主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

         先週土曜日は町田のSさん、Akakokkoさん(CLICK)と再度長野県に遠征。
         6日前と比べるとぐっと初夏に近づいた感じで、前回見られなかったサカハチチョウやヤマキマダラヒカゲ
         がたくさん飛び回っていた。
         反してギフチョウの姿は多くはなく、たまに林内や林縁部で見かける程度。それでも午後から夕方にかけて
         はある程度撮影することができた。
         また現地では 千葉のNさん、横浜のKさん、Gさん、川崎のMさん、あきる野のK さんらともお目にかかり、
         楽しくご一緒させて頂いた。皆さん、当日はたいへんお世話になりました。お礼申し上げます。


 
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / Leitz DR Summicron 50mm f2>
         山上の残雪はまだ豊富だったが、道路脇のコゴミの葉はすっかり開いて空に向かって伸び始めている。



 170520em1420P5200231.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         最初に相手をしてくれたのはヒメギフチョウのメス。傷みのないきれいな個体で、伸び過ぎたウスバサイシ
         ンで産卵を始めた。葉がかぶさっていて頭もお尻も見えないので広角で下から狙おうとしたら迂闊にも枯れ
         枝を踏んでバキッと大きな音をたててしまい、驚いた母蝶は産卵半ばで飛び去ってしまった。
         後で見てみると2卵が産みつけられていた。孵化しても2匹では厳しいかな、ごめんなさい !



 170520em1300P5200434.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         ギフチョウの産卵シーンも見られたが、産卵場所とポーズが悪く、どうしても上手いアングルがない。
         


 170520em1300P5200448.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         これが唯一卵を入れて撮れる角度だった。しかしウスバサイシンで産卵するギフチョウは初めての観察だっ
         たので嬉しい。



         170520EM160P5200550.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro>
         8卵が産みつけられていた。



 170520em1300P5200502.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         産卵を終えた母蝶はフワフワと飛んで行って杉の幹の地上から3mくらいのところに止まって一休み。
         



 170520em1300P5200535.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         皆で↑を撮影しているとあきる野のKさんが、「あ、根元にもう1頭止まってる」とおっしゃるので見て
         みるとこれがなんとイエローバンド。思わず「バンドだ ! 」と声を上げてしまった。



 170520em1300_tP5200554.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         ヒメギフチョウがキクザキイチゲで吸蜜してくれた。



 1170520em1300P5200567.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         カタクリでも吸蜜したがこれ以上ないくらいしょぼいカタクリ。しかしヒメギフチョウは赤の上がった美麗
         なメスで擦れてもいない。最初に産卵していた個体と同一個体かもしれない。



 170520em1420P5200826.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ↑のヒメギフチョウ、だいぶ経ってから林内のスミレで吸蜜する姿も見られた。


         
 170520em1420P5200946.jpg
         さらにエンゴサクでも。1日つき合ってくれた美しいヒメギフチョウに感謝である。



 170520em1420P5201135.jpg
         Sさんが「カタクリ ! 」とおっしゃるので駆けつけてみたらこれがまたイエローバンド。ただし立ち位置が
         悪く横からの撮影にとどまった。裏でもバンドは優しい感じできれいだ。



 170520em1420P5201220.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         林内でスミレに来るギフチョウを狙うがなかなか上手く撮れない。



 170520em1420P5201283.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         また同じヒメギフチョウが現れた。この日はよほどこの個体と縁があったようだ。枯れ枝から飛び立つとこ
         ろを撮ってみた。



 170520em1300P5201363.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         切り株の上で日光浴。


         
 170520em1300P5201410.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         ウスバサイシンの若芽に止まったのでまた産卵かと思ったらしばらく休んで飛んで行ってしまった。
         


 170520em1300_tP5201424.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         ギフチョウが飛んできたので追いかけて行くと崖下のスミレで吸蜜。これもきれいなイエローバンドだった
         がまたしても裏翅。
         「バンドだよ ! 」と叫んでみたが崖下にいた人も間に合わなかった。



 170520em1300P5201480.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         3時半過ぎ、ノーマルなギフチョウのカタクリ吸蜜。
         


 170520em1300P5201496.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         3時45分を廻り日もだいぶ傾いてきた。そろそろ撤収かなと思っていたらギフチョウが1頭樹の上から下
         りてきた。林の中に入って行ったので追いかけて行くとスミレで吸蜜。またしてもイエローバンドだ。



 170520em1300P5201520.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         少し飛んでからまた別のスミレで吸蜜。



 170520em1300_tP5201519.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         別画像のトリミングだが後翅外縁の黒化傾向の強い個体でちょっと変わっている。7枚目のイエローバンド
         とは明らかに違う個体だ。

         このイエローバンドを最後にギフチョウは姿を見せなくなってしまったので撤収することにした。この日は
         前回と違ってひどい渋滞もなく比較的楽に帰ってくることができた。
         途中境川パーキングエリアの野菜売り場の前でAkakokkoさんと皮付きベビーコーンを買うかどうか迷って
         いたら後ろから何処かのおじさんが「美味しいから買った方がいいですよ〜」と言う。振り向いてみたら一
         足先に帰られていたあきる野のKさんだった。ベビーコーンはとてもおいしかったので K さんに感謝である。






スポンサーサイト

  1. / trackback:0
  2. / comment:8
  3. [ edit ]

  1. 2017/05/22(月) 19:20:24 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
時を変えての定点観測、楽しそうですね。
ギフ・ヒメギフ共に、きれいなメス個体に出会えて何よりでした。
杉の木の幹のバンド♀きれいです。もうちょっと開いて...と願っていたのでは!?
赤上がりのヒメギフも、ため息ものです。
どちらも、メスの適期でしょうか。何度もスクロール(*^_^*)!!
とりは、とてもきれいなオスバンドですか...
素晴らしい遠征になりましたね。

  1. 2017/05/22(月) 21:47:55 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
赤上がりのヒメギフ、きれいですね。
赤城姫でもこれだけきれいな赤上がりはなかなかいないと思います。
それに、バンドのスミレ吸蜜も素晴らしいですね。
良い個体に巡り合えて素晴らしい遠征になりましたね。

  1. 2017/05/22(月) 23:37:26 |
  2. URL |
  3. Akakokko
  4. [ edit ]
大変おせわになりました。
お陰で念願のバンドが撮れました。
改めて見ると、ヒメギフも綺麗ですよね。
毎度ですが、前半はどうなるかと思いましたが、とても楽しい遠征でした。
ベビーコーンも大当たりでしたね。
家内も美味しいと満足げでした。^^)

Re: タイトルなし

  1. 2017/05/23(火) 07:09:48 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>midori さん
おはようございます。
同じ場所に続けて行くのはいいですね。
特にこの時期は1週間足らずの間に景色も蝶も大きく変化するので面白いですし、
場所に慣れてくると環境との一体感のようなものが深まってくる気がします。
樹の根元のバンド、惜しかったです。前翅を上げて開いてくれ〜、という感じでした。
背景が背景なので一見バンドがわかりにくいですが、実はAクラスのバンドだったと思います。
おっしゃる通り、素晴らしい遠征でした。ありがとうございます。

Re: タイトルなし

  1. 2017/05/23(火) 07:20:29 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> ダンダラさん
おはようございます。
おっしゃる通りこのヒメギフは綺麗な個体でした。
当日はバンド狙いだったのでその陰に隠れがちでしたが、実はこんなヒメギフ案外少ないんですよね。
私も以前よく行った赤上がり出現率の高い場所が鹿の食害と採集圧でだめになってしまったので嬉しかったです。
この時期にヒメギフチョウがこの鮮度を保ってくれていたのも珍しいことかもしれません。
最後のバンドは完全に諦めてしまった後の出現でとてもラッキーでした。

Re: タイトルなし

  1. 2017/05/23(火) 07:28:50 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>Akakokko さん
こちらこそ大変お世話になりました。
バンドが現れてくれて良かったです。いるといないとでは大違いですからね。
混生地ではどうしてもギフに目が行きがちですが、発生後期のヒメギフって、メスが多いせいか私の経験では面白い個体の出現率が高いように思います。
本当に前半は全然飛ばないのでヤバイかも〜、でしたね。
ベビーコーン皮むきは大変でしたが美味しかったです ! 我が家でも評判良かったですよ。
横浜高島屋で同じようなベビーコーンの束を560円で売っていたようです。倍額ですね。

  1. 2017/05/24(水) 19:34:16 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
バンド×3ですか!凄すぎます。
最後はスミレ吸蜜が素晴らしいですね。
ヒメギフの赤上がりは赤の面積と色の濃さも合わせて最高レベルなのでしょうね。
ダンダラさんが書いているように赤城でもここまでの個体は出会えていません。

Re: タイトルなし

  1. 2017/05/24(水) 21:40:30 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>BANYAN さん
この日は前半は全くだめでしたが午後からけっこうバンドが現れてくれてラッキーでした。
でも3時半くらいには今日は結局バンドは裏だけか〜と思って諦めていました。最後に翅表も撮れたので良かったです。
ヒメギフはトータル3頭しか見かけませんでしたが、一番よく付き合ってくれた個体が赤上がり個体でした。
普通ギフの最盛期にはヒメギフは傷んだ個体が多いですよね。
今年この辺りでは擦れ個体はほとんど見かけませんでした。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -