主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

         14日はお向かいのYさん、町田のSさんと共に再度クモマツマキチョウを求めて長野へ。現地では横浜の
         KiさんやMiさんとも合流して一緒に撮影を楽しんだ。
         15日は家内が出品している『日本伝統工芸染織展』を見に行く予定があったので朝のうちに市内の公園に
         アカシジミを探しに行ってみた。



 
         <OLYMPUS PEN E-P5 / M.ZUIKO DIGITALED 300mm F4.0 IS PRO>
         タンポポに吸蜜に来たツマキチョウ。ツマキチョウはタンポポでも落ち着くが、クモマツマキチョウはタン
         ポポではなかなかゆっくりしていってくれない。




 160514em5P5140005.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         ミヤマハタザオに飛んで来たクモマツマキチョウのメス。左後翅に何かダメージがあるようだ。




 160514em5P5140014.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         ミヤマハタザオで吸蜜。前翅表前縁や、前翅裏外縁の黄鱗が強めの個体だった。



 t160514ep5P5140049.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         ハタザオのポイントで待っていたがオスがやって来ないので私だけ少し移動して飛翔を撮った。



 160514ep5P5140044.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         私がハタザオのポイントを離れている間にいいシーンが見られたようで残念だったが後の祭り。得てしてそ
         んなものだ。やはり決めた場所でじっくり待つのが蝶撮影の極意?



 t160514em5P5140039.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         午後になって少し上流でスミレでの吸蜜が見られるようになったのをKさんが教えて下さった。



 t160514em5P5140031.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>



 t160514em5P5140037.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>



 160514em5P5140108.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         帰り道、8日に訪れた時眠りに入る個体を見かけた場所のそばで傷んだ個体が現れてタネツケバナの仲間で
         吸蜜してくれた。



 160514em5P5140232.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         Sさんがタネツケバナの仲間での吸蜜は初めての撮影とおっしゃられていたが、そう言えば私も初めて見た
         かもしれない。



         t160514em5P5140258.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         別個体も現れて同じ花で吸蜜したが近づく事はできなかった。



 160514em5P5140358.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         下山後クロツバメシジミのポイントへ。発生を始めてだいぶ経つので擦れた個体がほとんどだったがなるべ
         くきれいそうな個体を選んで撮影した。これは夕日に向かって翅を広げている所。



 160514em5P5140367.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         昨年のツメレンゲの枯れた花穂のてっぺんに止まるクロツバメシジミ。



 160514ep5dallP5140098.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         またまたスピードアナスティグマートで。意味ないじゃんと言われそうだがこんな描写が好きなのだから仕
         方がない。



160515em5P5150009.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / M.ZUIKO DIGITALED 300mm F4.0 IS PRO>
         翌朝6時半くらいに市内公園に到着。アカシジミのポイントに上って行ってみると既に常連の案山子さん、
         Koさん、Fuさんのお三方がお見えになっていた。今日はまだ見ていないとの事だったが、程なく下草で3
         頭のアカシジミが見つかった。
         驚いた事に1頭はかなり擦れた個体で、少なくとも4〜5日は前に羽化したものと思われた。連休直後か、
         もしかしたら連休終盤には発生していたのかもしれない。この個体は中くらいの擦れの個体。



160515em5P5150015.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / M.ZUIKO DIGITALED 300mm F4.0 IS PRO>
         一番新鮮そうな個体。これでも到底羽化したてには見えない。この写真と上の写真は PEN E-P5 に300mm
         をつけて撮っている。これだと手ブレ補正はレンズ内ISのみに依存するが、手ブレはほとんど気にならない
         レベルに抑えられていた。因に上の写真は1/160、この写真が 1/500 で切れていたが、一脚使用とは言え
         この IS の威力は素晴らしいと思う。



160515em5P5150081.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO >
         この個体は飛び立つ気配がなかったので 40~150mmズームのテレコンを外して開放 f2.8 で深度の浅い絵
         を狙ってみた。さすがにピントが浅く、複眼と翅先両方にピントがくる事はなかったが、まずまずの絵を撮
         る事ができた。




         160515em5P5150090.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO >
         縦構図も狙ってみたがやはりグリップが安定せず、一番ましだったこの画像でも翅先が少しボケた。
         フルサイズの300mm f4 と同じか少し少ないくらいのボケ方だろうが今後も機会があれば積極的に使っ
         てみたい開放画質だった。



160514ep5dallP5150250.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / DALLMEYER "SPEED" ANASTIGMAT 1inch f1.5>
         最後にまたしてもスピードアナスティグマートの画像。f2~2.8 くらいまで絞って撮った。これくらいだと
         グルグルボケもそう煩くなくなる。




         
        
スポンサーサイト

  1. / trackback:0
  2. / comment:14
  3. [ edit ]

  1. 2016/05/16(月) 17:32:59 |
  2. URL |
  3. なつ
  4. [ edit ]
またまたクモツキ、お疲れさまでした。
クモツキメスの翅裏があんなに黄色いのは初めて見ましたi-199
私も何とかクモツキのメスの撮影が出来ましたがnaoggioさんのように素敵には撮れませんi-195
それに…アカシジミ…もう出てるんですねi-229
お天気と時間が出来たら探しに行ってみようと思いました。

  1. 2016/05/16(月) 17:36:16 |
  2. URL |
  3. clossiana
  4. [ edit ]
これらの写真を見させて頂いて某豪邸で行われた映写会を思い出しました。あの時も思いましたが、この蝶の素晴らしい画像の数々を目の当たりにするのは体に良くないですね。やたらと血が騒いで収まりませんから。。老人の身としてはアカシジミだけにしてほしかったです。
ところで若冲展ですが一通り見終わって最後にお土産コーナーで「芍薬群蝶図」のファイルを買って代金を支払おうとしたら。。
何とレジまで長~い行列が出来ていて、そこでまた20分くらい待たされました。体に良くないですね。

私も会えました~♪

  1. 2016/05/16(月) 19:00:44 |
  2. URL |
  3. kayo☆
  4. [ edit ]
土曜日~私もクモマツマキチョウに会いに行って来ました♪
思ったよりも個体数が少なかったのですが何とか撮影できました(*^-^*)
いつも申し上げますが、どうしたらこんなに美しく綺麗に撮れるのでしょうか~(*^^)v
見惚れました♡
アカシジミ♪あの公園ですね~会いに行きます<m(__)m>

クモマツマキチョウ

  1. 2016/05/16(月) 19:45:26 |
  2. URL |
  3. kazenohane
  4. [ edit ]
こんばんは。
魅惑的なオレンジの誘惑ですね(^^♪
ミヤマハタザオの花に吸蜜するクモマツマキチョウは、
みなさんが憧れるシーンですね。
とても羨ましい素敵な写真ばかりです。
やはり、いい写真を撮るには執念が必要ですね。
今年は、忙しく遠征できませんでしたが、
来年こそ、クモマツマキチョウをじっくり撮ってみたいですね。
もう、ゼフの季節がやってきますね。

  1. 2016/05/17(火) 03:49:18 |
  2. URL |
  3. Garuda
  4. [ edit ]
アカシジミ早いですね。

14日に川崎市の早野と横浜市の寺家をはしごして探しに行き、見つからずに

「早過ぎたかな」

と思っていましたが、探し方が悪かったのか?

  1. 2016/05/17(火) 10:06:43 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
また出かけられるというので、今度は南アルプスかなと思っていましたが、北アルプスに再挑戦されたのですね。
飛翔の一枚目、かなり近くを飛んだのでしょうが、シャープに写されていますね。
素晴らしいです。
アカシジミも出ましたか。
12日に近くに見に行きましたが未発生のようでした。
いよいよですね。

Re: タイトルなし

  1. 2016/05/17(火) 10:54:02 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>なつ さん
そうですね。正しくまたまたです。今年はこれで4度目のクモツキとの出合いになってしまいました。
このクモツキのメスの黄色、やっぱり強いですよね。
私の乏しい経験の中では見た事がない気がしますが、或は普通に出るのかもしれません。
今なつさんのブログに行ってきましたが何をおっしゃりますやら、素晴らしい写真満載ではありませんか !
お互い良い出合いに恵まれて良かったですね。
アカシジミですがもうけっこう前に出ていたのではないかと思います。擦れてましたから。
いよいよ平地性ゼフィルスの季節に突入。楽しみです。

Re: タイトルなし

  1. 2016/05/17(火) 12:23:34 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> clossiana さん
コメントありがとうございます。
あの映写会ですね。素敵なシーンの連続で、確かに体に悪かったかもしれませんね(笑)。
でも是非またおつき合い下さい。よろしくお願い致します。
アカシジミの例年の発生は20日過ぎと思っていましたが、そうだとすれば今年は確かに早いですね。
この公園での残り5種の発生時期が気になる所です。
若冲展恐るべしですね。ショップの清算に20分とは、やられましたね。
あと1週間か〜、行くべきか否か、迷う所です。

Re: 私も会えました~♪

  1. 2016/05/17(火) 12:41:34 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>kayo☆さん
同じ日に長野県に来ていらしたんですね。
こちらも予定していたより個体数が少なく、撮影のチャンスはけっこう限られていました。
気温が高すぎた事も災いしたかもしれません。
私の写真は大きいサイズで掲載しているのできれいっぽく見えるのかもしれませんが、
実際にはkayo☆さんの写真の方がよく撮れているものが多いのではないかと思いますよ。本当に。
先ほど訪問させて頂いてそう思いました。
アカシジミはあの公園です。丘の方で見ました。これから谷での吸蜜等も見られるようになると思います。

Re: クモマツマキチョウ

  1. 2016/05/17(火) 13:10:58 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>kazenohane さん
こんにちは。
この蝶が渓流に舞う姿は本当に魅惑のオレンジショーですね(笑)。
またミヤマハタザオのほそほそした立ち姿もこの蝶と実によくバランスが取れているように思います。
クモマツマキチョウの撮影は運に左右され易いのでどうしても何度も出掛けて行くはめになります。
1人ではなかなか続きませんが友人と連れ立ってですとあまり考えずに出掛けてしまいますね(笑)。
今年はお忙しいようですね。来年は是非またじっくりクモマツマキチョウ追いかけてみて下さい。
平地のゼフも始まって、ますます忙しくなりますね。

Re: タイトルなし

  1. 2016/05/17(火) 13:21:22 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>Garuda さん
はい。確かに早いですね。
現地で見た時、当然ピカピカの新鮮個体を予想したのにけっこう擦れていたのでびっくりしました。
この場所は尾根の中腹で、公園の中でもとても陽当たりの良い場所なのでそのせいもあるかもしれません。
早野や寺家には行った事がないのですが、アカシジミ発生地はどんな場所でしょう?
この調子だと他のゼフィルスの発生も当然早目が予想されます。
新鮮個体を撮影するつもりなら早めに出かけた方がいいかもしれませんね。

Re: タイトルなし

  1. 2016/05/17(火) 13:30:05 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> ダンダラさん
はい。南アルプスの方はまだ少し早そうでしたので再度北アルプスに行ってきました。
2日前に行かれた方からの情報ですともっと飛んでいそうだったのですが思ったより少なかったです。
この日は別の場所でも個体数少なめだったようで、何か気象条件が悪かったのかもしれませんね。
飛翔写真はトリミングしてありますが、おっしゃるようにけっこう近くを飛んでくれました。
アカシジミ出ていましたがもう既に発生して暫く経っているような感じでした。
例年だと20日前後からだと思うのですが早いですね。
平地のゼフィルスが始まると天気次第ですがいよいよ忙しくなってきますね。

  1. 2016/05/17(火) 19:22:39 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
やはりハタザオ吸蜜が似合いますね。
これを見ると夕方まで粘って、ハタザオなどスミレ以外の吸蜜を狙っても良かったかと思ってしまいます。(^^;
ツマキとクモツキは同じ場所ですか。
交雑は飼育ではできるようですが自然界ではどうなんでしょうか。
アカシジミはこちらでも週末からの発生のようです。

Re: タイトルなし

  1. 2016/05/18(水) 07:00:05 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>BANYAN さん
この日は気温が高く午前中は苦戦でした。
2時過ぎ頃からようやくスミレでよく吸蜜するようになってくれました。
帰りがけのタネツケバナは嬉しかったです。
この場所はツマキチョウもけっこう見られます。
ユキワリツマキは元々は自然採卵の飼育でしたっけ。
ハンドペアリングでも必ず越冬できる訳ではないようなので仮に交雑しても自然界で羽化する確率はかなり低いのでしょうね。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -