主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

         京浜東北線の鶴見駅前にサルビアホールという室内楽向けの小さなホールがある。客席数はわずか100席。
         これはかなり珍しいのではないだろうか。
         客席数を押さえて小ぢんまりとまとまったこのホール、かなり音響に気を配った設計になっていて室内楽を
         とても素晴らしい音で聴かせてくれる。
         このホールで現在「カルテットシリーズ」と題して世界中のカルテットを次々招いて演奏会を催す企画が進
         行中で、それがなかなか面白い。気に入った企画があると通しで割引チケットを買って、家族の中で当日行
         けそうな者が行くというような楽しみ方をしている。
         私はまだ2回しか行っていないが、前回ははずれで今回は当たりだった。はずれの方は誰それと書きたくな
         いので置いておくとして、当たりは下にプログラムの写真を載せた「PACIFICA QUARTET」だった。
 
         カルテットシリーズの Season 19 となるこのパシフィカ・カルテットの演目、なんとショスタコーヴィッ
         チの弦楽四重奏曲15曲をたった4夜で全て演奏してしまおうという意欲的な企画だった。
         1曲でも骨の折れそうなショスタコーヴィッチのカルテットであるがそれを1晩4曲ペースでこなすという
         のも超人的だ。そんな事をしたら演奏のクォリティーが落ちるのではと懸念したが、予想は良い意味でまる
         きり覆された。
         もちろん曲によっての出来不出来はあったと思うが、全体に魂のこもった素晴らしい名演だったと思う。
         私が聴いたのは第3夜で、10番、9番、12番の順に3曲が演奏されたが本当にどの曲も素晴らしかった。
         ちなみに私の母が最終夜に聴きに行ったがそれがまた本当に素晴らしかったようだ。
         平たく言うと身入りの少ない(100席分のチケットの売り上げを想像してみて頂きたい)このようなコン
         サート企画に一流のプレイヤーが参加してくれる事自体ありがたいと思うのだが、その上観客を魅了する演
         奏をしてくれるとは全くもって感動である。パシフィカ・カルテットの音楽家としての真摯にして情熱溢れ
         る姿勢に感銘を受けた。


   img3344123456.jpg   img3334123456.jpg

         このカルテットシリーズ企画、9月にSeason 20、11〜12月に Season 21、来年2〜3月に Season22
         と続いて行くので、興味のある方は是非ホームページ(CLICK)検索してみて下さい。
         






スポンサーサイト

  1. 音楽
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -