主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

         日曜日の夜間に仕事があったので月曜日は代休を取ってお向かいのYさんと長野県を再訪した。目的はギフ
         チョウとヒメギフチョウの撮影。思ったより薄く雲のかかる事の多い日和だったが、それなりの撮影成果を
         あげる事ができ満足だった。

160425EM5P4250003.jpg
         見上げる山々の雪は例年になく少ない。全体に蝶の発生は早まっているようだ。これだと夏の高山蝶の発生
         はかなり早まるだろう。




         思ったより気温が低かったので最初に陽当たりの良い場所に咲くスミレで吸蜜に来るヒメギフチョウを撮影
         した。傷んだ個体が多かったが、中にはまずまずきれいな個体も見られた。



160425em5P4250105.jpg
         潔いくらい赤の上がっていないヒメギフチョウだがとても美しい個体だった。赤上がりだけがヒメギフチョ
         ウのチャームポイントではないなと思った。



160425em5P4250128.jpg
         1度飛んでから別の場所に止まってくれたので再度撮影。その清楚な美しさは溜め息ものだ。



      160425em5P4250169.jpg
         11時近くなってギフチョウが吸蜜するようになった。



   160425em5P4250213.jpg
         スミレでの吸蜜がしっかり撮影できたのは嬉しかった。



160425em5P4250220.jpg
         同上



   t160425em5P4250237.jpg
         細めのバンドながらイエローバンドも現れてくれた。



yagiP4250142.jpg
         同じ時Yさんが撮影した画像。ちょっとした角度や露出の差でずいぶんバンドらしく見えてくる。


  
   t160425ep5P4250086.jpg  t160425ep5P4250096.jpg


   t160425ep5P4250097.jpg  t160425ep5P4250099.jpg
         飛翔は2度しかシャッターを押さなかったが、ピントがましだった方がたまたまイエローバンドだった。
         かなりトリミングしてある。


160425EP5_1P4250098.jpg
         同上。



160425em5P4250254.jpg
         ギフチョウ午後の吸蜜。



160425em5P4250272.jpg
         上の写真と同じ個体。メスだと思うが新潟県のギフチョウみたいな艶やかさだった。



160425em5P4250375.jpg
         午後は林床で翅を休める個体も多くなった。これはヒメギフチョウ。



160425em5P4250249.jpg
         こちらはギフチョウ。このような木漏れ日の中にひっそりと止まっている姿は実に神秘的。


         
160425em5P4250431.jpg
         帰りがけにサクラをチェックしたら枝垂れ桜に2頭のギフチョウがやって来ていた。どちらも傷んだ個体だ
         った。



      160425em5P4250694.jpg
         その枝垂れ桜のすぐ横ではヒメギフチョウが交尾。



      t160425em5P4250582.jpg
         メスがオスを引きずって歩き回るので落ち着かせてやろうと思い近くのツクシに載せてやった。すぐに落っ
         こちてしまったがまた自力で上って来た。


         この地区のギフチョウとヒメギフチョウは微妙な棲み分けをしているように思っていたが、今回の印象では
         ギフチョウの生息域にかなりヒメギフチョウが入り込んでいるような印象を受けた。この地区のギフチョウ
         はネイティブではないらしいので、ヒメギフチョウがギフチョウの生活圏で勢力を盛り返しているのかなと
         も思った。或は例年と発生時期にかなりのズレがあるのでそんな印象を受けただけかもしれない。
         いずれにせよ、狭い区域、空間での話だから、2種の生活圏も常に流動的な推移をしているのだろう。




スポンサーサイト

  1. / trackback:0
  2. / comment:16
  3. [ edit ]

  1. 2016/04/26(火) 18:20:46 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
連休前に白馬に通われてますね。
今年はヒメギフの写真がちゃんと撮れていないのでうらやましいです。
それにバンドも。
このバンド、後翅のオレンジ班の一番上のものがずいぶん白いというか黄色いですね。
次のも半分黄色いし、なんかヒメギフの血でも入っているのかなという感じもしますね。
栗田さんの"ギフチョウの里"を見ると(写真を使ってもらったので、ちょっと早めに手に入りました)、バントとヒメギフの交尾もあったりして、そんな感じが余計にします

ギフチョウ&ヒメギフチョウ

  1. 2016/04/26(火) 23:45:51 |
  2. URL |
  3. kazenohane
  4. [ edit ]
こんばんは。
ヒメギフチョウよりもギフチョウの方がオレンジ色が入っている分、
美しいのかなと思っていましたが、ヒメもすっきりした清楚な美しさがありますね。
これが、あのイエローバンドなんですね(^^♪
飛翔するシーンも見事に捉えられていますね。
交尾も撮影でき、とても充実した長野遠征でしたね。
いちど、白馬に見に行きたい蝶ですが、この時期は忙しくて無理かな(>_<)

Re: タイトルなし

  1. 2016/04/27(水) 06:41:58 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> ダンダラ さん
はい。たまたま休めたので行ってみました。
今年はフライングで発生した個体と新鮮個体が混在しています。
かなりボロボロの個体もいますので最初の発生は相当早かったようですね。
あの本ダンダラさんのお写真も載っているのですね。まだ入手していないのですが読んでみる事にします。
バンドとヒメギフの交雑ですか。それは当然あり得ますよね。
人工的にペアリングすればどんな個体が出てくるかだいたいわかるでしょうが、この個体がハイブリッドだったら面白いですね。
私の印象ではギフチョウよりヒメギフチョウの方がアタックが強烈なような気がします。

Re: ギフチョウ&ヒメギフチョウ

  1. 2016/04/27(水) 06:52:41 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> kazenohane さん
お早うございます。
はい。その通りだと思います。ギフとヒメギフ、どちらが美しいかは好みの問題でしょうが、
とにかく2種いてくれた事が嬉しいです。
イエローバンドはここではけっこう高い確立で見る事ができます。
でも行けば必ず見られるかというとそうでもないのでラッキーでした。
この時期お忙しいんですか、それも辛い所ですね。
お時間がある時には是非御一緒しましょう。

  1. 2016/04/27(水) 12:17:46 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
イエローバンドおめでとうございます。
バンドでも細い場合もあるのですかね。
僕は一度しか出会っていませんが、軽くストロボを使うといいと聞いていたので、自然光と比べてかなり差がありました。
ヒメギフの交尾も未撮影なので羨ましいです。

  1. 2016/04/27(水) 17:49:19 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
例年より、10日~2週間くらい、ピークが早いのでしょうか。
ブログを拝見する限り、どちらも適期って感じがしますが...ヒメギフは例年通り、ギフは、かなり早めなのかなー!?雪解けが超早かったから、わかり辛いですね。
ギフに比べてシンプルな配色のヒメギフだと思いますが、3~4枚目のヒメギフとてもきれいです。対照的に、新潟色の艶やかなギフも素敵ですね。どちらも好きですね。
...仰る通り、高山蝶の発生はかなり早そうですね。
こちらでも、雪解けが早いところでは、カタクリの開花が、例年より約1ヶ月早いところがありました。(驚!)
イエローバンドからヒメギフ交尾まで、素晴らしい成果でしたね。




Re: タイトルなし

  1. 2016/04/27(水) 21:53:27 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> BANYAN さん
イエローバンドのバンドの幅はいくらか個体差があるようです。
本当にクッキリというのにはなかなかお目にかかれません。
ストロボは効果があるみたいですね。私は億劫で近頃あまり使いませんが差が歴然となると次回は試してみたいものです。
BANYANさんがヒメギフ交尾未撮影というのは意外でした。
そんなに珍しいものでもないので今の所何か巡り合わせが悪いのかもしれませんね。

Re: タイトルなし

  1. 2016/04/27(水) 22:12:12 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> midori さん
そうですね。ヒメギフも少し早いのではないかと思います。
ギフは最初の発生が2週間ほど早く、ピークは1週間早く、まだダラダラ出そう。そんな印象でした。
ヒメギフの清楚な美しさにはいつも感動させられますが、その姿に似合わずメス(誤認したオスにも)へのアタックは猛烈です。
写真に撮ってみていつもつくづく思うのですが、ギフとヒメギフってずいぶん違いますよね。
日本にこの2種類がいてくれた事で私達の楽しみも数倍になっていると思います。
雪国は雪解け時期によって本当に季節の進み方が変わってしまいますが、1ヶ月というのも凄いですね。

  1. 2016/04/29(金) 11:10:34 |
  2. URL |
  3. clossiana
  4. [ edit ]
どの写真も素晴らしいのですが敢えて一票を投じるのなら私は最後から4番目の神秘写真ですね。神秘に加えて何かすごく艶やかな感じがしますので妖艶と言ったほうが適切かもしれません。うっとりとしました。

  1. 2016/04/29(金) 22:24:09 |
  2. URL |
  3. Sippo☆
  4. [ edit ]
わあ、ギフチョウ三昧でしたね!!
鮮やかな色彩に目が覚める思いです。
ヒメギフチョウはまだ見たことがありません。
いつか見られたらいいな!!
拍手☆

Re: タイトルなし

  1. 2016/04/30(土) 21:10:54 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> clossiana さん
レス遅くなってしまってすみませんでした。
実は私も下から4番目が1番お気に入りです。
ギフチョウを見に行くと、ああ、こんな所でこんな暮らしをしているんだなと思いますが、
なんと言っても暗い林床でそっと翅を開いている姿が一番神秘的で魅力を感じます。
あんな暗い針葉樹林の中でひっそりとまっている蝶なんてそんなに多くはないですし(意外とアゲハチョウ科はそうかな?)。
何か謎めいた雰囲気と共に、おっしゃる通り妖艶さを醸し出していますよね。

Re: タイトルなし

  1. 2016/04/30(土) 21:19:41 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> Sippo☆ さん
そうですね。この日はなんだかんだでけっこう充実した撮影ができました。
出だしは不調だったんですが次第に良い調子になってきました。
今年のギフチョウの発生はとても早く時期を掴むのが難しいです。
特に新潟県では極端に雪が少なく、1ヶ月近く発生が早まっている場所もあるみたいですね。
ヒメギフチョウはそれほど難易度の高い蝶ではありませんからきっと見られると思います。
その時はまた素敵な写真を楽しみにしています。

もう終わりでしょうか!

  1. 2016/05/01(日) 09:25:21 |
  2. URL |
  3. kayo☆
  4. [ edit ]
おはようございます♪
今年は発生が早かったようですね!
もう終わりでしょうか~明日行く予定なんですが!!!
ギフチョウのヒメギフチョウそしてイエローバンドが見られるこのポイントは向かう途中の雄大な景色に目の保養をさせてもらいながらの絶好の遠征場所ですよね(*^-^*)
景色を見られるだけでも満足の我が家です・・・が、行くからには会いたいですイエローバンド♪
飛翔がイエローバンド~凄いです!!!
少々傷んでいるギフチョウでも桜の花でのシーンは絵になりますね、沢山の美しい写真の中で私は木漏れ日の中のひっそり止まっているギフチョウに惹かれました(✿ฺ´∀‘✿ฺ)ノ
楽しい遠征お疲れ様でした<m(__)m>

Re: もう終わりでしょうか!

  1. 2016/05/01(日) 20:45:52 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> kayo☆ さん
今晩は。
そうですね。発生早かったです・・・が、情報によればまだまだ大丈夫ですよ。
見上げる山々は例年の初夏の感じですが、林の中はカタクリこそ終わりに近いもののまだまだ春がいっぱいだと思います。
楽しい遠征になるといいですね。
私も明日はそちら方面に行くつもりですのでもしかしたらお目にかかれるかもしれません。
木漏れ日の中にひっそり止まっているギフチョウは本当に魅力的です。
昼頃林の中をじーっと見ていたら地面に降りる姿が見えたのでそっと近づいて撮影しました。

飛翔するギフチョウ縁取り鮮やか

  1. 2016/05/03(火) 18:41:07 |
  2. URL |
  3. ヒメオオ
  4. [ edit ]
イエローバンドのギフチョウは、
縁取りがクッキリ鮮やかで飛翔す
る姿が綺麗ですね!

Re: 飛翔するギフチョウ縁取り鮮やか

  1. 2016/05/03(火) 20:08:23 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> ヒメオオ さん
コメントありがとうございます。
イエローバンドはやっぱり特別ですね。
何度遭遇してもどうしても「バンドだ ! 」と叫んでしまいます(笑)。
でもそれだけの気品と美しさを備えていますよね。
この形質が保存されていた事は本当に嬉しいです。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -