主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

         昨日の記事の後日談。
         イギリス館で彫刻家井上信道さんの事を思い出したので家に戻ってからネットで調べてみた。1909年の
         お生まれだから亡くなっていらっしゃるのは確かだろうがいつ亡くなられたのか気になったからだ。
         するとすぐに2008年に99歳で亡くなられていた事や、1997年には横浜三越で画家である奥様と二
         人展をされていた事などがわかった。
         長寿を全うされていた事を知りとても嬉しかった。そして神奈川新聞のネット記事(CLICK)で、2013
         年の時点ではまだ井上さんのアトリエが残っていた事もわかった。「関係者の間で保存の気運が高まった」
         という記事だったが、その後がどうなったのかまではわからなかった。


         さて、イギリス館を訪れてから4日後の木曜日、まだ明るいうちに帰宅したのでカメラを持って夕方の散歩
         に出掛けた。手にしたカメラはソニーのα7ⅡにLeitz Elmar 5cm f3.5 の組み合わせで、最初からモノクロモ
         ードにセッティングしておいた。

         160415α72elmDSC02623
         先日も登場した自宅近所の解体現場のユンボのアーム。近頃自宅付近では戸建て住宅の立て直しが非常に多
         い。それらの多くは老後の備えにアパートを建築するというケースだ。



160415α72elmDSC02624
         数々の仕事をこなしているうちにこんな強かな表情を身につけたのだろう。



         160415α72elmDSC02625
         出掛けに井上信道さんのアトリエの事を思い出してその方向に足を向けてみた。私はアトリエにお邪魔した
         事はなかったのだが、ネットで見て「中丸」という所在地の町名だけは知っていた。この辺りには豪族の砦
         があったようなので中丸という地名もその名残かもしれない。
         だいぶ薄暗くなってはきたが捜真女学院の裏手に回り込んで行くと建て込んだ家々の中に鬱蒼とした樹々の
         残っている場所が見えてきたのでそちらに歩いて行ってみた。



         160415α72elmDSC02627
         樹木に絡み付いた蔦が面白くて写真を撮っていると何か違和感を覚えた。何かに見られているような、そん
         な気がしてファインダーから目を離して肉眼で樹を見てみると幹と幹の間から何かがこちらを見ている。
         ちょっとドキッとしながらもう一度よく見てみると・・・彫刻?



         160415α72elmDSC02628
         さらに樹の横には裸婦像の背中が見えているではないか。ひょっとして、ここが? そう思った。




160415α72elmDSC02630
         垣根を回り込んでいってみると、そこに写真で見た事のある井上信道さんのアトリエがあった。ただ傷みは
         激しく、保存が軌道に乗ったという様子には到底見えなかった。




160415α72elmDSC02639
         アトリエや母屋の周囲にはたくさんの彫刻が置かれていた。




160415α72elmDSC02648
         井上さんは戦後個性的な外国人の顔に惹かれ、たくさんの外国人の頭像を作られたそうだ。




         160415α72elmDSC02649
         この女性像の膝には何か本が開いて置かれていた。モデルとなったどなたかと関連のある事なのだろうか?

         突然であったし、夕食前の時間帯だったので門戸を叩く事なく引き返してきたが、アトリエの中が今どうな
         っているのかは気になった。そのうちお声を掛けてみようかと思う一方で、見ない方が良いような気もして
         今も決めあぐねている。
         それはともかく、市内の随所に残されている井上さんの彫刻については、改めて拝見してみようと心に決め
         た。


160415α72elmDSC02654
         横浜駅からみなとみらいにかけて高層ビルがたくさん立ち、この丘から眺める横浜の景色もずいぶん変わっ
         てしまった。都市の美化を訴え続けていたという井上さんだが、この横浜の街並の変遷をどう御覧になられ
         ていたのだろう。



         160415α72elmDSC02668


         2008年に亡くなられたという事は今から8年前。近所にこんな素晴らしい彫刻家がいながら、それを顧
         みず失念していた事がとても残念に思えた。
         今思えば反町駅で偶然出合った井上さんの「そうなんだよ、それが一生の問題なんだ。ぼくも同じなんだよ !
         」とおっしゃられたあの言葉は、父親が亡くなった数年後で不安に苛まれていた当時の私に大きな勇気を与
         えてくれたし、人生どうにかなるものだという希望も与えてくれたように思う。
         それなのにその後一度もご挨拶に伺わなかった原因の1つは、実は若い頃の私が、井上さんの作品の素晴ら
         しさを理解できていなかったという事かもしれない。もしも私が当時井上さんの作品にもっと魅力を感じて
         いたら、自分から進んで井上さんと近しい距離を保つ努力をしたのではないだろうか。

         イギリス館のエントランスの女性像を前にして、若い頃の自分の浅はかさを改めて思い知った気がした。
         もっと色々な事を井上さんからお聞きしたかった。けれども後悔先に立たず。私の人生は、まあそんな事だ
         らけだが、先日家内が書物だか新聞記事だかの中で誰かが「青春なんて若い奴にはもったいない」と言って
         いたと話してくれたのを思い出した。

         「青春なんて若い奴にはもったいない」

         つまり、そんな思いに駆られるのは私だけではないという事か。
         





スポンサーサイト

  1. 彫刻
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

井上信道さんの思い出

  1. 2016/04/20(水) 22:09:50 |
  2. URL |
  3. kazenohane
  4. [ edit ]
ひとりの彫刻家の作品を辿る旅、興味深いですね。
彼のアトリエに残されていた彫像、薄汚れて、あまり保存状態がよくないようですね。
そんな状態をモノクロの心象風景で切り取る感性が素晴らしいです。
5~9枚目の彫刻作品のある風景、どこか物悲しい感じがしました。
naoggioさんの人生と井上信道さんの人生がクロスする瞬間があったんですね。
今、そんな出会いがあれば、もっと作品に対する見方も違い、
親交も深まったかもしれませんね。
でも、出会いがあっただけでも幸運でしたね。

Re: 井上信道さんの思い出

  1. 2016/04/21(木) 08:12:54 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>kazenohane さん
コメントありがとうございます。
あまりに個人的な話なので公開ブログでアップするような事ではないかなとも思いましたが、
私は現在の所このブログ以外に忘備録的なものは書いていないので自分の気持ちの整理のために書きました。
イギリス館で井上さんの彫刻を目にした時から、何か喪失感と焦燥感の入り混じったような気持ちに囚われていましたが、
この記事を書き終えてだいぶ心が落ち着いた気がします。日記というのは便利なものですね。
おっしゃる通り、アトリエの様子は夢の後というか、物悲しさに包まれていました。
私なりにこの現実にどう向き合うか考えてはみましたが結論は出ていません。
何か釈然としない結末ではあったのですが、これまたおっしゃる通り、出合いがあった事は本当に良かったです。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -