主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

                   9月25日に撮影した、広角以外の画像を何枚か追加しておく。

 
        <Canon EOS6D / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
        まだ真横から撮れていないが、アポ・マクロ・エルマリートを上手くコントロールできた方だと思う。
        逆光ながら光量が豊富だったので比較的自然な発色になった。持ち味である緻密な描写は申し分ない。 



 160925em5P9250464.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/M.ZUIKO DIGITALED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         テレコン付き300mmで撮った写真。さすがによく写っているが、ピント面の緻密さはAMEの方が上か。



 1609256dameIMG_2831.jpg
         <Canon EOS6D / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
         曇った時のAMEは特に青緑がかってくる。



 1609256dameIMG_2794.jpg
         <Canon EOS6D / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>



            1609246dameIMG_2482.jpg
            <Canon EOS6D / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>



 1609246dameIMG_2501.jpg
         <Canon EOS6D / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>



 1609256dameIMG_2940.jpg
         <Canon EOS6D / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>



 1609256dameIMG_2956.jpg
         <Canon EOS6D / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>



 1609256dameIMG_2956 _1
         <Canon EOS6D / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
         上の写真のピクセル等倍切り出し。






スポンサーサイト

  1. / trackback:0
  2. / comment:8
  3. [ edit ]

  1. 2016/10/07(金) 15:38:57 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
AMEの描写はさすがという感じですね。
トンボの複眼のピクセル等倍の写真もすごいですが、これがマニュアルフォーカスというのにも感心します。
視力が衰えたからなのか、最近のファインダーがそうなのか、AFに頼り切っているからなのか、たまにマニュアルにしてもピントが合っているのかどうかよくわからない始末です。

  1. 2016/10/07(金) 18:31:18 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
背景ボケ・解像度が凄い、素晴らしい印象です。
普通種でも、被写体に引き込まれてしまいます。
2枚目のヒメアカ、6枚目のウラナミ、に一票です。
...きれいですね。



アポ・マクロ・エルマリート

  1. 2016/10/07(金) 21:16:51 |
  2. URL |
  3. kazenohane
  4. [ edit ]
こんばんは。
身近な蝶もここまでシャープに撮ると、
また違う魅力がありますね。
ウラナミシジミ、複雑にうねる波模様の自然の造形の見事さに見惚れました。
こんなに素敵な模様の蝶なのに、たくさんいるとどうしても、また撮ればいいかと思ってしまいます。
しかし、このレンズは凄いですね。

Re: タイトルなし

  1. 2016/10/08(土) 08:45:36 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> ダンダラさん
ありがとうございます。
昔のレンズにお金をかける愚の骨頂を繰り返している身としては、そうおっしゃって頂けると救われます(笑)。
最新レンズの素晴らしさはよく理解しているつもりなのですがついついオールドレンズに手を出してしまいます。
まあ、病気と思って見守ってやって下さい。
AMEそれほど古いレンズではありませんが、それでも1980年頃の設計ですから40年近く前ですね。
EDを2枚使っているだけあって年代を考慮すればとてもシャープだと思います。ライカの気合いが感じられる名玉ですね。
発売当時は人気があって品薄が続いたそうです。
ほんとにマニュアルフォーカスは厳しいですね。
ミラーレスの拡大表示は便利ですが、マクロ撮影では使いづらいですし、結局息を切らしながら頑張っています。

Re: タイトルなし

  1. 2016/10/08(土) 08:54:59 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> midoriさん
ありがとうございます。
ダンダラさんへのレスでも書きましたが、そうおっしゃって頂けるとありがたいです。
買った甲斐があった〜💓 という。
被写界深度の浅さとピント面のカミソリのような鋭さが魅力のレンズですが、ボケもかなりきれいだと思います。
解像度の高いレンズはボケが汚くなりがちとも言われますが、このレンズは高次元でそれを昇華していますね。
開放付近で撮ると、柔らかいボケの海からきりっとしたピント面が自然に浮かび上がってきてしびれます。
2枚目は300mmでの撮影すがこちらも相変わらず凄いレンズです。
離れた所から涼しい顔でこんな絵が撮れてしまうというのは驚き。虫林さん曰く「反則だよこれ」みたいな感じです。

Re: アポ・マクロ・エルマリート

  1. 2016/10/08(土) 09:12:54 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> kazenohane さん
お早うございます。
レンズって、買って使ってみて、がっかりする事もあれば上げ上げになる事もありますよね。
AMEに関して言いますと、ようやく慣れて良さがわかってきた所です。
ハンドリングの難しいレンズで時間がかかりました。ヘリコイドが手首が悪くなりそうなくらいたくさん回りますし、
色味が独特で青緑がかって撮れます。
ピント面は薄くカミソリのようにシャープですが、とにかくマクロ域でピントを合わせるのは呼吸困難に陥りそう。
そんな訳でえらい物を買ってしまったなと思っていましたが、ようやくそれなりの写真が撮れるようになり楽しくなってきました。
大切に使って次の世代に引き継いでもらえればいいなと思っています。
ウラナミシジミは素敵な蝶ですが案外地味で写真になりにくいですね。
kazenohaneさんでしたら素敵な写真をお撮りになるでしょうから是非よろしくお願いします。

  1. 2016/10/09(日) 07:24:05 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
逆光のモンキチョウ綺麗ですね。
もう少し蝶が少なくならないとカメラを向けないのですが、それでは駄目ですね。(^^;
ウラナミシジミは雌が綺麗ですよね。
半開翅の青がいいですね。背景も綺麗です。

Re: タイトルなし

  1. 2016/10/09(日) 10:23:06 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>BANYANさん
ありがとうございます。
透かしモンキチョウは蝶撮影の定番かもしれませんが気に入った写真はなかなか撮れるものではありませんね。
今回のモンキチョウは私としてはけっこう上手く撮れた方だと思っていますが、欲を言えばきりがありません。
BANYANさんのお住まいの辺りは我が家の周辺より色々な蝶が見られるのでモンキチョウに食指が動かないのはうなずけます。
港の方でも蝶の種類はごく限られていますので必然的にたいがいの蝶にカメラを向けます。
ウラナミシジミなんかは季節物なので尚の事嬉しいですね。


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -