主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

         6日の日曜日、10月26日(CLICK)と同じコースを回ってみた。今回は町田の S さんが直前で都合が悪
         くなってしまい、Akakokkoさん(CLICK)Sippo☆さん(CLICK)が同行して下さる事に。また現地で千
         葉のNさん、ダンダラさん(CLICK)御夫妻と待ち合わせた。
         Akakokko さんと Sippo☆さんのお二人に我が家の近所の駅までご足労頂きピックアップして出発。お二人
         ともわざわざ電車でお越し頂きすみませんでした。


 
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ポイントには9時過ぎに到着。すでにNさんがお見えになっていて1頭のルーミスシジミを用意していて下
         さった(ありがとうございます)。



 161106em5PB060028.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         我々が到着する直前まで開翅していたらしいが日が翳ってしまってお休みモードに。こんな感じでLEDを当 
         ててみたが効果なし。ただし木漏れ日のような効果が出た。



 161106em5PB060033.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         そのうちに弱々しく飛び上がってダンダラさんのトレードマークである迷彩服の上に止まった。
         撮影できないダンダラさんを尻目にみんなでパシパシ撮影。
         ダンダラさんがたまりかねてこれでも撮って、と言ってカメラを手渡してきたが使い方がわからず間に合わ
         なかった。ダンダラさん、すみませんでした。



 161106em5PB060049.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         前回撮影した場所には2〜3度下りてきてくれた。これが1番近くに下りてくれた個体。



 161106em5PB060058.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         今年初めて見た後翅のブルー。上と同一個体だ。手前の枝が残念だが、これでも脚立の上での撮影。
         枝をクリアーするためには身長があと30cmくらい必要だった。今度人間として生まれ変わってくる事があ
         ったらそれくらいの身長になろうと思う。



 161106em5PB060065.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         右前翅の欠けた別個体。この日は前回より下りてくる回数は多かったが、気温が高いのですぐ飛んで行って
         しまう事が多かった。



 161106em5PB060076.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         午前中でルーミスを切り上げ、Nさんと別れてクロマダラソテツシジミの発生している公園に向かった。
         昼過ぎに現地に到着し、5人でいそうな場所を探したが見つからない。1時間程して諦めかけた頃、一人で
         探索を続けていたSippo☆さんから連絡が入り発見したとの事。急いで駆けつけて撮影させて頂いた。
         ところでこの個体、地面近くの草に止まっていたのが飛び上がってアスファルト上に下りたもの。飛んだ瞬
         間メスだと思ったが定かではなかった。ところがダンダラさんの奥様が飛んだ瞬間を撮影されていて美しい
         メスの翅表が見事に捉えられていた。ダンダラさんのブログ小畔川日記(CLICK)で御覧下さい。


         御同行下さった皆さん、そして現地でルーミスシジミを用意して待っていて下さったNさん、当日は本当に
         お世話になりました。またよろしくお願い致します。





スポンサーサイト

  1. / trackback:0
  2. / comment:10
  3. [ edit ]

  1. 2016/11/10(木) 21:57:02 |
  2. URL |
  3. Sippo☆
  4. [ edit ]
おかげ様で素敵な一日を過ごさせていただきました!
私にとってはどちらも初見の蝶でしたので、
本当に嬉しかったです(*´∇`*)
ルーミスのブルーの輝き
明るい空を映したような・・・
美しいですね!

クマソの幼虫や、アリも共に見ることができて
貴重な体験となりました。
ありがとうございます!
拍手☆

Re: タイトルなし

  1. 2016/11/11(金) 10:28:47 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> Sippo☆さん
おはようございます。
そう言って頂けるとお誘いした甲斐があります。
両種未見とのコメ頂いていたのでなんとか出合えればと思っていましたが、
クマソでは逆にお世話になってしまいましたね。ありがとうございました。
おっしゃる通りルーミスの表の涼しげなブルーは本当にきれいです。
裏の複雑な模様も大きな魅力ですね。
クマソの表が撮れなかったのは残念でしたがまだもう少し見られると思います。
ただしこれから発生してくる成虫は羽化不全の比率が高くなってくるので可哀想な姿を見る事もあるかもしれません。

  1. 2016/11/11(金) 15:03:42 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
当日は大変お世話になりました。
自宅からはちょっと遠いので、いつ出かけようかと悩んでいたところにお声がけいただいて、重い腰が上がりました。
当日はちょっと気温が高くてルーミスはあまり下には降りてきてくれませんでしたが、何とか形だけは写真が撮れてよかったです。
写真を拝見すると、300×テレコンの威力がまざまざですね。
それに、クロマダラソテツシジミもご案内いただきありがとうございました。
気持ち的にはこちらがメインでしたので、これも撮影できてよかったです。

Re: タイトルなし

  1. 2016/11/11(金) 15:40:48 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>ダンダラさん
こちらこそ大変お世話になりました。
1日ゆっくり御一緒できて本当に楽しかったです。
あの日は確かにすぐに上がっていってしまう感じで苦戦でしたね。
それでも私が最初に行った日よりはだいぶ良かったです。
あそこでひらひらと舞い降りてくるルーミスシジミを見ていると、正しく照葉樹林の妖精といった風情ですね。
300mmには今年だいぶ助けられました。マクロ程の切れはないかもしれませんが、
ちょっと後ろから楽をして撮りたい私にはうってつけの道具かもしれません(笑)。
クマソは焦りましたね。まさかのゼロ敗かと思いましたがSippo☆さんに救われました。
街では早くもクリスマスムードですが、もう少しフィールド楽しみたいですね。

ルーミスシジミ

  1. 2016/11/11(金) 17:03:21 |
  2. URL |
  3. kazenohane
  4. [ edit ]
こんばんは。
高い位置の木の葉に止まる開翅したルーミスシジミを撮影するのは難しいですね。
でも、美しい独特の青色がよく表現されていますね。
300㎜レンズがここまで蝶の撮影に活躍できれば、導入した甲斐がありましたね。
私も欲しいと思っていますが、もう少し先かなと思います。

Re: ルーミスシジミ

  1. 2016/11/11(金) 20:36:18 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> kazenohane さん
こんばんは。
このポイントのルーミスシジミは地面に下りる時もありますがギリギリ厳しい高さという事もよくあります。
なので私はだいたいいつも1mくらいの脚立を準備して行きます。
越冬集団がいた時などは8尺の脚立の上下にカートを結わえ付けて転がして持って行った事もありました。
脚立があっても今回のようにもう一段欲しいような事も多々ありますが、ないよりは遥かにいいですね。
今シーズンから導入した300mmですがやはりすごいツールだと思います。
特に私のように人の前に出るのが苦手な人間にはぴったりです。鳥撮りにはさらに便利でしょうね。

  1. 2016/11/11(金) 20:40:20 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
ルーミスの後翅の青もしっかり撮影できて素晴らしいですね。
だいぶ復活してきたようなので、越冬集団の復活も期待したいところですね。
クマソは1個体だけでしたか。
それでも案内の役目を果たせて一安心でしょうか。
今年は他の場所へは拡散しないのでしょうかね。

  1. 2016/11/12(土) 16:07:42 |
  2. URL |
  3. clossiana
  4. [ edit ]
LEDライトを照射しても翅を開かなかったとのことですが、この理由は。。

(A)ライトの色が電球色、昼白色、など人工的な色で自然光でなかったから。
(B)この日はもともと暖かかったので日光溶する必要がなかったから。
(C)ライトが明るいだけで暖かくなかったから。
(D)回りを飛び回って身体がほてっていたので日光溶する必要がなかったから。
(E)午前のショータイムが終わった後だったので。
(F)周りに怪しい人たちがたむろしていたから。
(G)ライトがハーフェレでなかったから。

この中に本当の理由があるのかな?因みに私は商売柄、G説が有力ではないかと
考えていますがF説も捨てがたいですね。

Re: タイトルなし

  1. 2016/11/12(土) 17:43:45 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>BANYAN さん
ありがとうございます。
おかげ様で後翅のブルーもなんとか撮影する事ができました。
個体数は以前と同じくらいの印象です。越冬集団というほどのものではありませんが、
今日行ってみたら1枚の葉の上に2頭が乗っているのが観察できました。
クマソは1個体でしたね。
でもいてくれて本当に助かりました(汗;)。
根拠はありませんが、今年はこれ以上の拡散はないのではないかと思っています。

Re: タイトルなし

  1. 2016/11/12(土) 17:55:55 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>clossianaさん
コメントありがとうございます。そして魅力たっぷりの有力説の数々を御呈示下さり感謝に堪えません。
観察していた時はてっきり (C) 説だと思っていましたが・・・
そう言われてみるとFとGは共に信憑性が高そうです。迂闊でした。
今度はハーフェレのLEDライトを若い女性にでも当ててもらって遠くから見守ってみる事にします(笑)。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -