主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

         昨日の記事と同じ日の夕方、まだ歩き足らなかったので、帰りの電車に揺られながら最近通ったことのない
         しかもある程度距離があって面白そうな帰宅の道筋を考えた。結論は菊名駅で下車し、篠原八幡神社を経て
         妙蓮寺駅まで歩き、そこからまた電車に乗って東白楽駅下車。再び徒歩で自宅へというコースだった。

         篠原八幡神社は頼朝が幕府を開いた1192年に鎌倉の「鶴岡八幡宮」より勧請して創建されたと伝えられ
         る新横浜一帯の鎮守である。こじんまりとした境内であるが丘の上にあって実に雰囲気がいい。縁日にはた
         くさんの屋台が出てとても賑やかだった。私は結婚してから娘が2歳になるまでの10年ほどこの篠原八幡
         神社のすぐ近くのアパートに住んでいたので、神社の境内をそれこそ庭代わりのように使わせてもらってい
         た。そんな訳で懐かしさも手伝ってこの道筋を選んだ。
         

 170413gfxDSCF2729.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
         菊名駅から篠原八幡に続く坂道を上って行く。ソメイヨシノはほとんど終わって八重桜の季節になってきた。



   170413gfxDSCF2730.jpg   170413gfx_1DSCF2732.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF63mm F2.8 R WR >
         15分ほど歩いて篠原八幡に到着してびっくり。なんだかだいぶ様子が変わっている。左の写真の駐車場か
         ら右側の住宅一帯は以前はまとまった面積の森だった。それがどうしたことかすっかりなくなってしまって
         いる。境内の方は社務所が打ちっぱなしの近代的な建物に変わった他は以前とあまり変わりなくほっとした。



 92170129img757.jpg
         この写真は1992年に撮影したもののトリミング。本当は縦構図で、下の方ににベビーカーに乗った1歳
         になるかならないかの娘が写っている。なのでピントも手前に合っている。
         画面の左手の森が↑左の写真の右端の住宅が並んでいる場所にあたる。林は急な斜面になっていて新横浜駅
         の方に向かって広がっていた。
         毎年青葉が濃くなってくる季節、この森にアオバズクがやってきて夜になると高めの声で「ホウホウ」と鳴
         いていた。ちょうど持っていたオカリナの音程と同じくらいの高さだったので、ある晩家内とオカリナを持
         って神社に行って「ホウホウ」と真似して吹いてみると想像以上の効果があった。
         テリトリーに侵入者が来たと思ったらしくアオバズクは早速私達の周りを飛び回って威嚇してきた。1度な
         ど私のすぐ頭の上をかすめて飛んで行った。あまりに効果が絶大だったので可哀想だからやめようというこ
         とになってオカリナはやめにしたが、その後家内に懐中電灯で照らしてもらってストロボ撮影したのが以下
         の4枚の写真である。

         ストロボのせいでアオバズクが赤目になってしまったのが残念だし、神社の奥さんに不審者扱いされて閉口
         もしたが、結婚してまだ2年目という若い頃であったからいい思い出である。それだけに森が伐られて住宅
         になってしまったのは残念でならない。
         境内を散歩していた方に話を聞いてみたら、あの森は寺社林ではなかったのだそうだ。「私達もてっきり神
         社の森だと思っていたんですがね」と言って、その方もとても残念そうな様子だった。 


   8607170129img748.jpg   8607170129img750.jpg
         <PENTAX SuperA / SMC TAKUMAR 6×7 200mm f4 / Ektachrome 1986年7月22日撮影>



 8607170129img753.jpg
         <PENTAX SuperA / SMC TAKUMAR 6×7 200mm f4 / Ektachrome 1986年7月22日撮影>


         86072267170129img759.jpg
         <PENTAX 6×7 / SMC TAKUMAR 6×7 200mm f4 / Ektachrome 1986年7月22日撮影>
         神社の裏手の高い枝に止まって鳴くアオバズクの姿が今でもはっきりと目に浮かぶ。



         今に戻って篠原八幡を撮ってみる。

         170413gfxDSCF2764.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         桜と狛犬と拝殿。日本の神社の鉄板シチュエーションだ。



 170413gfxDSCF2733.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>



 170413gfxDSCF2750.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>



 170413gfxDSCF2751.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>



 170413gfxDSCF2753.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         おみくじツリーと稲荷堂。



         170413gfxDSCF2779.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>



 170413gfxDSCF2784.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         社殿の後ろの樫の樹のてっぺん辺りもアオバズクのお気に入りの場所だった。



         170413gfxDSCF2798.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         古木の幹が夕日に染まる。



 170413gfxDSCF2799.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         妙蓮寺まではけっこう長い道のりだった。途中のマンションの前に停めてあったルノー4。だいぶ古そうだ。
         妙蓮寺近くの水道道という道路沿いに「サンレモ」という洋菓子屋さんがあって、そこのシュークリームは
         家内のお気に入りだった。買って帰ったら喜ぶだろうと思って行ってみたが残念ながらお休みだった。







スポンサーサイト

  1. 横浜風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

  1. 2017/04/26(水) 12:29:53 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
アオバズクの来る森が無くなってしまったのは残念ですね。
寺社の森は大丈夫と思ってしまいますが、良く行くゼフのポイントはどうなのか心配になります。
赤目は蝶のケースよりも似合っている気がします。
桜と狛犬はいいですね。桜の時期に行ってみたくなりました。

Re: タイトルなし

  1. 2017/04/26(水) 20:05:35 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>BANYAN さん
そうなんです。鎮守の森だと思っていたものが民間林だったらしく、すっかりなくなって住宅になってしまいました。
思い出深い場所だっただけに残念でなりません。
banyanさんのゼフのポイント、寺社林であれば問題ないとは思いますが、近頃お寺も不景気な所が多いですから安心できませんね。
アオバズクの赤目、そんなに悪くないですか? よかったです(笑)。
我が家ではこのこのアオバズクに名前を付けて鳴き声を楽しんでいました。
桜と狛犬、いい組み合わせですね。ここに限らず何処かで見かけたら教えて下さい。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -