主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

         8月5日、町田のSさん、Akakokkoさん、現地集合の千葉のNさんとオオゴマシジミとゴマシジミの撮影に
         行った。
         オオゴマシジミは残念ながら擦れた個体が多かったが、ゴマシジミの方はまだ発生初期で、夕方からの撮影
         ながら綺麗な個体を撮影することができた。

 17em1P8050049.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         オオゴマシジミの発生地に行く途中アサマシジミを見かけた。アサマシジミは今までで一番遅い時期に
         見たのが7月28日。8月に見たのは初めてだっったので、傷んだメスとは言え嬉しかった。



 
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         所々にヒヨドリバナが咲いていて、オオゴマシジミを始めアサギマダラやヒメキマダラヒカゲなども吸蜜に
         訪れる。



 17em1P8051033.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         オオゴマシジミ。今年の発生は遅めかと思っていたがそうでもなく擦れた個体が多かった。



 17em1P8051118.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         少し開翅するが気温が高いせいか全開はない。



 17em1P8051236.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>



 17em1P8051668.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         小さなハチがまとわりついてきた。飛び立つかもしれないのでテレコンを外しプロキャプチャーモードに変
         更して立ち位置も調整。



         17em1_tP8051882.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         なんとか表が撮れた。
         



         17em1_tP8051938.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         静止画の開翅は無理そうなので続けて飛び出し狙い。



 17em1P8050349.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>



 17em1_tP8050125.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         クガイソウで吸蜜。



 17em1P8052690.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         クガイソウは人気で一房に3頭ものオオゴマシジミが集まってきた時もあったが私は2頭のところしか撮影
         できなかった。



 17em1P8050133.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>



 17em1P8050149.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         連写やらプロキャプチャーやらでなんとかブルーを写し込んだ。


         帰りがけに新鮮な個体も見かけたがうまく撮れなかった。オオゴマシジミはこれくらいにして下山してゴマ
         シジミの発生地に向かう。天気が心配されたが既に現地入りしている横浜のKiさんに連絡を取って見たとこ
         ろ、発生地周辺だけは奇跡的に晴れているとのこと。

 17em1P8050845.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>
         ポイントに着くとKiさんとMさんがいらしてゴマシジミの所在を教えて下さった。見るとワレモコウの花に
         新鮮そのもののゴマシジミがちょこんと止まっている。



 17em1P8050869.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>
         同上。青空バックで。



 17em1P8050944.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>
         少し移動。それにしても綺麗な裏翅。



 17em1P8051494.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>
         別個体。この個体は飛び出しを撮影したが表の黒いゴマシジミだった。



 17em1P8051606.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>
         背景ボケに光点を入れて撮る。



 17em1_tP8051160.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO トリミング>
         メスに青いオスが絡んだところ。



 17em1_tP8051170.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO トリミング>



 17em1_tP8051192.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO トリミング>



 17em1_tP8051224.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO トリミング>
         交尾は成立せず2頭とも飛び去った。メスのブルーが少し見えた。



 17em1_tP8051377.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>
         草むらの奥でも交尾拒否。色々なタイプの表が見られて楽しい。



 17em1_tP8051579.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>
         Akakokkoさんにお願いして翅表の青いゴマシジミを飛ばしてもらって撮影。夕方で暗くなっていたので画
         質は悪い。



            170805α72ameDSC03766
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
            せっかくなのでアポマクロエルマリートでも撮っておく。



 170805α72ameDSC03771
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
            ゴマシジミの定番、シルエット画像。

         Sさん、Akakokkoさん、千葉のNさん、そしてゴマシジミの里でご一緒させてくださったKiさん、Mさん
         ・・・当日は本当に色々お世話になりました。おかげさまで今年もなんとか両種を撮影堪能することができ
         ました。お礼申し上げます。





スポンサーサイト

  1. / trackback:0
  2. / comment:8
  3. [ edit ]

  1. 2017/08/13(日) 14:27:12 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
今年もオオゴマシジミが撮影できて良かったですね。
ゴマシジミも含めて、開翅の写真はプロキャプチャーモードの威力が存分に生かされて素晴らしいです。

  1. 2017/08/13(日) 17:34:32 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
タイトルから惹きつけられました。
“オオ”が付くか付かないで、生息地が全く違うから面白いですよね。
鮮明な画像に、またまたスクロールさせて頂きました。
この時期、山地では“ヒヨドリバナ”&“クガイソウ”レストランが大活躍ですね(*^_^*)!?
美蝶たちの引き立て役となっている、淡いピンクとムラサキがいいですよね。
ゴマさんは、完全復活でしょうか。。。

  1. 2017/08/14(月) 10:46:14 |
  2. URL |
  3. clossiana
  4. [ edit ]
このしばらくはゴマやオオゴマを撮りに出かけていませんが両種には、いつまでたっても惹きつけられ続けています。この両種を含めて何種かのシジミは幼虫時代にはアリの巣の中にいます。アリの巣の中って外にいるよりはずっと安全な感じがするのですが、それにしては個体数が少ないのが不思議です。英国のアリオンゴマシジミなども絶滅してしまい、今は確かスゥエーデン産を再導入したと聞いています。何故、かくも弱いのか?多分、無理な話ですが、一度は、ゆっくりと継続観察してみたい種です。

Re: タイトルなし

  1. 2017/08/14(月) 11:32:46 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> ダンダラさん
ありがとうございます。
今年もなんとか見ることができて良かったです。
雪が多かったので季節の進みが遅いかと思っていたのですがそうでもなく、
けっこう擦れた個体が目立ちました。
ゴマの方は新鮮で良かったのですがどちらも全く開かず閉口。
こういう時はプロキャプチャーモードはありがたいですね。

Re: タイトルなし

  1. 2017/08/14(月) 11:44:47 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>midori さん
本当にそうですね、そっくりな2種ですが生息環境は全く異なっていてとても興味深いです。
深山の沢筋とのどかな山里。1日でその両方を巡る蝶旅ができるのは幸せなことですね。
ヒヨドリバナやクガイソウは蝶が大好きなので撮影ではとてもお世話になりますね。これがあるとないとでは大違いです。
ゴマシジミは問題なく発生を続けているようです。
ただ環境の微妙な変化の影響で場所によって多少の増減はあるようで、去年より少ない所もありました。

Re: タイトルなし

  1. 2017/08/14(月) 12:00:30 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>clossiana さん
コメントありがとうございます。
確かにアリの巣の中は外界よりは安全でしょう。
でもアリに運ばれて巣の中で蛹化し、羽化して逃げるように這い出てくる、という一連の生活史は複雑すぎるような気もします。
成長段階で必要な条件が増えると、それぞれの条件をクリアする度にふるいにかけられるのではないかと思います。
Sさんがオオゴマシジミが減少している原因の一つの仮説として集中豪雨による急斜面のアリの巣の崩壊の可能性を指摘しておいででしたが
そういう事があるのだとすれば、それも複雑な生活史のデメリットと言えるでしょう。
アリの巣の中の観察は難しそうですが、発生地のアリの数の増減などは統計をとる事ができるかもしれませんね。
いずれにせよ採集圧からはまず解放してやりたいものです。

オオゴマ複数頭見れたようで

  1. 2017/08/15(火) 07:00:23 |
  2. URL |
  3. ヒメオオ
  4. [ edit ]
今年も信州のオオゴマシジミ少ない
と聞いていたので↑の写真を見て、
複数頭観察出来たようで安心しました。

青ゴマの表翅は見たことがありません。
飛び立ち時の青色綺麗ですね!

Re: オオゴマ複数頭見れたようで

  1. 2017/08/15(火) 07:58:12 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> ヒメオオ さん
オオゴマシジミはいずれの産地でも次第に窮地に陥っていると思います。
温暖化の影響で環境が悪化している上にあの採集圧ですからね。
いよいよ自治体の対応が必要な時期に来ていると思います。
青ゴマですね。
暑い晴天の朝になるべく新鮮そうな裏の白い個体を探して乳白ビニール傘で日陰を作る、というのが青ゴマ撮影のセオリーのようですね。
でもなかなか思い通りには行かず、私も今年はすでに2回出かけていますが青ゴマの静止開翅は撮れていません。
そうなると頼りはパストか花で待って連写ということになってしまいますね。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -