主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

         昨日は仕事を休んで東北地方にヒメギフチョウを探しに行った。東北地方ではギフチョウは撮影しているが
         ヒメギフチョウは撮影したことがない。なんとか撮影したいと思うがこのところ週末というと天気が悪くて
         なかなか出掛けるチャンスがない。そこで急遽ウィークデイの遠征となった。
         郡山に単身赴任中の midoriさん(CLICK)がガイド役を兼ねて郡山駅でピックアップして下さることとなり、
         同行のダンダラさん(CLICK)と新幹線で一路郡山へ向かった。
         

 
         <OLYMPUS OMD E-M5 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         白河を過ぎたあたりから左手にずっと虹が出ていた。
         新幹線は速いので架線の鉄柱が斜めに写ってしまう。これでも1/2500 sec. で撮影しているのだが。理屈
         はわかっていてもフォーカルプレーンシャッターというのは奇妙なものだ。



 170412em5P4120037.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         9時半、現地に到着してみると思ったより天気が悪く、そして寒い。時々雨も降ってくる。



         170412em5P4120041.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         ダンダラさんがトウゴクサイシンの一株から卵を見つけて下さったがヒメギフチョウの便りはそれっきり。
         時々日は射すものの気温は全く上がらず10度あるかないかといったところ。午後からは風も強くなり、冷
         たい北西風が吹いてきた。



 170412em1P4120010.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         待つこと5時間余。完全に諦めかけたが、midoriさんがもう一度見てみますかとおっしゃるので立ち寄った
         ポイントで、ぼんやりカタクリの花を見ていたらいきなりヒメギフチョウが舞い降りてきて吸蜜を始めた。


         
         170412em1P4120021.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         みちのくヒメとの初めての出合い。中学生の頃山形県でふられて以来、45年ぶりの雪辱ということになる。



 170412em1P4120054.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         両前翅に羽化時のものと思われる微かな汚れがあるものの、破損はなくきれいな個体だった。



 170412em1P4120082.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         飛び立ちを狙ったが少し後ピンになってしまった。



 170412em1_tP4120308.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×トリミング>
         落葉樹の林の中で10分ばかり遊んでいたが、やがて川を渡って対岸へ飛んで行き、1度露出した岩肌に止
         まってから対岸の林の中に消えて行った。
         この時間帯、日射しはあったものの相変わらず寒かった。ギフチョウだったら絶対に飛ばなかっただろう。
         北方民族のヒメギフチョウなればこそ、かもしれない。



         170412em5P4120061.jpg
         帰りがけにさる方のご好意でミヤマセセリの蛹を見せて頂いた。掃除していたら枯葉の裏についていたらし
         い。これも初めて見た。


         midori さん、御案内本当にありがとうございました。おかげ様で45年前の忘れ物をとりに戻ることがで
         きました。深謝致します。
         ダンダラさん、遠路お疲れ様でした。寒かったですがなんとか撮影できて本当によかったですね。またご一
         緒しましょう。








スポンサーサイト

  1. / trackback:0
  2. / comment:10
  3. [ edit ]

  1. 2017/04/13(木) 19:42:37 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
難しい条件の中でヒメギフと出会えて良かったですね。
いきなりカタクリ吸蜜とは遠征の2人の引きの強さでしょうか。
僕も東北のヒメギフは鮭川の混生地へ遠征した一度だけですが、素晴らしい環境が思い出されます。
ミヤマセセリの蛹は飼育したものを撮影させていただいたことがありますが、野外での観察は難しそうですね。まだ蛹なのも驚きです。(笑)

Re: タイトルなし

  1. 2017/04/13(木) 20:35:54 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>BANYAN さん
ありがとうございます。
ほとんど諦めムードだったのですがなんとかぎりぎりで撮影できました。
私は引きがゼロなのであとのお二方のおかげだと思います。
鮭川には行った事がないのですが素晴らしい所のようですね。いつか行ってみたいと思っています。
ミヤマセセリの蛹ですが掃き掃除をしていたらたまたま枯れ葉の裏にくっついているのを見つけたという事でしたが
よく気づいたなあと感心しています。
野外で探してもなかなか見つかるものではないでしょうね。


  1. 2017/04/14(金) 17:49:18 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
その節は、遠方からお越し頂き、お疲れ様でした。
ヒヤヒヤでしたが、結果的にはとても楽しい一日になりました。
ありがとうございます。
何とか一頭、ホッとしました(*^_^*)。
いきなりのカタクリ吸蜜、感激しますね!!
45年ぶりの雪辱ですか...それは何よりでした。
岩肌に止まったシーンは何とも...この土地ならではです。

  1. 2017/04/14(金) 18:29:06 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
お疲れさまでした。
なんとなく撮れるだろうという気はしていたのですが、その気持ちもだんだんやばいかなという気になってきて、来年かなと思った最後の逆転でしたね。
カタクリの吸蜜写真、きれいに撮影されていますね。
崖に止まっているのは見たけどどこだかわかりませんでした。
あの距離での写真、流石のレンズですね。
またよろしくお願いいたします。

Re: タイトルなし

  1. 2017/04/14(金) 20:45:55 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> midoriさん
こんばんは。
今回は何から何まで本当にありがとうございました。
だいぶ気をもませてしまったようで申し訳ありませんでした。
でも奇跡の逆転劇が待っていてくれて本当に良かったですね。起死回生のバックドロップとはこの事でしょう(笑)。
カタクリ吸蜜に見事な開翅・・・あの10分間にあの1日が凝縮されていましたね。
45年待った甲斐がありました。
郡山が思ったより近い事がよくわかりましたのでまたよろしくお願い致します。


Re: タイトルなし

  1. 2017/04/14(金) 20:55:23 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> ダンダラさん
いやいやお疲れ様でした。
私もある程度は撮れるだろうと高をくくっていたのですが、あにはからんや、現実はなかなか厳しいですね。
2時を回った頃には99パーセント諦めていました。
ただ最後に雑木林に戻った時には何故か「ん?」という予感が蘇りました。
多分ある程度陽が射したので林内の気温が上がって少し雰囲気が変わっていたのだと思います。
それにしても見られて本当に良かったです。企画して下さってありがとうございました。
崖の写真は私としては嬉しいおまけでした。オリンパスの300mmはああいう時にはいいですね。

陸奥ヒメギフ良かったですね!

  1. 2017/04/16(日) 13:58:49 |
  2. URL |
  3. ヒメオオ
  4. [ edit ]
福島県まで遠征した甲斐があり
無事陸奥ヒメギフ撮影おめでと
うございます。
カタクリ吸蜜個体に最敬礼です
ね!

Re: 陸奥ヒメギフ良かったですね!

  1. 2017/04/17(月) 11:30:11 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> ヒメオオ さん
はい、ありがとうございます。
おかげ様でなんとか撮影して帰ってきました。
撮影地は福島県より北になりますが案外春が早いんですね。
文字通り虎の子の1頭ではありましたがカタクリ吸蜜もしてくれて感謝感激でした。
出てきたのは2時半過ぎだったので諦めなくて良かったです。

  1. 2017/04/18(火) 15:29:35 |
  2. URL |
  3. clossiana
  4. [ edit ]
私とすれば珍しくも仕事に集中していたらあっという間に次々と更新されてびっくりでした。みちのく姫、会えて良かったですね。私は山形産しか知りませんが、みちのく産は独特の口では言い表せない雰囲気を持っているような気がしていまして、強いて言えば白っぽい感じと青紋のコントラストかな?その点では今回の福島産も同じ特徴を持っているのだとわかりました。個人的には後ろから2番目の写真が好きですね。こういう背景だと普通はタテハ類か、もしくはツマジロウラジャノメですよね。そこにヒメギフってのが意外な感じがします。

Re: タイトルなし

  1. 2017/04/18(火) 16:21:24 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> clossiana さん
コメントありがとうございます。
私の方は仕事に集中せずブログ記事制作にうつつを抜かしておりました。
スナップ記事や日記も入れているのでほぼ毎日の更新となってしまい、さすがに疲れてきました(笑)。

私の記事の書き方が中途半端で誤解を招いているようで申し訳なかったのですが、ヒメギフの撮影地は宮城県になります。
私はみちのくのヒメギフは初めての観察だったのでよくわかりませんが、細かい点でやはりけっこう違いがあるようですね。
中にはエゾヒメギフに似た斑紋のものも出現するみたいです。
崖に止まってくれた時には嬉しかったです。
以前にもギフチョウで同じようなシチュエーションがあったのに撮影できなかったからです。
私的にも今回はこの1枚が1番のお気に入りです。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -