主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

         11月3日もクロマダラソテツシジミの発生地に足を運んでみた。発生木の所にクロマダラソテツシジミの撮
         影に来られた方が2人いらしたので、先に吸蜜個体を探そうと思って海辺の方に行ってみた。


 
         <OLYMPUS PEN E-P5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO /テレコン1.4×>
         海辺で最初に遭遇したのは深々と切れ込んだ見事なビークマークの持ち主。よく無事だったものだと感心する。 



 161103ep5PB030092.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO /テレコン1.4×>
         次に目についたのはカタバミで吸蜜する低温期型のきれいなメス。



 161103em5_tPB030040.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO /テレコン1.4×>
         同上



 161103em5PB030116.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO /テレコン1.4×>
         10月26日に撮影(CLICK)した場所に行ってみるとジョロウグモに搦め捕られたクロマダラソテツシジミ
         が見つかった。



 161103em5PB030248.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO /テレコン1.4×>
         発生木に戻ろうと思って歩いていると、最初に発生木のところで撮影されていた方がやってきて2頭ほど羽化
         していると教えて下さったので急いで行ってみた。
         1頭はこの個体で完全な低温期型。後翅に並んだ矢羽根状の白班がとてもきれいだ。



 161103em5_tPB030397.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         30分ほどすると飛び立ってソテツの葉の上に止まった。



 161103α72ameDSC07525
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
         ソテツの葉の隙間からマクロで撮る。



            161103α72ameDSC07536
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
            もう1頭はほぼノーマル。メスだと思って見ていたが、飛び立つ所を見ていたらオスのようだった。



 161103α72ameDSC07561
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
         同上



 161103em5PB030180.jpg
         <OLYMPUS PEN E-P5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO /テレコン1.4×>
         新鮮なオスが飛来した。



 161103em5PB030258.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO /テレコン1.4×>
         羽化直後の個体と同じソテツの葉の上に止まった。



 161103em5PB030246.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO /テレコン1.4×>
         同上



 161103α72ameDSC07461
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
         同上



 161103em5PB030272.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO /テレコン1.4×>
         ムラサキツバメのメスもいた。発生木の近くにはマテバシイの樹があって、ひこばえにたくさんの食痕があっ
         たのでそこで発生したのだろう。



 161103em5PB030355.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ソテツにも止まった。








スポンサーサイト

  1. / trackback:0
  2. / comment:12
  3. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

  1. 2016/11/06(日) 21:54:25 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

お世話になりました

  1. 2016/11/07(月) 07:17:54 |
  2. URL |
  3. たま
  4. [ edit ]
当日はお世話になりました
もしかしてと思っていたのですが確信もなかったので。
どこかでまたお会いすることありましたら改めて御挨拶させていただきます。

低温型はもう少し撮影したかったですね。
幼虫もまだたくさんいましたからもう少し楽しめそうなのであと何回か行ってみようと思います。

  1. 2016/11/07(月) 15:05:46 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
こうして並べて見ると低温期型と通常個体では全く別種に見えますね。
特に白くて綺麗な個体なのでなおさらでしょうか。
吸蜜は僕が行ったときが不思議と多かったのですが、風が強くて海沿いに集まっていたのでしょうね。
カタバミでも吸蜜するのですね。何か不思議な組み合わせです。

  1. 2016/11/07(月) 17:49:28 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
いやいや、やはりクマソは美蝶ですね。
新鮮なノーマルタイプと低温期型が共存しているとは...興味深いです。
2枚目の低温期型のきれいなこと。
カタバミ吸蜜とは、何か不思議な画ですね!?
5枚目の羽化直シーンを拝見すると、あの時を思い出しますよ(*^_^*)。
そちらでは、まだそれほど冷え込まないでしょうから、もう少し楽しめそうですね。

クロマダラソテツシジミ

  1. 2016/11/07(月) 20:42:38 |
  2. URL |
  3. kazenohane
  4. [ edit ]
こんばんは。
クロマダラソテツシジミ、その後の推移が気になっていましたが、
まだ健在のようですね。
7枚目の逆光のシーン、これが私のお気に入りNO.1です(^^♪
白い矢羽根模様が素敵な低温期型、翅が痛んでいませんね。
今日は立冬、これから寒くなりますが元気で生き延びてほしいですね。

Re: タイトルなし

  1. 2016/11/08(火) 10:26:55 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>鍵コメさん
遅レスですみません。
こちらこそ本当にありがとうございました。
また、写真をお褒め頂き恐縮です。
LINE の方は現在休止中です。申し訳ありません。

Re: お世話になりました

  1. 2016/11/08(火) 10:41:22 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>たま さん
こちらこそ本当にありがとうございました。
おかげ様で新鮮な個体を撮影する事ができ感謝しております。
クマソは私もまた足を運ぶつもりなのでひょっとしたらお目にかかれるかもしれませんね。
一昨日の午後様子見てきましたが成虫は1頭しか見られませんでした。
まだ羽化はしてくると思いますので低温期型の撮影チャンスはあると思います。
クマソ、害虫ではありますが我々にとっては誠に嬉しい存在ですね。

Re: タイトルなし

  1. 2016/11/08(火) 10:55:39 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> BANYAN さん
本当ですねえ。何も知らずに見たら、きっと同じ種類とは思わないでしょうね。
この時期になると突然ここまで白くなってしまうなんて、不思議ですねえ。
ちょっとした発現メカニズムの調整でこうなるのでしょうが、寒いと白くなるというのがそれらしくていいですね。
一昨日見に行ってみたら海岸沿いのシャリンバイは剪定されて花が少なくなってしまいました。
カタバミでの吸蜜は湘南の時にも観察した記憶はありますがその時はすぐに飛んで行ってしまいました。
確かに妙な感じがしますが、他にあまり吸蜜源がないのかもしれません。
その辺を観察しにまた午前中に行ってみたいです。

Re: タイトルなし

  1. 2016/11/08(火) 11:07:45 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>midori さん
私もそう思います。南方に行くとうじゃうじゃいるみたいなのでそれほど顧みられませんが、
こちらに飛来した時、特に低温期型はヤバイ ! ですよね。
同じ条件でも両タイプが出現するのかどうかわかりませんが、今回の場合は同じ木なので大きな条件の違いはなかったろうなと思います。
カタバミでの吸蜜は確かになんだか変ですよね。似合わないというか・・・
ヤマトシジミで見慣れ過ぎているのかもしれません。
ほんと、あの時を思い出しますねえ。綿毛からにゅっと出て来るあの姿、怖かったですねえ(笑)。
そうですね、まだもう少しは楽しめるかもしれません。お休みとれそうでしたら是非ご連絡下さい。

Re: クロマダラソテツシジミ

  1. 2016/11/08(火) 11:18:38 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> kazenohane さん
こんにちは。
はい。今のところまだ見られます。
でも発生木が2本くらいしかないので数はそう多くはありません。
一昨日は午後でしたが成虫は辛うじて1頭、幼虫も5匹だけでした。
7枚目は私も1番のお気に入りです。ソテツの葉っぱでチクチク痛い思いをしながら撮った甲斐がありました。
気に入って頂けて嬉しい限りです。
この個体もおそらくこの日羽化したものと思われます。とても新鮮で美しい個体でした。矢羽根白斑がたまりません。
寒さが厳しくなってくると羽化不全が多くなってきます。この日も1頭の羽化不全を見ましたが掲載はしませんでした。
それでも気になってしまうのでまた様子を見に行ってみるつもりです。

  1. 2016/11/08(火) 12:17:36 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
先日はお世話になりました。
この日はきれいな個体がいたんですね。
こうやって何頭も羽化しているのに、数日するとあまり見られなくなるのは、ソテツを求めて移動するからなんでしょうか。
その割には他の場所の話もあまり聞かないのが不思議な感じがします。

Re: タイトルなし

  1. 2016/11/08(火) 13:25:56 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>ダンダラ さん
こちらこそ先日は大変お世話になりました。
考えてみると3日しか経っていないんですよね。あの時の羽化直個体はどこへ行ってしまったんだろうと私も不思議に思っていました。
日曜日は午後だったし風が強かったので何処かに潜り込んでいたか、採集されたか、事故にあったか、そんなところだとは思いますが本当に意外でした。
午前中の様子を見てみたいのでまた出掛けてみて様子をお知らせします。


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -