主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

         5月27日の記事(CLICK)
         日曜日はオオミドリシジミのポイントに向かう前にミドリシジミをチェック。幸いかなりの数の個体に出合
         う事ができた。ミドリシジミの角度によって変化する、サファイアブルーからエメラルドグリーンにかけて
         の輝きを堪能。

 
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>



 170604em1420P6040061.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>



 170604em1420P6040069.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>



 170604em1420_tP6040092.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>



 170604em1420P6040129.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>



 170604em1420P6040298.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>



 170604em1420P6040100.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>



 170604em1420_tP6040618.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>



 170604em1420P6040115.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         O型のメス。



 170604em1420P6040717.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×> 
         A型のメスも。



 170604em1420P6040819.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         とても新鮮なベニシジミもいた。2化目か3化目か。



 170604em1P6040122.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         新鮮なテングチョウの開翅はきれいだ。止まってくれた場所も良かった。



 170603em1420P6031705.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         これは3日に撮影したスジグロシロチョウの交尾拒否。忘れていたので一緒に掲載しておく。



 170603em1420P6031713.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         オスは腹端を曲げてなんとか交尾しようとするが結局失敗。いつも不思議に思うのだが、交尾拒否されると
         どうして交尾が成立しないのだろう?


         3日と4日は町田のSさんやmaedaさんYSご夫妻、Taさんはじめ多くの方々とご一緒させていただき、色々
         とご教示頂きながら撮影する事ができた。皆さん大変おせわになりました。お礼申し上げます。





スポンサーサイト

  1. / trackback:0
  2. / comment:10
  3. [ edit ]

  1. 2017/06/08(木) 08:27:47 |
  2. URL |
  3. 10max
  4. [ edit ]
おはようございます。
こちらはゼフィルスの小型版ということですかね。
確かに認識したことがないように思います。そんなに身近にいたのですね^^;
羽根の後ろのチョロっと出っ張っている尻尾のようなものも妖精っぽさを醸し出していますね。
そうですね、今度ぜひ実地講義を頂ければ幸いです(^^)

Re: タイトルなし

  1. 2017/06/08(木) 13:03:09 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> 10max さん
はい。オオミドリシジミに対してミドリシジミです。
でも本当はそれほど大きさは変わりません。縦方向にやや小さいかな・という程度でしょうか。
実際に目にすると、こんなに小さいの?と思われるかもしれませんね。
この蝶が見られる場所も次第に少なくなってしまい、横浜市内では恐らく5〜6箇所くらいだと思います。
23区内では石神井公園と葛飾区の 水元公園が有名です。食樹のハンノキが湿地に生える植物なのでそういう環境が残っていないと駄目なんですね。
ちょろっと出ているのは尾状突起といいますが、翅を閉じている時に触角に見せかけて、捕食者に対してお尻を頭に見せかけるための形態だと考えられています。
それによって鳥などの捕食者は致命傷となる頭部ではなく後翅をパクリとやるわけですね。
現実問題どれくらいの効果があるのかわかりませんが、ほんのわずかな生存率の違いが種の存続を左右することもあるのだと思います。

  1. 2017/06/08(木) 14:57:56 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
後翅まできっちり緑色を出すのはなかなか難しいですが、さすがに素晴らしい写真が並んでいますね。
オオミドリの撮影の前に・・・時間的には確かにそうですが、これだけきっちり撮れるとは、ぜいたくな日でしたね。
うらやましい。

Re: タイトルなし

  1. 2017/06/08(木) 20:02:01 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> ダンダラ さん
ありがとうございます。
この時は結構多くの個体に恵まれて、目線より下での開翅も何度もあったので良い写真が撮れました。
角度によって色々な表情を見せてくれるミドリシジミの翅表の輝きをたっぷり楽しむ事ができて楽しかったです。
Sさんは20年近くこのエリアのゼフィルスを観察していらっしゃるそうですが、オオミドリシジミのテリ張り時刻は森が鬱蒼としてくるにつれて遅くなってきているらしく、
それでゆっくりミドリシジミを撮影してからでもまだオオミドリシジミのテリ張りを見る事ができたというわけです。
また例年ですとミドリシジミが本格的に羽化してくる頃にはオオミドリシジミはかなり擦れている事が多いですが、今年は発生時期がほぼ重なっていたのもラッキーでした。

  1. 2017/06/08(木) 21:05:44 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
雄はもちろん素晴らしい写真が多いですね。
個人的には綺麗で明瞭なA型が撮れていないので、こちらが羨ましいです。
さいたま市では少ないのかもしれませんね。
テングチョウも各所で新成虫が確認できますが、平地では一時期よりは落ち着いた印象です。

  1. 2017/06/08(木) 22:11:39 |
  2. URL |
  3. Sippo☆
  4. [ edit ]
ミドリシジミの輝き、美しいですね!
なかなか早朝出発するには一念発起が必要なので
今季は行けるかどうか;_;
ベニシジミも綺麗!
ベニシジミは通年大きさは同じ?
スジグロシロチョウは、おしとやかなのかな(*´∇`*)
拍手☆

Re: タイトルなし

  1. 2017/06/09(金) 10:09:01 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> BANYAN さん
ミドリシジミは南部の公園に毎年何度も出掛けていますが、その割に満足に撮れた事が少ない蝶です。
今回はあまり期待していなかったのにかなりの個体数に恵まれ、私にしては珍しくまともな写真を撮る事が出来ました。
A型は私も嬉しかったです。
この場所ではB、ABがあまり出現しないそうです。
個体群が分断されている現状では、産地ごとにその辺の特徴が顕著になるのでしょう。
テングチョウ、そう言えば一時期より落ち着きましたね。言われてみて初めて気がつきました。
あまりうじゃうじゃいるよりもたまに出てきてくれるくらいの方がありがたみはありますね(笑)。

Re: タイトルなし

  1. 2017/06/09(金) 10:21:08 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> Sippo☆ さん
はい。何度見てもこの輝きはいいですね。
身近にも産地があって、しかも他のミドリシジミ類とはちょっと異質な色味を備えている美蝶・・・
ミドリシジミがいてくれて本当に良かったと思います。
開翅の時間帯についてですが、確かに早朝が一番可能性が高いようですが昼間でも開く事は多いので、
他の撮影の合間に時間が取れればまた出掛けてみて下さい。
ミドリシジミ撮影中に出てきたベニシジミも妙に奇麗に感じました。
一緒に撮影していた2人もいっせいにカメラを向けたので面白かったです。補色対比で鮮烈に感じられたのかも(笑)。
スジグロシロチョウはフワフワと飛んで、どこかおしとやかな印象がありますね。

やはり真打ち

  1. 2017/06/11(日) 07:36:18 |
  2. URL |
  3. ヒメオオ
  4. [ edit ]
埼玉県の「県の蝶」になっていることもあり
ゼフィルスの真打ちはミドリシジミと勝手に
思い込んでいるヒメオオです。
何はともあれ綺麗なチョウですね!

Re: やはり真打ち

  1. 2017/06/11(日) 17:44:58 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>ヒメオオ さん
コメントありがとうございます。
埼玉県の県蝶はミドリシジミなんですね。いいですねえ。
「ゼフィルスの真打ちはミドリシジミ」私も賛成です。身近にいてこんなに綺麗な蝶、他に思いつきませんものね。
神奈川県の蝶はないんですよね〜、残念ながら。
もし決めるとしたら何がいいかなあ・・・アカボシゴマダラとか(笑)。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30