主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

         先週末土曜日はまた長野県へ蝶の撮影に行った。YさんSさん、そして現地で上越市の N さんと合流して数
         カ所のポイントを回った。
         一番の目的はヤリガタケシジミ(アサマシジミの高地型)だったが、時期的にちょっと遅かったようで傷ん
         だ個体が多かった。しかしながらメスも2頭見られたおかげでオスとの絡みも撮影することができ、貴重な
         収穫となった。
         オオゴマシジミも期待したがSさんが1頭目撃したのみで、今年も厳しい状況が続いている。雪が少なかっ
         たせいか環境も悪化しており、一面ヒキオコシの群落だった斜面も薮に覆われがちで心配だ。
         以下撮影は全て<OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/M.ZUIKO DIGITALED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>


 
         到着した7時過ぎからすでにヤリガタケシジミが飛び始めていた。岩肌に自生するイワオウギの花で吸蜜す
         るメスと飛来したオス。



 160723em5P7230067.jpg
         相変わらず微妙な距離感だが、300mm+テレコンのおかげで今年はだいぶ蝶を大きく写す事ができた。



 160723em5P7230052.jpg
         ヤリガタケブルーが渋く輝く。くっきりした翅脈部分もトレードマークだ。



 160723em5tP7230074.jpg
         交尾拒否するメスと交尾を迫るオス。さらにもう1頭のオス。ヤリガタケシジミでこのシーンが撮れた事は
         とても嬉しかった。



         160723em5ttP7230108.jpg
         メスは別の場所へ。



 160723em5tP7230148.jpg
         オスはたまたま同じ場所に集まった。ここで日が翳ったのでオスは2頭でずっと開翅。こんな事が・・・ !



 160723em5tP7230192.jpg
         う〜む、なんとも贅沢だ。
         ちょうどここで諏訪のHさんが上って来られ、一緒にこのシーンを撮影した。



 160723em5P7230194.jpg
         少し日が射して気温が上がると離散。



 160723em5P7230208.jpg
         別のメス。この個体は新鮮できれいだった。



 160723em5tP7230265.jpg
         けっこう近くにやって来てくれる事もあった。ヤリガタケシジミらしいこの個体は残念な事に前翅に欠損が
         あった。この辺りでkontyさん(CLICK)も上って来られ合流。



 160723em5tP7230354.jpg
         中には黒っぽい個体も混じる。



 160723em5P7230396.jpg
         最も近づいてくれたのがこの個体。トリミングなしでここまで寄れたが残念ながらちょっと黒っぽい個体だ
         った。



 160723em5P7230003.jpg
         その他には常連さんのジョウザンミドリシジミや



 160723em5P7230272.jpg
         ツマジロウラジャノメなどが見られた。



         160723em5P7230054.jpg
         コヒオドシを求めて移動したが姿は見るものの撮影はできず。スジボソヤマキチョウのメスを撮影した。



 160723em5_P7230067.jpg
         さらに移動してオオイチモンジ等のポイントへ。林道に吸水に下りて来たオオイチモンジのメスを見る事が
         できた。



 160723em5P7230076.jpg
         アサギマダラも次第に増えてきて、この所よく見かけるようになった。



 160723em5P7230097.jpg
         メスアカミドリシジミがテリトリー行動中だったが、どうしても良い角度で撮影する事ができなかった。



 160723em5P7230109.jpg
         さらに移動した先の別のポイントではオオイチモンジは見られなかったが、良いシーズンに来たら可能性が
         高そうだなと思った。イカリモンガがやたらと目に付いたので撮影。きれいだ。



 160723em5P7230133.jpg
        ここでもスジボソヤマキチョウ。今度はオスだ。ヒヨドリバナで吸蜜中。



 160723em5P7230145.jpg
         カラスシジミを撮影したくて昨年たくさん見かけた場所に行ってみたが、上空を飛ぶそれらしき姿を見ただ
         けだった。ここでは草原に多産するアカセセリを撮影した。



 160723em5P7230142.jpg
         そこら中で求愛するアカセセリの姿が見られた。



         ご同行下さった皆さん、あちこち転戦お疲れさまでした。おかげ様で身に余る成果が得られ感謝しておりま
         す。Hさん、Kontyさん、今年はよくお目にかかりますね。当日はお世話になりました。またよろしくお願
         い致します。






スポンサーサイト

  1. / trackback:0
  2. / comment:14
  3. [ edit ]

ヤリガタケシジミ

  1. 2016/07/26(火) 13:11:44 |
  2. URL |
  3. kazenohane
  4. [ edit ]
こんにちは。
ヤリガタケシジミはアサマシジミの高地型なんですね。
難易度の高そうな蝶ですが、見事に捉えられていますね。
微妙な表翅のブルーが、とても魅力的です。
300㎜、活躍していますね(^^♪
オオゴマシジミは、今年も厳しいようですね。
昨年、さんざん探しても見つけられませんでした。

Re: ヤリガタケシジミ

  1. 2016/07/26(火) 14:27:19 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> kazenohane さん
こんにちは。
はい。明確にヤリガタケシジミを定義する事はできませんが、中部山岳地帯に産するアサマシジミで主にイワオウギを食草とし、
極端に小型で独特のブルーが翅の外縁部まで広がり、翅脈がくっきりした特徴のある一群・・・、と言った所でしょうか。
後はゲノム解析にお任せです(笑)。
買った時は「しまった ! 」と思った300mmですが近頃は愛用しています。マクロには及びませんがけっこうきれいに撮れます。
オオゴマシジミは心配です。採集圧もかなりのものだし環境も悪化しているし。
昨年は私も1頭目撃したのみでした。推測ですが雪が多い方が薮がはびこらず良いのだと思います。

  1. 2016/07/26(火) 15:17:33 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
着々とアサマシジミの地理変異を撮影されていますね。
確かに狭い地域で、食草や地形の関係でこれだけ変異が出ると、ファンにはたまらない魅力でしょうね。
それ以外の蝶もいろいろ撮影され、充実した撮影行だったようで至福の一日でしたね。

Re: タイトルなし

  1. 2016/07/26(火) 15:40:34 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> ダンダラさん
はい。けっこうアサマにはまってます(笑)。
地域変異や個体変異も面白いのですが、ピンポイントに少しだけいるという棲息の仕方にマニア心をくすぐられますね。
ミョウコウ、ハクサン、ヤリガタケ、アサマ・・・、本州ではあとシロウマとトガクシが残っていますが、
年寄りには特にトガクシは厳しそうです。
当日はオオゴマシジミやコヒオドシも狙ったのですがそちらは撮影できませんでした。
でもかわりにオオイチモンジが撮影できたのでおっしゃる通り至福の1日でした。
スジボソヤマキもこの所あまり撮っていなかったので嬉しかったです。

魅力的(*^-^*)

  1. 2016/07/26(火) 18:16:39 |
  2. URL |
  3. kayo☆
  4. [ edit ]
こんばんは☆
ヤリガタケシジミの魅力的なブルーに引き込まれます(*^-^*)
はっきりくっきりした翅脈もヤリガタケシジミの特徴なんですね!
ヤリガタケシジミに会うためには~崖!ガレ場!の言葉が浮かびます(;^_^A
私は会いに行けそうにありません。
naoggioさんの見応えある写真で満足させていただきました<m(__)m>
オオゴマシジミは昨年と同じく不作の年になるのでしょうか~(-_-;)
思い通りの収穫ありの遠征お疲れ様でした(*^^)v

Re: 魅力的(*^-^*)

  1. 2016/07/26(火) 20:19:02 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>kayo☆さん
今晩は。
この蝶のブルー、本当に魅力的です。いかにも高地に相応しい涼やかなブルーですね。
ヤリガタケシジミの産地は岩肌が露出した場所が多いですが必ずしもそうとは限りません。
ただそういった産地は環境変化に見舞われる事が多くまた採集も容易なため、絶滅、あるいはそれに近い状態の所が多いです。
それでも辛うじて難を逃れている場所もあるようなので棲息が確認できればご一緒できると思います。
オオゴマシジミは今年も少なそうですね。去年よりはいくらかいいかもしれません。
アサマシジミは長野県では採集禁止となりましたがオオゴマシジミは対象外なのでとても心配です。

  1. 2016/07/26(火) 21:17:16 |
  2. URL |
  3. ka-ko
  4. [ edit ]
アサマシジミ。今度は、ヤリガタケ撮影お疲れ様でした。
Sさんから翌日連絡を頂きまたニアミスしていた事が。。
先日、関西の方が撮影した上高地のヤリガタケを見ました
鮮やかな色合いに驚きました。
違う色合いも扇型に入った模様。今年は、あちこちのアサマシジミ見てますがこんなに地域、高度、食草と違うと変わるんですね。
我が家には、撮影に行き事出来ないアサマシジミ見せてもらいました。
あと二ヶ所のアサマシジミ撮影挑戦して下さい。
コヒオドシですが下見に行った18日に沢山飛んでました。
残念な事に網屋さんがオオゴマ採集出来ないとコヒオドシを
採集してました。ここで採集したら駄目ですと言ったのですが無視してました。
もしかしたら沢山採集されたのかも。
また何処かでご一緒して下さいね

Re: タイトルなし

  1. 2016/07/27(水) 07:07:56 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>ka-ko さん
コメントありがとうございます。
アサマシジミは不思議で魅力的な蝶なのでついつい追いかけてしまいますね。
近頃はそう言う事も少なくなりましたが、意外な場所に1頭だけがポツンといたり、
え、こんな場所に?というような猫の額ほどの土地にしがみついて生きていたりするのを見つけて驚かされたりもしました。
分布に地理的変異も加味して考えると、彼らが現在に至った経緯がどのようなものだったのか、とても興味があります。
あと2カ所、なんとか見てみたいものですねえ。
コヒオドシ、たくさん飛んでいましたか。多分羽化時期に当たったんでしょうね。
採集でももちろん減りますが、一斉に羽化して何日化すると分散してゆく傾向があるようなのでそのせいもあるかもしれませんね。
オオゴマはなかなか厳しい状況です。環境の変化を止めるのは難しいですが、採集をやめるのはそれほど難しい事ではないように思うのですが・・・。
是非また何処かでお目にかかりましょう。

  1. 2016/07/27(水) 11:13:17 |
  2. URL |
  3. monopod
  4. [ edit ]
こんにちは。ナイスな蝶写真ですね!
僕は近所でアサギマダラを見て以来という、超初心者なので勉強になります。
また寄せていただきます。よろしくです。

Re: タイトルなし

  1. 2016/07/27(水) 12:34:42 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>monopod さん
コメントありがとうございます。
蝶の写真は主にM4/3で撮っています。スナップは色々ですが、Cマウントの古いレンズでM4/3 が活躍してくれてます。
以前はキャノン中心だったのですが軽さを求めてM4/3に移行。
ですが蝶撮影用に300mmを買ったら以前に逆戻りしてしまった感があって、あれれ?と思っています。
アサギマダラはきれいな蝶ですね。今では高原では普通に見られますが私が子供の頃はもっと珍しい蝶でした。
是非また遊びにいらして下さい。今後ともよろしくお願い致します。

  1. 2016/07/27(水) 15:45:00 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
1~3枚目の環境入り写真が、ヤリガタケシジミの生息域を如実に現しているようで、とても素敵です。
この渋いブルーが堪りませんね(*^_^*)。“求愛”や“♂×2”のシーンは、貴重ではないでしょうか。
他蝶も、中々出会えないものばかりで素晴らしいです。
最近お目にかかっていないアカセセリの求愛シーンも羨ましいー(*^_^*)!!

Re: タイトルなし

  1. 2016/07/27(水) 16:20:30 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> midori さん
おっしゃる通りですね。
イワオウギはその名の通り岩肌に自生する事が多いのでこの蝶の生息場所もそんな所が多いようです。
そのような場所で被写体に近づく事ができれば広角系で素晴らしい写真が撮れるでしょうが、残念ながらそんな所はなさそうです。
来年は崖下で待っていて下りて来てくれたら崖と一緒に撮る、なんて事してみたいと思っています。
求愛や♂×2のシーンは本当にラッキーでした。撮っていても興奮ものでした。
アカセセリはここでは本当にたくさん見る事ができます。来年あたりご一緒できるといいですね。

  1. 2016/07/27(水) 21:39:12 |
  2. URL |
  3. konty33
  4. [ edit ]
先日はありがとうございました。
私には遠すぎてすぐに諦めてしまいましたが、この写真を拝見すると
素晴らしく粘り勝ちだと思いました。2頭3頭と豪華で羨ましいです。
300+テレコン効果も発揮してかシャープさが違いますね。
また、近いうちに何処かでお会いできる様な気がしますが
よろしくお願いします。

Re: タイトルなし

  1. 2016/07/28(木) 13:03:31 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> konty さん
こちらこそありがとうございました。
あの距離はけっこう厳しいものがありますね。以前にも何度か悔しい思いをしたので300mmを買いました。
テレコン咬まして換算840mmになりますが、それでも1〜2枚目くらいの大きさになります。
今年はもう少し早く行けば良かったなと思いますが、面白いシーンが撮れた事ですし良しとしたいと思っています。
コヒオドシ撮りたかったのですが残念ながら嫌われてしまいました。
またお目にかかれるといいですね。楽しみにしております。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -