主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

         5月4日の記事(CLICK)で紹介したDALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5。その後蝶の撮影でも
         何度か使用しているが、風景やスナップ写真でもマイブームになっている。
         絞り値や光線の具合で千変万化する写り方も魅力だし、絞り込んで落ち着いた所も悪くない。暴れてもどこ
         か優しさが損なわれない。勿論設計者はそんな事は考えていなかっただろうが、レンズ構成と材質がそんな
         繊細な味つけを後世に残してくれたのは喜ばしい。


160429ep5P4290478.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         4月29日。横浜フランス山フランス領事館遺構。
         


160429ep5P4290481.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         同上。周辺部のグルグルボケに巻き込まれた人物が踊りを踊っているかのように見える。



160429ep5P4290486.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         同上。遺構の流しの中にコミスジが止まっていた。





         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         4月30日川崎市の公園で。蒸気機関車 D51が展示してある。以前にも書いたが、中学校の窓からよくそ
         の姿を目にした機関車だ。本当に均整のとれた美しい形をしていて、私は鉄道少年ではなかったが授業はそ
         っちのけでその姿に見とれたものである。
         貨車を引いて働くその勇姿も遠い記憶の彼方に遠ざかりつつあるが、現役ではなくともせめて元気に走って
         いる姿をもう一度見てみたいものだと思う。



160501ep5dallP5010467.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         5月1日、横浜フランス山フランス領事館遺構。樹木や壁に絡んだ植物が何か語りかけてきそうなざわつき
         を見せている。お気に入りの写真になった。



      160502ep5dallP5020079.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         5月2日長野県。以前にも登場した水門を別の角度から撮ったもの。



160504ep5dallP5040003.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         5月4日。横浜フランス山入り口の門扉。前々回の記事にも PENTAX 6×7で撮った同じ日の同じ場所の写
         真があるが全く異なった雰囲気の写真になっている。
         



スポンサーサイト

  1. スナップフォト
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

追憶の風景

  1. 2016/05/18(水) 09:23:20 |
  2. URL |
  3. kazenohane
  4. [ edit ]
おはようございます。
このレンズで撮影された風景を見ていると、
現実と夢が交錯するような「追憶の風景」、そんな不思議な感覚になります。
女性が踊っているようなワンシーン、素敵な写真ですね。
これら一連の写真は、naoggioさんだけの心象風景なんですね。
私も、こんなゆらゆらした風景写真を撮ってみたい!(^^♪

Re: 追憶の風景

  1. 2016/05/18(水) 15:59:21 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>kazenohane さん
こんにちは。
いつもの事ながらkazenohane さんがおっしゃられている事に尽きますね(笑)。
夢というのは見ている時は別段霞んだりぼやけたりしている訳ではないですし、記憶もしかりです。
でもそれらはどこか儚げな、頼りなげなベールに包まれてもいます。
そんな心象風景を写真表現に反映させようとするとこんな事になってしまうのかな、と。
クセのあるレンズを手にするとどうしてもクセのベクトルに引っ張られがちですが、
暫くこの感じで使ってから、そのうちもう少し絞って端正さも感じられるような描写ができればいいなと思っています。
対象と光によって絞り値の落としどころを探すのがオールドレンズの楽しみ方ではないかと思います。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -