主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

      先週末は町田の S さん、Akakokkoさんと長野県へ、多分今年最後となるクモマツマキチョウの撮影に出掛けた。
      山麓で千葉の N さんとも合流し、4人で撮影地入り。シーズン終盤だけあって少し擦れた個体が目立ったが、そ
      のかわり我々以外にはたまに通りかかる登山者くらいしか人影もなく、終日のんびりと撮影することが出来た。

 
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         この日は風が強く、特に沢筋では吹き下ろしてくる冷たい風で状況が悪かった。仕方なく沢から少し離れた
         林道脇で待っているとクモマツマキチョウが飛んできてミヤマハタザオで吸蜜してくれた。



 170610em1P6100158.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         林道脇には出てきたばかりのクマイチゴと思われる小さなキイチゴ属の幼木がたくさんあり、クモマツマキ
         チョウのオスはミヤマハタザオよりもこちらで吸蜜することが多かった。
         


 170610em1P6100237.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         蜜が多いのか吸蜜時間も長く、比較的ゆっくり撮影させてもらえるのが嬉しい。ただクマイチゴは繁茂して
         くると鉤状の刺もあって手に負えない植物なのであまり増えてほしくはない。



         170610em1P6100272.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         同上



   170610em1P6100375.jpg   170610em1P6100420.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         この日は雲が流れていてめまぐるしく晴れと曇りが入れ替わる。それに合わせてクモマツマキチョウも吸蜜
         と静止を繰り返していた。暗くなると地面に落ちて左の写真のように翅を閉じ、また日が差し始めると右の
         写真のように翅を開いてやがて飛び上がる。



 170610em1P6100647.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         連射していたらイチゴから飛び立つところが撮れていた。



 170610em1P6101233.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         メスはこの1頭しか見かけなかった。



 170610em1P6100018.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         メスも日が翳ると地面に下りる。



 170610em1_tP6100023.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         地面に下りたメスにオスが求愛してくるが拒否されている。



 170610em1_tP6100074.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         お尻を高く上げて完全に交尾拒否姿勢だ。



         170610em1P6100731.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         午後になっても相変わらずクマイチゴでの吸蜜が多かった。



 170610em1P6100844.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         午前中の再現のようなシーンも。



 170610em1P6101080.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         クモマツマキチョウにはやっぱりミヤマハタザオがよく似合う。



 170610em1P6100521.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         急に暗く寒くなってきたらミヤマハタザオに止まったきり動かなくなってしまった。



         170610em1_tP6100606.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         途中薄陽が射して少し開翅する場面もあったが。



         170610em1P6100708.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         とうとう眠ってしまったようだ。これはチャンスとばかり広角やらスマホやらで撮影したが、そのうち雨が
         降ってきたので撤収することにした。


         ご同行下さった皆さん、お疲れ様でした。また当日は大変お世話になりました。ありがとうございます。
         クモマツマキチョウの色々な表情が観察できて面白かったですね。またご一緒させて下さい。




スポンサーサイト

  1. / trackback:0
  2. / comment:12
  3. [ edit ]

  1. 2017/06/12(月) 18:43:35 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
いやいや、貴殿のブログで、私もクモツキ撮影時の興奮を甦らせて頂きました。
やはり、南の三日月斑いいですね。このオレンジ、何度も追いかけたくなるのがよくわかります(*^_^*)。
求愛シーンもお見事です。オスの本気さが伝わってきますが...残念でしたね。
ラス2の広角シーン、超お気に入りです。

  1. 2017/06/12(月) 19:02:41 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
クモマツマキチョウを独り占めというのは贅沢ですね。
痛みもほとんど気にならず、撮影しているときの充実感が伝わってきます。
この日は気温が高くて平地では暑くて大変でしたが、やはり高地は厳しい環境ですね。
晴天とそうでないときの行動の違いがよくわかりますね。
雌雄の絡みも貴重なシーンで、素晴らしいです。

Re: タイトルなし

  1. 2017/06/13(火) 10:48:09 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> midori さん
それは良かったです。それだけ写真にリアリティーがあったということですね、ウンウン(笑)。
近年はクモツキ狙って行って見られないという事はあまりないので、昔の苦労はなんだったんだという感じです。
高校生の頃、初めてこの蝶を見たのも南アルプスだったので、南アのクモツキは思い入れが強いです。
メスは1頭しか見られなかったのであの辺りのオス達は交尾のチャンスはないかもしれませんね。
新たにメスが羽化してきてくれればいいのですが。
クモツキは生息場所がいいので広角がいいですがなかなか難しいです。

Re: タイトルなし

  1. 2017/06/13(火) 10:57:49 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>ダンダラさん
本当にそうですね。近頃はどこに行っても人が多いです。
この場所も前の週末には重鎮の方々も含め多くの方で賑わっていたようです。
もう遅いかなとも思いましたが、サービスしてくれた個体はおっしゃるようにそんなに擦れが気になりませんでした。
平地は暑かったんですね。山の上はかなり涼しく、吹き下ろしてくる風に当たっていると寒いくらいでした。
それでも日が射せば必ずクモツキが飛び出してきてくれてかなり楽しむ事が出来ました。
晴れたり曇ったりの変化の多い時は色々な行動が見られて面白いですね。
こういう気象条件に恵まれたのは初めてかもしれません。

  1. 2017/06/13(火) 16:33:09 |
  2. URL |
  3. clossiana
  4. [ edit ]
私はカメラのことについては殆ど何も知らないのですが、このクモツキの3枚目他の写真のように背景が黒いのは何故なんですか?まるでスタジオのようなところで被写体にライトを当てて撮ったような感じがします。そのために被写体が浮き出てきて、すごく美しく表現されています。まぁ、もともとクモツキは美しいけれど、その美しさに拍車がかかっている感じがnaoggio world なんでしょうね。

  1. 2017/06/13(火) 18:05:59 |
  2. URL |
  3. Akakokko
  4. [ edit ]
毎度お世話になってます。
山バックの半開翅が撮れていたんですね。
羨ましい。
この花、クマイチゴって言うんですか。モミジイチゴしか知らなかったので、勘違いしていました。^_^;

Re: タイトルなし

  1. 2017/06/13(火) 20:41:11 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>clossiana さん
コメントありがとうございます。
背景が黒い写真ですが、暗めの森とか岩の割れ目などが後ろに来るように立ち位置を調節すればこんな感じになります。
ストロボを使ったような効果が得られますね。
特に白っぽい蝶では露出をアンダー気味に設定しますので、黒い背景の中に浮かび上がるように撮影するのは容易だと思います。
通常クモマツマキチョウの吸蜜時間はそう長くないのでその辺の調整をしている余裕がない事が多いですが、
今回はゆっくり吸蜜してくれたので黒いバックを狙ってみました。
そこに着目していただけたとはうれしい限りです。

Re: タイトルなし

  1. 2017/06/13(火) 20:54:02 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>Akakokkoさん
こんばんは。
こちらこそお世話になっております。この日は本当に楽しい撮影でしたね。
山バックの広角はたまたま半開翅してくれた時にちょうどカメラを構えていたので撮れました。
クマイチゴに関しては鵜呑みにしないでくださいね。
以前にも調べた事があったのですがこれ以外に該当するものがなかったのでクマイチゴかなあと思っているだけです。
キイチゴ属は案外種類が多く、幼木だとあれ?と思う事もしばしばですね。
私も最初モミジイチゴかなあと思ったのですがそうではないようですね。

  1. 2017/06/13(火) 21:53:17 |
  2. URL |
  3. Sippo☆
  4. [ edit ]
しっとりと
この子と呼吸を合わせて
過ごされたご様子が伝わってきます(*´∇`*)
拍手☆

Re: タイトルなし

  1. 2017/06/14(水) 10:09:23 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> Sippo☆ さん
はい。この日は我々以外には滅多に人も通らず、落ち着いてのんびり撮影する事が出来ました。
特に最後の個体は眠ってしまったので、こちらもガレの斜面に身を横たえての撮影になりました。
でも日中は遠くの花に止まりかけているのが見えたりするとけっこうダッシュで頑張りましたよ。
おかげで週明けに疲れが出てきて、ようやく今日から調子が戻ったという有様です。
年寄りの冷や水はいけませんね(笑)。

交尾拒否良いな(涎)

  1. 2017/06/18(日) 16:58:15 |
  2. URL |
  3. ヒメオオ
  4. [ edit ]
クモマツマキチョウを見つけるだけでも
ひと苦労なのに
地面に止まった雌個体に求愛飛翔するシーン
羨まし過ぎです(笑)。

Re: 交尾拒否良いな(涎)

  1. 2017/06/18(日) 21:32:57 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>ヒメオオ さん
クモマツマキチョウは同じ場所でもちょっとした時期や気象条件の違いで成果に差が出る蝶ですね。
それだけに運に恵まれた時の喜びもひとしおです。
この日は求愛行動が2回見られました。
1度目は私は設定ミスでうまく撮れなかったので、この2度目のチャンスに恵まれて本当に嬉しかったです。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -