FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

         大人(子供?)の夏休み企画第2弾として、横浜のKiさんの別荘を宿泊地とし、1日目にキリシマミドリシ
         ジミで2日目はオオイチモンジ、という欲張ったプランをたてた。
         2日目は天気が悪転したため結局オオイチモンジは諦めて、比較的天気が良さそうな山梨県での撮影となっ
         てしまったが、同行の方々(千葉のNさん、町田のSさん、横浜のKiさん、Akakokkoさん)との合宿は大人
         (子供?)の夏休みに相応しい楽しい撮影行となった。

         別荘を提供して下さったKiさん、また御同行下さった皆さん、本当に色々お世話になりました。そして楽し
         い時間をありがとうございました。心よりお礼申し上げます。
         
         で、まずは1日目のキリシマミドリシジミ。キリシマミドリシジミは今まで何度か撮影はしているが遠くの
         オスを撮るのが精一杯で満足な撮影はできていない。メスを含めてもう少し近くで撮るというのが今回の課
         題だった。

 
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         7時半くらいに現地に到着してビーティングを開始するとアカガシの樹上などで数頭のキリシマミドリシジ
         ミが飛ぶのが見えたがすぐに姿を隠してしまった。8時過ぎになると再び活動を開始。オスが樹上で開翅し
         てくれるようになったが、例によっていかにも遠い。ノートリだとこうなってしまう。



 17em1_tP7220006.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         別画像のトリミング。それでも今まで撮影した中では300mm+テレコンのおかげもあって一番ましに撮れ
         た方かもしれない。



 17em1P7220204.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         待ちこがれていたメスが登場した。やはりキリシマミドリシジミのメスの翅裏は魅力的だ。



         17em1_tP7220253.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         開翅した。B型だった。


         
         17em1P7220303.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         オスが1頭、目線より下に降りてきてくれたものの開翅する気配はない。この個体をA君と呼ぶことにする。



 17em1P7220452.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         もう1頭、こちらは目線より2mくらい上の葉上。この個体はこれからほぼ終日ここで落ち着いてしまうこ
         とになる。微かに開いた前翅の先に僅かに緑色が見えているが最後まで開翅することはなかった。こちらを
         B君とする。



17em1P7220465.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         A君もB君も全く開翅する気配がないが、動かずに寝たり起きたり(触角を閉じたり開いたり)しているだけ
         のA君と違ってB君は歩き回りながら短い口吻を伸ばして盛んに葉の上をペロペロと舐めている。
         時々口吻をしまって真剣な面持ちになるのですわ開翅か?と期待するが結局また歩き出してペロペロ始めて
         しまう。羽化直後の個体だとこういうこともあるようだが、B君はとてもそうは見えない。



         17em1_tP7220425.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         A君も全く動きがないのでclossianaさん向けにB君の真上からのショットに挑戦してみた。尾状突起に難あ
         りで今一つだったが、尻尾の方が頭に見えなくもない。
         


 17em1P7220558.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         あまりに状況変化がないので退屈し始めた頃、A君の方に目をやるとなんといつの間にか開翅しているではな
         いか。思わず「あ、開いてる !」と叫んでしまった。
         運良く全員が集まっていたので一斉に撮影を開始したがちょっと向きが悪く後翅の輝きが鈍い。


       
 17em1P7220675.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         しかしA君はたぐいまれなるサービス精神の持ち主だった。「あ、そう、それじゃあこれでどう?」と、葉
         の上で向きを修正してくれた。A君、神ってる !



 17em1_tP7220639.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         奇跡とも思える美しい開翅だった。



         17EM1_TP7220673.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         さらに少し立ち位置を変えてキリシマグリーンを堪能させてもらった。
         開翅に気付いてから2分40秒。A君は舞い上がって樹上に消えて行った。開翅の瞬間はSさんが回しっぱ
         なしにしておいたビデオにしっかり捉えられていた。
   
      

 17em1_tP7220801.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         A君が飛び去った後はあまり大きな見せ場はなく、相変わらず頭上での開翅はあるもののいつもの距離感で
         ある。

         

         17em1_tP7221102.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         午後になっても相変わらずペロペロとやりながら歩き回るB君。翅をスリスリすると鮮やかなグリーンをチ
         ラ見できるが開翅はしない。



 17em1P7221160.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         反対側も。



 17em1P7220923.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ヨツスジハナカミキリがカエデの葉に止まった。風で葉が扇風機の羽根みたいに回っていたがなんとか撮影。



 17em1P7221055.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ヒグラシが盛んに鳴いていよいよ夕方感も募ってくる。



 17em1P7221192.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         沢筋でヒグラシが蜘蛛の巣にかかっているのをKiさんが教えて下さった。



 17em1P7221242.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         テントウムシを嫌がって葉の縁によけるB君。それでも翅は開かない。



   17em1_tP7221446.jpg   17em1_tP7221447.jpg


   17em1_tP7221450.jpg   17em1_tP7221452.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         雲が出てきてだいぶ薄暗くなってきた午後4時。とうとうB君も飛び上がって樹上に去って行った。
         ちょうどプロキャプチャーモードで狙っていたので飛び出しが撮れたが、暗かったので画質は相当に悪かっ
         た。
         



 17em1P7221667.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         4時を回ってそろそろ撤収ということになったが、Sさんが最後に執念のビーティングをしていると、なん
         とメスがひらひらと舞い降りてきて低い位置に止まってくれた。新鮮個体だ。



 17em1P7221670.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         谷を挟んでいて横に回り込めない。蔓や葉の間から抜ける場所を探したがこれが限界。



 17em1_tP7221667.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         拡大してみると本当にうっとりするようなきれいなメスだった。

         今回の撮影地につきましては特殊事情につきお問い合わせ頂いても一切お答えすることができません。悪し
         からず御了承下さい。

       




スポンサーサイト




  1. / trackback:0
  2. / comment:14
  3. [ edit ]

  1. 2017/07/25(火) 17:09:21 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
何度スクロールさせてもらったことか...(*^_^*)!!
自分も現場に参加させて頂いていた気分になり、思わす高揚してしまいました。
スーパーモデルのA君、この日は、スケジュールを空けていてくれたのですね(笑)!?
皆さんの強い願いが伝わりましたね。眩しすぎる金緑に息を呑みました。
新鮮メス個体の裏翅も魅力的ですね。(超美)

Re: タイトルなし

  1. 2017/07/25(火) 20:30:02 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>midori さん
ありがとうございます。
初めて見るキリシマミドリシジミの間近での開翅には本当に感動しました。
この金緑色は他の種類では出ませんね。
スケジュールを調整してくれたA君にはいくら感謝してもしきれません。
でもA君が出演してくれたのはやはりファンの方々の熱い思いがあったればこそでしょうね。
メスは初見だったので嬉しかったです。
あの独特の裏翅を是非この目で見てみたいものだと思っていましたが願いがかなってよかったです。

  1. 2017/07/25(火) 22:31:46 |
  2. URL |
  3. Sippo☆
  4. [ edit ]
本当に美しいチョウチョさんですね!
裏側の色彩模様もすてき(^^♪
キリシマミドリの金緑。
しっかりと目に焼きつけました!
拍手☆

Re: タイトルなし

  1. 2017/07/26(水) 06:44:16 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>Sippo☆ さん
お早うございます。
朝ドラのみね子調に言いますと、
「おとうさん、なんか綺麗すぎて、見てはいけないものを見てしまった気がします。みね子は幸せ者です。」みたいな。
って、お忙しいSippo☆ さん、朝ドラなんか見てないか(笑)。
今まで標本や写真では何度となく見ているキリシマミドリシジミですが今回目の前で見た色はそのどれとも違っていました。
命ある金緑色の輝きに完全にKOです。メスの裏の美しさにも。

  1. 2017/07/26(水) 12:40:27 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
素晴らしいキリシマミドリの写真の連続ですね。
私もキリシマミドリはメスの裏面が大好きですが、それを十分撮影されて、さらにオスの開翅を間近で撮影できるとは羨ましすぎです。

Re: タイトルなし

  1. 2017/07/26(水) 14:09:26 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>ダンダラ さん
ありがとうございます。
今までキリシマはどうしても近くに下りてきてくれない蝶でしたが、
今回は間近で観察、撮影するチャンスに恵まれ本当にありがたかったです。
こんな事は長年通っていてもなかなかないようで、Kiさんに神に感謝しなさいと言われました。
キリシマミドリのオスの翅表の色はやはり独特のものですね。
これぞ金緑色という凄まじい輝きが目に焼き付きました。

羨ましい

  1. 2017/07/26(水) 15:08:01 |
  2. URL |
  3. カーコのダンナ
  4. [ edit ]
目の毒ですね〜😉
もう何年も通ってますが願いは叶わず。
今年こそは‼️と勇んで出かけるのですが、こんなブログか書けるのはいつになる事やら😭
それにしても綺麗な個体で翅表にキズもなさそう。撮影角度もパッチリで金緑色ピカピカ。
う〜〜目の毒。

Re: 羨ましい

  1. 2017/07/26(水) 19:17:43 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>カーコのダンナさん
コメントありがとうございます。
キリシマってホント下りてきませんよね。私も何度も苦い経験をしています。
それが今回は目線下で開翅。世の中何が起こるかわかりませんね。
こんな事はこの場所でも稀な事だそうですよ。
ともあれこの金緑色をカメラに収められたのは幸せでした。
同行された方々の引きの強さのおかげだと思っています。

  1. 2017/07/27(木) 21:25:26 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
キリシマ雄も雌も素晴らしいですね。
時期的には活発に飛ぶ前のようですが、開いてくれることもあるのですね。
雄の金緑はメスアカやアイノよりも上の輝きですかね。
カメラを向けると逆向きになることは多い気がしますが、こちらを向いてくれるとは本当に神懸かり的ですね。

Re: タイトルなし

  1. 2017/07/28(金) 11:07:56 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> BANYAN さん
ありがとうございます。同行して下さった皆さんのおかげで良いチャンスに恵まれました。
おっしゃる通り、完全なテリ張り時期にはまだ入っていなかったようです。
複数のオスがいたのにスクランブルはほとんど見られませんでした。
この時期には止まって閉翅したオスが飛び立つ前に開く事が多いようですが、そうはいってもなかなか難しいようです。
オスの輝きはアイノともメスアカとも違う独特のものでした。うまく表現できませんがやはり黄緑っぽい色ですね。
頭をこちらに向けてくれたのも皆さんの願いが通じたからかなと思います。

  1. 2017/07/28(金) 16:45:39 |
  2. URL |
  3. clossiana
  4. [ edit ]
う~む、キリシマミドリで、そんな写真を撮られていましたか。。凄い。この撮り方は蝶に超接近しなければならず、そういう撮り方を出来るのはある意味では余裕がなければなりません。なので非常に贅沢な写真かと思います。こういう写真は撮影者が多い場合には某I氏のようにブーイングがあってもめげずに頑張れるつわものでなければ撮れません。しかし私は紳士であり、且つ、気が弱いので、個体数が多くて、且つ、人が少ない場所を選びます。でもキリシマなんて望むべくもありません。拍手喝采です。

すばらしい

  1. 2017/07/28(金) 19:10:41 |
  2. URL |
  3. cactuss
  4. [ edit ]
キリシマミドリシジミの♂、♀共にすばらしい写真ですね。
こんな写真を撮りたくて、何回も出かけていますが、
いまだいい写真が撮れていません。
羽化直後はおとなしく止まっているのでしょうか。

Re: タイトルなし

  1. 2017/07/28(金) 21:32:12 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> clossiana さん
コメントありがとうございます。
おっしゃることよくわかります。でも、この時は同行の方々(私を含めて5名)以外どなたもおいでになりませんでした。
そのおかげで私でもなんとかそれなりの写真を撮る事ができたのです。
確かに近頃よいポイントには撮影者や採集者が集中しますね。
できればそういう所ではなく、のんびりできる場所でゆっくり蝶と向き合いたいものですがなかなかそんな場所もありません。
そろそろその辺りをよく考える時期なのかもしれないなと思ったりもします。
まずは拍手喝釆ありがとうございます(笑)。

Re: すばらしい

  1. 2017/07/28(金) 21:33:02 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>cactuss さん
今晩は。コメントありがとうございます。
おかげさまでなんとか雌雄の開翅を撮影することができました。
殊にオスの表の輝きには今更ながら大感動でした。
羽化してから激しいテリ張りをするようになるまでの間は、ビーティングで下に降りて来てくれる事もあるようです。
そうした個体は普通にパッとひらく事はなく、飛び立つ前にじんわり開くようですね。
今回はちょうどそういう個体に当たったのだと思います。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2019 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30