールを見てしまった今は興奮して眠れなくなり、一人で祝杯をあげています 💦
中高時代は毎日京浜工業地帯を眺めながら過ごしましたので思い出深いと言えば思い出深いのですが、残念なことにあまりいい思い出はありません。
私より少し上の世代の kazenohaneさんですから、バラ線くぐりはお手の物だったでしょうね(笑)。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -