主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

         1月20日の記事(CLICK)でE-M1Ⅱの深度合成について書いたがその続報。室内でワインのボトルなどを
         撮ってみた。

 500:0P1210001
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         F5.6 1/4 -0.3 ISO500 ノーマル撮影
         ズームレンズの焦点距離はデータでは18mmとなっていた。ノーマルに撮るとF5.6まで絞ってもこの程度
         の被写界深度しか得られない。ワインはハーフサイズボトルで、奥の壁までは10m弱の距離がある。


 500:2P1210009
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         F5.6 1/4 -0.3 ISO500 深度合成 フォーカスステップ2
         フォーカスステップ2で深度合成するとこんな感じ。メガネのフレームにもピントが合ってくるがツルの途
         中からボケ始める。
         合成画像は周辺部がカットされる。1枚目と比べるとかなり画角が狭くなっているのがわかる。


 500:5P1210018
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         F5.6 1/5 -0.3 ISO500 深度合成 フォーカスステップ5
         フォーカスステップ5で撮ると10mほど先にある鏡とその中に写る私の背後のレースカーテンまでピント
         が合っている。因に5以上のステップに変えて撮ってみてもあまり変化は見られなかった。


 1600:0P1210372
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         F2.8 1/640 ISO1600 ノーマル撮影
         フレデリック・ノッダー(Frederick Polydore Nodder)の編纂した『自然科学者の雑録』の中の一葉。
         エッチンングに手彩色で描かれたナガサキアゲハだが、オリジナルだけに迫力がある。
         エッチング技師であり画家でもあったノッダーはジョセフ・バンクスの花譜集の編纂に携わったと言われる
         18名の画家の1人に数えられ、2015年2月24日の記事(CLICK)で書いたシドニー・パーキンソン
         の原画をエッチングに起こす作業を手伝っている。


 1600:7P1210371
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         F2.8 1/640 ISO1600 深度合成 フォーカスステップ5
         開放のF2.8でもナガサキアゲハの全体にピントが合っている。ただしアウトフォーカスとなる紙の端は例
         によって単なるボケではなくダブったように写っている。なおこの絵の大きさだが、エッチングの版の大き
         さで155×106mmである。


 170122em1P1220367.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro>
         F3.2 1/200 ISO400 深度合成 フォーカスステップ5
         22日にアリスイ探しで再度空振りした時に撮ったヤツデ。マクロレンズで手撮りすると広角と比べて画像
         合成の失敗率が断然高くなる。可能なら三脚の使用をお奨めしたい。三脚が使えないなら合成が成功するま
         で繰り返し撮影するしかない。


         E-M1Ⅱの深度合成は充分使える機能だと思うがいずれにしても結果は最終的にはカメラ任せ。試写を行っ
         てある程度の癖を把握したらあとはどんな絵が出てくるかはお楽しみというところだ。




スポンサーサイト

  1. カメラ
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

深度合成の威力凄いですね!

  1. 2017/01/29(日) 15:11:02 |
  2. URL |
  3. ヒメオオ
  4. [ edit ]
深度合成機能は素晴らしいです。
但し、最後に記載されたとおり手撮り
の場合、撮影途中の固定が難しそうな
のでガサツな私はフィールドで使うの
に苦戦しそうです(涙)。

Re: 深度合成の威力凄いですね!

  1. 2017/01/29(日) 20:04:10 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> ヒメオオさん
コメントありがとうございます。
E-M1Ⅱの深度合成、TG-3やTG-4のように使い易くはありませんが、決まれば画質もいいので面白いと思います。
広角レンズですとそんなに気を使わなくてもいいのですが、60mmマクロでは手撮りけっこう失敗しました。
フィールドで使うとなるとやはり広角か、マクロや望遠なら三脚使用ということになりそうです。
でも動き回る蝶の場合はなかなか難しそうですね。


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -