主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

         9日は京都に日帰り出張があった。目的地はJR嵯峨嵐山駅の近くだったので、空き時間に大覚寺を訪ねてみ
         た。
         嵯峨天皇の離宮が始まりとされる大覚寺は、中国の洞庭湖を模して作られたといわれる日本最古の林泉「大
         沢池」を擁する大古刹であるが今まで訪れた事がなかった。
         このお寺の境内は時代劇のロケ地として有名で、大小12の部屋がある書院造りの「正寝殿」や美しい渡り
         廊下はまさにロケにうってつけ。
         だがちょっと外れた場所にあるせいもあって有名な割には概して人は少なめ。まして平日の夕方であったか
         ら静かに参拝できたのは嬉しかった。

 161109α72anguDSC07601
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Super Angulon R 21mm f4>
         アプローチの石橋。
     


            161109α72summaDSC07603
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Summarit 5cm f1.5>
            玄関門と明智陣屋。



 161109α72summaDSC07605
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Summarit 5cm f1.5>
         明智陣屋と宸殿。



 161109α72summaDSC07606
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Summarit 5cm f1.5>
         Summarit らしい写真を撮りたかったので開放で手前の松の植え込みにピントを合わせてみた。



            161109α72summaDSC07608
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Summarit 5cm f1.5>



 161109α72summaDSC07614
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Summarit 5cm f1.5>



 161107α72summaDSC07610
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Summarit 5cm f1.5>



 161109α72summaDSC07620
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Summarit 5cm f1.5>
         広間の障壁画は見事なものが多い。



 161109α72anguDSC07631
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Super Angulon R 21mm f4>
         窓の閂には蝉の装飾が施されていた。



 161109α72anguDSC07633
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Super Angulon R 21mm f4>
         蝶の紋様は見逃さない。



 161109α72anguDSC07636
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Super Angulon R 21mm f4>



            161109α72anguDSC07650
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Super Angulon R 21mm f4>
            中庭。



 161109α72summa_1DSC07645
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Summarit 5cm f1.5>



 161109α72anguDSC07651
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Super Angulon R 21mm f4>



            161109α72anguDSC07655
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Super Angulon R 21mm f4>
            鶯張りの「村雨の廊下」縦の柱を雨に見立て、直角に折れ曲がっている回廊を稲光にたとえてこ
            の名が付けられているらしい。



 161109α72anguDSC07671
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Super Angulon R 21mm f4>
         朱塗りの霊明殿に続く渡り廊下は緩い斜面を登るため階段状になっている。



 161109α72anguDSC07673
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Super Angulon R 21mm f4>



 161109α72anguDSC07675
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Super Angulon R 21mm f4>
         霊明殿脇の池のある庭。



            161109α72anguDSC07682
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Super Angulon R 21mm f4>
            階段状の廊下の下り。



 161109α72anguDSC07637
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Super Angulon R 21mm f4>
         境内にはたくさんの糸菊が並べてあった。



 161109α72anguDSC07685
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Super Angulon R 21mm f4>



 161109α72anguDSC07689
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Super Angulon R 21mm f4>



            161109α72summaDSC07709
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Summarit 5cm f1.5>



            161109α72summaDSC07716
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Summarit 5cm f1.5>



 161109α72summaDSC07724
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Summarit 5cm f1.5>



 161109α72ANGUDSC07700
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Super Angulon R 21mm f4>
         夕方の大沢池。



 161109α72summaDSC07739
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Summarit 5cm f1.5>



 161109α72summaDSC07740
         <Sonyα7Ⅱ / Leitz Summarit 5cm f1.5>






スポンサーサイト

  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:6
  4. [ edit ]

  1. 2016/11/18(金) 22:21:12 |
  2. URL |
  3. Sippo☆
  4. [ edit ]
セミもあるんですか!!
なんか嬉しくなっちゃいました♪
平林寺のチョウチョと言い
古来からの日本人と虫との語らい・・・
浪漫(*´∇`*)
拍手☆

  1. 2016/11/19(土) 07:54:06 |
  2. URL |
  3. Favonius
  4. [ edit ]
紅葉嵯峨・嵐山の一つとしての大覚寺、中学の修学旅行が最初でとても懐かしく
拝見しました。靴を脱いで順路通りに進められる寝殿周りを終え庭に出ると、
嵯峨天皇と空海が茶を交わしたという望雲亭茶度から観える美しい大沢池…。
また尋ねてみたくなりました。

Re: タイトルなし

  1. 2016/11/19(土) 11:00:19 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> Sippo☆ さん
セミ、いましたよ。
面白くて何枚も写真撮ってしまいました。
セミは割合人間と近しい昆虫なのでしょうね。まあ、あれだけ騒々しく鳴けば無理もありませんが。
それと何年も土の中にいたのが出てきて成虫になるので生命力や幸運とも結びつけて考えられているのではないでしょうか。
実際南イタリアでは幸運のシンボルとして盛んに工芸品の図柄などに使われていますし、ブーツの爪先の辺りにチカーラ(セミ)という村まであるそうですよ。
平林寺の寺紋を見てみましたがふるったデザインですね。触角で六角形を描いて中に菊・・・恐れ入りました。

Re: タイトルなし

  1. 2016/11/19(土) 11:15:41 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>Favoniusさん
コメントありがとうございます。
そうでしたか、中学校の修学旅行というと46年くらい前ですか(笑)。
その後も訪ねられておいでなんですね。羨ましいです。
私は初めてだったのですが素晴らしいお寺ですね。
おっしゃる通り、堂をつなぐ渡り廊下の長い順路を巡って辿り着く大沢池、思わず唸ってしまう美しさでした。
あの鶯張りの長い渡り廊下を巡っている間、世俗と切り離されたような不思議な気分になりますね。
望雲亭で嵯峨天皇と空海が茶を交わしたんですか、知りませんでした。
ロマンのあるお寺、機会があれば是非また訪れてみたいと思います。

大覚寺

  1. 2016/11/19(土) 13:33:34 |
  2. URL |
  3. kazenohane
  4. [ edit ]
こんにちは。
大覚寺に行かれたんですね。
まだ、訪れたことがありませんが、見どころの多いお寺ですね。
狩野派画家の障壁画、どれも素晴らしいです。
時間があれば、じっくり眺めてみたい絵ばかりですね。
渡り廊下からの庭園の風景、紅葉の季節は、さぞかし美しいでしょうね。
このころには、観光客も多くなりそうですね(^^♪
大沢池は白いスイレンの花で有名ですね。

Re: 大覚寺

  1. 2016/11/19(土) 17:19:33 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>kazenohane さん
こんにちは。
はい。出張のついでに行って参りました。
もともと観光の予定はなかったのですが、2時間程時間が空いてしまったのでその間に行ける所、という事ではたと気がつきました。
ですがあれだけのお寺となると、2時間(往復の時間を差し引くと1時間半くらいでした)ではどうにもなりませんね。
おっしゃる通り障壁画だけでもたいそう見応えがあり、う〜ん、もう少しゆっくりして行きたいなあと思いました。
本当はあちらで1〜2泊してきたかったのですが翌日間違ってCTスキャンの予約を入れてしまっていたので日帰りになってしまいました。
渡り廊下も噂通り素晴らしいものでした。槍や刀が振り回しにくいようにわざと天井を低く作ってあるのだそうです。
大沢池は睡蓮で有名なんですね。花の咲く頃はいいでしょうね。
これからの紅葉季節は嵐山や渓谷のトロッコ列車とセットで回る方も増え、やはり混雑は必至でしょう。
紅葉の時期でなくても充分楽しめると思いますので機会があったらぜひ訪れてみて下さい。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -