FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

         8月13日、町田のSさん、Akakokkoさん、横浜のKiさんと共に再度ゴマシジミの撮影に出かけた。
         Akakokko さんが Kiさんをピックアップして2時半に私の自宅着。3時に町田でSさんを拾って一路ゴマシ
         ジミの里へ。
         朝のゴマシジミを撮影してからさらに片道40キロほどの中距離移動をして高原の蝶を撮影し、再びゴマシ
         ジミの里に戻って撮影。6時頃まで粘って帰途についた。

         中央道の渋滞情報をチェックすると・・・初狩〜小仏トンネルで渋滞45km ! しかも須玉〜韮崎で事故渋滞
         6kmのおまけ付き。なんだかんだの断続渋滞で、結局自宅に帰り着いたのは翌日の1時過ぎになってしまっ
         た。私で23時間、 Akakokko さんに至っては24時間の日帰り撮影行。昔のリゲインのテレビ広告じゃある
         まいし、「♪24時間、遊べますか♪」は勘弁してほしい。お盆休み中の日曜日、完全になめてました。
         小仏様、ゴメンナサイ !

         
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         早朝の山郷に到着するとたくさんのゴマシジミが見られた。



 17em1_tP8130024.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO テレコン1.4× トリミング>
         早朝で曇り空。ゴマシジミは翅を開いてくれない。飛ぶ時を狙ってプロキャプチャーモードで撮影する。



 17em1_tP8130275.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>
         不自然な感じに写ってしまったが、朝見かけたかの個体がこの日1番ブルーの強い個体だった。5段階評価
         で文句なくレベル5だろうが、残念なことに2度と見ることはできなかった。



 17em1_tP8130371.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO テレコン1.4× トリミング>
         この日はこれくらいの青さの個体を多く見かけた。



 17em1P8130565.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         レベル3くらいの個体。しかし新鮮そうだ。



         17em1P8130636.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         上と同じ個体。アカツメクサの葉の上で開翅してくれた。



 17em1P8130629.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         望遠でアップで撮る。これくらいのブルーの乗り方もなかなかいい(と無理やり納得)。


         ゴマシジミは一旦置いておいて、小1時間かけて高原に移動。チャマダラセセリを探したがさすがにハード
         ルが高く姿を見ることはできなかった。しかし高原の蝶を何種類か撮影できた。


 17em1P8130711.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         コヒョウモンモドキ。花はチダケサシだと思うが自信はない。



 17em1P8130715.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ウツボグサで吸蜜するアカセセリのメス。



         17em1_tP8130758.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         きれいなモンキチョウのメスがいたので飛び出しを撮影。



 17em1_tP8130888.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         同上



 17em1P8130936.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         移動途中でヤマキチョウを発見。



 17em1P8130960.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ホシミスジの産卵。



 17em1P8130985.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         民家の庭先のマツバギクで吸蜜するアカセセリ。



 17em1P8131013.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         スジグロチャバネセセリ? もやってきた。



 17em1P8131025.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         翅を開いてくれた。スジチャで間違いなさそうだ。



 17em1P8131026.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         マリーゴールドで吸蜜するスジグロチャバネセセリ。
         (ヘリグロチャバネセセリかと思って最初そう書きましたがSさんの御指摘で再度確認し、スジグロチャバ
         ネセセリと判断しましたので訂正させて頂きました。お詫び申し上げます)



 17em1P8131031.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         同じ庭先にはクガイソウもあってそこにもスジグロチャバネセセリが。
         この日はいなかったが、ここでは以前何度かヤマキチョウやスジボソヤマキチョウも観察している。自宅の
         庭でアカセセリ、スジグロチャバネセセリ、ヤマキチョウ、スジボソヤマキチョウが見られるなんて贅沢な
         話だ。Sさんの話では昔はチャマダラセセリも見られたそうである。



 17em1P8131097.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         帰り道に見かけたエルタテハ。



 17em1P8131103.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ゴマシジミの里に戻って。樹上に見つけたジャノメチョウの交尾。



 17em1P8131191.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ジャノメチョウのメス。



         17em1_tP8131181.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         ムモンアカシジミの交尾。



         17em1_2_tP8130034.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO テレコン1.4× トリミング>
         夕方のゴマシジミを撮影した。直射日光があたると鮮度の悪さが目立ってしまう。



 17em1P8131673.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         雰囲気優先で空を入れて撮る。



 17em1P8131509.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         上と同じ個体の産卵。



 17em1_2P8130445.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         朝一番で訪れたポイントに戻って坂道を登って行くと前を歩いていた人たちがタテハチョウ科の蝶の幼虫が
         路上を歩いているのを発見。クジャクチョウだ ! 幼虫でも嬉しい。



         17em1_2_tP8130559.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO テレコン1.4× トリミング>
         夕方は訪花の瞬間とか絡みでないとゴマシジミは滅多に開翅しない。仕方なくまたプロキャプチャーモード
         や連写のお世話に。
         この個体はレベル4くらいの青さ。長いこと遊んでくれた。


         
 17em1_2_tP8130695.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO テレコン1.4× トリミング>



 17em1_2_tP8130696.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO テレコン1.4× トリミング>



 17em1_2P8130581.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>



 17em5P8130085.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         毎度おなじみのシルエット画像。撮影場所も同じ。ただし今回は軽くストロボを当てた。



         17em5P8130137.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         ススキの穂も立ち上がってきている。秋が近い。



 17em5P8130106.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         少し露出を落としてストロボを強めに。印象の異なる写真になる。


         御同行下さった皆さん、当日は大変お世話になりました。特に渋滞の多くを引き受けて下さったSさん、運
         転本当にお疲れ様でした。
         24時間遠征になってしまいましたがこうして振り返ってみるとなかなか内容の濃い撮影行でしたね。
         是非またよろしくお願いいたします。





スポンサーサイト




  1. / trackback:0
  2. / comment:8
  3. [ edit ]

  1. 2017/08/17(木) 16:37:18 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
お盆中の渋滞は大変でしたね。
私の家からは関越が見えるのですが、お盆の初日は朝5時からすでにのろのろで、14時過ぎまで下りは渋滞していました。
それを見てしまうと怖気づいてお盆中は引きこもりでしたが、さすがに早朝(と言うか丑三つ時)に出かけられただけあって素晴らしい成果ですね。
今年はクジャクチョウの話はぽつぽつ出ますね。
私はまだ未見ですが、撮影出来たらきっと大喜びしてしまうと思います。

Re: タイトルなし

  1. 2017/08/17(木) 19:56:17 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>ダンダラさん
今晩は。ちょっとお盆をナメてました。あんなに混むとは正直思いませんでした。
今年は近年では一番渋滞がひどかったのではないでしょうか。
この日は行きはヨイヨイ帰りは怖いでしたね。

クジャクチョウの目撃話出てますか、良かったです !
なんとか新鮮なクジャクチョウに会いたいものですね。見かけたら私も大喜びしてしまうと思います(笑)。

  1. 2017/08/18(金) 21:18:24 |
  2. URL |
  3. Sippo☆
  4. [ edit ]
お盆休みの日曜日><
私だったら絶対遠出は避けると思います・・・(苦笑)
でも、でも、
凄い成果でしたね!!

ゴマシジミの翅表はこんなに綺麗な
青い花火なんだ。

拍手☆

  1. 2017/08/19(土) 14:17:34 |
  2. URL |
  3. clossiana
  4. [ edit ]
昨年の雨中、20km行軍に匹敵するすさまじさですね。ちょうどTVで“戦慄のインパール作戦”を見終わった後でしたので、そういう「大和魂が未だ残っていたのか」と軟弱な私は恐れ入りました。でも苦労された甲斐がありましたね。沢山の成果ですが、中でも一番、すごいと思いましたのはアカセセリやスジグロチャバネと園芸植物との組み合わせです。まさに異次元の世界ですね。それと似ていますが最後のゴマの写真。これはブロンテの「嵐が丘」を連想させました。荒涼としたスコットランドにアリオンゴマシジミ。すぐにでも雷鳴が轟きそうです。クジャクの幼虫は子供の頃にはよく飼っていた筈なのに「あれっ、こんな綺麗な青紋があったっけ?」と何も見ていなかったことを痛感させられました。

Re: タイトルなし

  1. 2017/08/20(日) 09:08:31 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>Sippo☆ さん
また遅レスになってしまいました。すみません。
ですよね〜。普通行きませんよね〜、この日は。
完全にナメていました(汗;)。
でもおっしゃるように色々な蝶に出合うことができて成果としては満足しています。
ゴマシジミの「青い花火」、今年も満喫できて良かったです。
この色柄は何度見ても飽きません。

Re: タイトルなし

  1. 2017/08/20(日) 10:12:22 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>clossiana さん
コメントありがとうございます。また昨年の行軍の事まで覚えていて下さりありがとうございます。
「インパール作戦」やっていたようですね。少数の人間のつまらない意地が多くの犠牲を強いた典型的な例。
今でも世界中の出来事はほとんどこの法則で動いているような気がしますね。
私は軟弱者で「大和魂」は持ち合わせていません。せいぜいゴミムシダマシ〜くらいです(ゴミムシダマシさんごめんなさい)。
ところで民家の庭先で、都会でもよく見かける園芸種にやってくるこれらの蝶、この高原ではよく見かける風景です。
花がよく植えられていてかつ環境の破壊があまり進んでいないのでしょうね。
「嵐が丘」は映画の方を断片的に見た程度ですがおっしゃる事よくわかります。
日本人は比較的誰もがそうかと思いますが、南方の豊かな自然と北方の荒涼とした自然、両方に憧憬を抱きます。
ラストのゴマはそういった意味では北方の寂寥感も表現したかったので意図をご理解下さって嬉しい限りです。

  1. 2017/08/20(日) 16:09:34 |
  2. URL |
  3. maeda
  4. [ edit ]
皆さん、良く粘れますね!私は渋滞が我慢できないため、昼過ぎには何時も帰るようにしています。半日遊べば後はゆっくり飲んで居れば良いと考えています

Re: タイトルなし

  1. 2017/08/21(月) 14:34:23 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>maeda さん
コメントありがとうございます。
私もそう思います。
私も以前は半日遊んで帰って一杯というのがお決まりのようになっていましたが、同行の方々の粘りに引っ張られてなんとなく夕方までうろうろする事が増えました。
すると帰りがけに何かが起こる確率も高いんです。
今シーズン早く帰れたのは悪天候だった日1回きりでした(笑)。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2019 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30