主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

         だいぶ遡って2月6日、しつこいようだがもう1度渋谷氷川神社。
         今度は P.Angenieux Paris 25mm F0.95編。
         主にアポ・マクロ・エルマリートで撮った2月9日の記事(CLICK)と見比べて頂くと軟調なピエール・ア
         ンジェニューの描写の特徴が一層はっきりおわかり頂けると思う。
         この日は曇りがちだったのでそのせいもあってアンジェニューの特徴が誇張された感があるが、後半の陽が
         射してきてからの画像でもコントラストはかなり穏やかだ。
         このレンズのイメージサークルはM4/3フォーマットで少しケラレるくらい。神社の境内は暗いので、ケラ
         レの目立たない構図が作り易いので助かる。
         1枚目と13〜14枚目はケラレが目立つ構図だったのでトリミングしてある。四角が暗くない場合にトリ
         ミングしないと絞り値にもよるがラストのような写真になる。
         
         撮影は全て
         <OLYMPUS PEN E-P5 / P.Angenieux Paris 25mm F0.95>


 
         <トリミング>
         永遠の憧れ、シボレー・コルベット・スティングレー。おそらく1960年代のモデルではないだろうか。
         1965〜66年にテレビでやっていた白黒のアクションドラマ「スパイキャッチャー J3 」(私は「秘密
         探偵 J3 」というタイトルだったように記憶しているのだが調べてみたらスパイキャッチャー J3 となって
         いた)で、主人公役の川津祐介の乗っていたのがこの車。ドラマの中のスティングレーはホバークラフトの
         原理で空中に浮かんだり、水に潜ったりすることまでできた。
         主人公の属する組織は「 The Undercover Line of International Police (チューリップ)」という名称で
         本部がニューヨーク。ドラマ「 24 TWENTY FOUR 」の中の CTU みたいなものだった。アメリカの組織な
         ので車も当然アメ車という設定だったのだろう。同じタイトルの漫画もあったみたいだ。
         
         



         170206ep5angeP2060009.jpg



 170206ep5angeP2060011.jpg



         170206ep5angeP2060015.jpg



         170206ep5angeP2060018.jpg



 170206ep5angeP2060021.jpg



 170206ep5angeP2060024.jpg



         170206ep5angeP2060030.jpg



         170206ep5angeP2060031.jpg



         170206ep5angeP2060052.jpg



 170206ep5P2060057.jpg



 170206ep5ange_t_1P2060063.jpg
         <トリミング>


         170206ep5ange_tP2060067.jpg
         <トリミング>


 170206ep5angeP2060069.jpg




スポンサーサイト

  1. スナップフォト
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

  1. 2017/02/17(金) 16:44:03 |
  2. URL |
  3. clossiana
  4. [ edit ]
前にも書きましたが、このデフォルメされたキツネの像は首が異様に長くて、そこが何とも妖しげで魅力的です。話は変わりますが南米に棲むタテガミオオカミはオオカミの名前はついていますがキツネに近い動物です。こちらの方は足が異様に長くて、やはり魅力的です。それで学生の頃にはよく授業の合間に上野動物園に足を
運んだものでした。もしこの動物がもっと日本に近いところに棲んでいたならデフォルメの有り様が違っていたのではないかと、どうでも良いことに思いを馳せたりしました。

Re: タイトルなし

  1. 2017/02/17(金) 18:41:04 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>clossiana さん
コメントありがとうございます。
この狐様の写真を見てタテガミオオカミを思い出されるとはさすがに clossiana さんは一味違いますね。
今改めてネットで画像を見ていましたが、本当に足が長くて、しかも美脚ですね。
clossiana さんが通い詰めたお気持ちがよくわかります。
そうですね・・・デフォルメのありようが変わったかどうか・・・
変わったでしょうね、きっと。
石の台の上に乗っている美脚狐様が今目の前に見えたような気がしました(笑)。

  1. 2017/02/17(金) 20:59:20 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
狛犬やキツネなどの像もこうして見ると魅力ありますね。
どの像も表情が豊かですね。
僕の場合は神社などと一緒に写してしまうだけのことが多いのですが、単体でしっかりと撮影する価値を再認識しました。

Re: タイトルなし

  1. 2017/02/18(土) 18:52:11 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>BANYAN さん
狛犬やお狐様、色々なものがあって本当に面白いですね。
これだけを追いかけて全国を回っていらっしゃるような方もおいでですが、その気持ち、わかる気がします。
地域や年代によってもずいぶん異なりますがおっしゃるようにとても表情豊かで、
特に古い年代のものにはおおらかながら個性の宿るものが多く見受けられるように思います。
先日banyanさんが諏訪神社で撮影されていた狛犬もとても面白いものでしたね。
何かのついでに是非見てみたいと思っています。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -