主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

         4月6日早朝、例の「全国都市緑化よこはまフェア」で横浜公園がチューリップの会場になっているという
         ので見に行ってみた。4月8日の記事(CLICK)で山手の会場の様子を紹介した上でさんざんこき下ろして
         おいてなんだ、節操のない・・・と感じられた方は、拙ブログを愛読して下さっている極めて貴重な方とい
         うことになる。

         
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
         横浜公園のある場所は江戸時代には港崎遊郭と呼ばれる遊郭であった。1866年の火事で焼失したまま明
         治維新に入ってしまったため復興がままならなかったが、明治8年からスコットランド人土木技師のリチャ
         ード・ヘンリー・ブラントンの指揮の下公園として日本大通りとともに整備された。



 170406gfxDSCF2387.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         この体勢でよく眠れるなあと思って前に回ってみたら起きていた。



         170406gfxDSCF2390.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>



 170406gfxDSCF2398.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>



 170406gfxDSCF2406.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>



 170406gfxDSCF2415.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>



         170406gfx_tDSCF2423.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
         この噴水は関東大震災の復興事業の一つとして昭和3年に設置されたもの。ベイスターズのお膝元なので野
         球のプレイヤーをかたどった奇妙な植木で飾られていた。



   170406gfxDSCF2434.jpg   170406gfxDSCF2438.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
         彼我庭園(ひがていえん)と前出のリチャード・ヘンリー・ブラントンの胸像。
         彼我庭園はもともと公園内の日本庭園だったが、今回の全国都市緑化よこはまフェアを期に名称決定と再整
         備が行われた。この名称は横浜公園が関内の外国人(彼)と関外の日本人(我)の双方が利用できたことか
         ら「彼我公園」と呼ばれていたことに由来する。
         ブラントンは明治のいわゆるお雇い外国人の一人で、横浜の市街整備でも知られるが全国的には灯台の設計
         と設置で知られる人物である。



         170406gfxDSCF2447.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         渡辺節の設計で、日本綿花横浜支店として昭和3年に竣工したビル。その後関東財務局横浜財務事務所、ク
         リエイターズスペース「ZAIM」などを経て、現在は DeNAベイスターズが管理する「THE BAYS」となって
         いる。
         4階にベイスターズのオフィスがある他、フィットネス、カフェ、ショップ、多目的スペースがあるそうだ。



 170406gfx_tDSCF2451.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         日本大通りの県庁前。



 170406gfxDSCF2464.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
         大桟橋入り口まで歩いてみた。



 170406gfxDSCF2461.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         各所にこのようなブースが作られていて、県や市などの自治体や公募の作品として並んでいる。



         170406gfxDSCF2466.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         日本で最初に作られたプロテスタント教会「横浜海岸教会」。



 170406gfxDSCF2473.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>



         170406gfxDSCF2489.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         大正12年に開業し、平成23年まで88年営業した洋食屋さん「梅香亭(ばいこうてい)」。
         ハヤシライスが絶品だったと聞くが残念ながら行った事がない。取り壊されていないのはどういう訳だろう。







スポンサーサイト

  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

  1. 2017/04/19(水) 23:01:24 |
  2. URL |
  3. 10max
  4. [ edit ]
こんばんは。
これは素晴らしいチューリップですね!
これだけのスケールの群生は近くにあまりないので
目を見張ってしまいました。
GFXの画角の広さとボケと繊細さを十二分に発揮される
構図も素敵です。

前の記事で掲載されていた、緑化フェアの人工的な演出は
僕もあまり好きではないですね。
例えば近所の緑道を歩いていていろいろな緑や花が自然に
視界にあふれていると嬉しい気持ちになりますが、
オブジェの展示会のようになっていたら写欲も失せて
早々に踵を返してしまいそうです^^;

Re: タイトルなし

  1. 2017/04/20(木) 16:04:19 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> 10max さん
こんにちは。コメントありがとうございます。
チューリップ、まだ咲きそろってはいませんでしたが新鮮できれいでした。本数もそこそこあるのでまずまず楽しめます。
GFXはやはり面積比で1.7倍のメリットはあるようですね。
またRAW現像ソフトがフィルムシュミレーション対応なのも便利です。
標準モードでえぐいなと思った時にはASTIAで現像し直すと自然な発色をバランスよく再現してくれたりします。
63mm、120mm共にボケ味はいいですね。
110mmf2 が出ましたが、ハッセルブラッド用のプラナーFE110mmf2も魅力的(オールドレンズですが)なので迷いますね。

おおお〜っ ! いましたか、拙ブログの貴重な読者 ! 感謝です(笑)。
そして「オブジェの展示会」とは巧いことをおっしゃいますね。
まさにその事です。せっかく生きた植物を使うのにあまりに人工的な造園を見せられると、カチンときますよね。
これならフェイクでいいんじゃないの?と思ってしまいます。
造園て、まあ人工的なものには違いないですが、この植物にはこんな環境やこんな植え方がいいんだという学びの場でもあってほしいです。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -