主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

         1月5日、家内の体調もよくなったようなので初詣に出掛けた。例年は鎌倉の銭洗弁天に行くのだが、今年
         は近場でということになり、神奈川の「州崎大神(すさきおおかみ)」と羽田の「穴守稲荷(あなもりいな
         り)に参拝した。
         カメラは12~40mmをつけたOMD EM1ⅡとダルメイヤーのスピードアナスティグマートをつけたPEN E-P5。
         以下撮影は全て
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO> 


         
         自宅から州崎大神までは徒歩で20分ほど。天気がいいので歩いて行ってみた。         
         かつて港北区から六角橋を経て流れていた「滝の川」の最下流部。滝の川は現在大部分が暗渠になっている
         が、この写真の地点(第2京浜国道二ツ谷交差点のところ)から開渠となる。この先1km足らずで運河に
         突き当たり東京湾とつながっている。運河に突き当たる手前左岸側には神奈川台場跡がある。上のガードは
         JR。奥に見えるのが京浜急行のもの。
         



   170105em1P1050017.jpg   170105em1P1050019.jpg
         この界隈はかつて東海道の神奈川宿があった場所なのでお寺や神社がたくさんある。
         開国当時、日米修好通商条約では神奈川湊の開港が決まっていた。しかしかつては将軍の御殿もあった場所
         であり、東海道の大切な宿場として人間も多かった神奈川宿を外国人がうろうろして問題が起きては困ると
         いうので、幕府は神奈川の対岸にあった、砂洲上の僅か100戸ほどの寒村であった横浜村(現JR関内駅付
         近)を、ここも神奈川の一部であると主張して、飽くまで神奈川湊の開港を要求していた諸外国の要求を退
         けて横浜村に外国人をまとめてその手前に関を設ける事に成功する。
         それまでの過渡期、諸外国は神奈川の開港を睨んで、神奈川宿に領事館をおいたが、神奈川のお寺の多くが
         それらの領事館や外国人の宿舎として使われていたようだ。この浄瀧寺はイギリス領事館となっていたらし
         い。



   170105em1P1050021.jpg   170105em1P1050022.jpg
         住宅の敷地に食い込むようにして大井戸の史跡がある。




 170105em1P1050028.jpg
         州崎大神に到着。
         石橋山の合戦に敗れた源頼朝が安房に渡り、安房州崎の安房神社に再起を祈願して後天下統一を果たしたの
         で、開幕前年の1191年に安房神社の御心霊を分霊しこの地に祀ったのが起りだとか。
         この本殿は戦災で消失後、昭和31年6月に再建がなったもの。私の生まれと2ヶ月違いだ。創建当時から
         本殿の様式は1度も改められていないという。



   170105em1_tP1050036.jpg   170105em1P1050040.jpg
         普門寺はイギリス士官宿舎、甚行寺はフランス公使館になっていたらしい。




         170105em1P1050052.jpg
         京浜急行神奈川駅から電車に乗って穴守稲荷にやってきた。本殿の写真はアナスティグマートでしか撮影し
         ていなかったので次回に。これは奥の宮へと続く鳥居。



         170105em1P1050055.jpg
         感じの良い奥の宮。左手のお狐様の前にご利益があるという砂があって、猫などに悪さされないように金網
         の蓋がつけてあった。
         穴守稲荷の縁起は割合新しく1800年代初頭。新田開墾の際堤防に穴が開いて海水が入ってきてしまった
         ので堤防の上に祠を祀って祈願したら水漏れがなくなったというもの。つまり「穴を守る稲荷」だ。知らな
         かったのでなるほどと納得。



 170105em1P1050094.jpg
         奥の宮で、村人に親切だったお稲荷様に灯明をあげた。
         


         170105em1P1050065.jpg
         奥宮の石灯籠。



         170105em1P1050080.jpg
         奥宮の中には無数の狐様が奉納されている。



 170105em1P1050084.jpg
         狐のお面もあった。



 170105em1P1050100.jpg
         立派な神楽殿。年数回は舞の奉納がある。



 170105em1P1050103.jpg
         民家のすだれの前に咲く白梅。
        





スポンサーサイト

  1. 日記
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

初詣

  1. 2017/01/16(月) 19:58:25 |
  2. URL |
  3. kazenohane
  4. [ edit ]
こんばんは。
いつもnaoggioさんのブログに登場する寺社の歴史などの考証も大変かと思いますが、
きっちり書かれていますね。
いつも写真とともに記事文も拝読させていただいています。
穴守稲荷の縁起、なるほどですね。
奥宮の狐様がならんでいるエリアは、何かおどろおどしい感じがして好きです(^^♪

Re: 初詣

  1. 2017/01/17(火) 10:18:13 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> kazenohane さん
おはようございます。
私の場合もともと諸事に知識がない上に覚えた事をすぐ忘れてしまうので
ブログ記事を書きながら勉強するのが好きなようです。
そうすると身近なところにも新たな発見や納得があって楽しいですね。
そんな記事をちゃんと読んで頂けるとは光栄です。
穴守稲荷の奥の宮と築山はおっしゃるようにちょっと怪しげな雰囲気があります。
次回も登場の予定なのでよろしければ御覧下さい。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -