FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

         先週土曜日、町田のSさん、Akakokkoさん(CLICK)と共に石川県にコムラサキの撮影に行ってきた。
         能登半島のコムラサキは北上するほど黒化型、いわゆるクロコムラサキの発生比率が高くなることで知られ
         るが、今回は半島のかなり深部まで北上し、クロコムラサキの発生比率がほぼ100%という地域での撮影。
         私は初めて訪れる場所だったので本当にそんな場所があるのかと半信半疑だったが、この日見かけたコムラ
         サキは黒化の程度差こそあれ全てクロコムラサキであった。

         1日で1000キロを越す走行距離はさすがにこたえるが、一度見てみたいと思っていた能登のコムラサキに
         会うことができたので疲れも全く気にならなかった(ウソです)。
 
         御同行下さった皆さん、運転本当にお疲れ様でした。私のスケジュールに合わせての日帰り強行、申し訳あ
         りませんでした。お詫びとお礼申し上げます。


 
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         心配された天気も現地につく頃にはまずまず回復し、ヤナギの林にSさんが秘蔵の「10年ものバナナ+ブ
         ランデー少々」という恐るべきトラップを吊るすとすぐにコムラサキがやってきた。本当にクロコムラサキ
         だ。早速メスにちょっかいを出している。オスの口吻が自分の脚に巻き付いているが何故だろう?



 17em1_1P8190197.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         別個体。明るめだがやはりクロコムラサキである。



 17em1_1P8190824.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         上と同じ個体だと思っていたがよく見ると違うような・・・トラップにやってきた。



 17em1_1P8190417.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         ヤナギの幹で2頭が顔を突き合わせて樹液を吸っている。



 17em1_1P8190669.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         角度がうまくとれず、なかなか思うように紫色を出すことができない。



 17em1_2P8190007.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         ならばいっそのことメス狙いで、とメスにカメラを向けた。



 17em1_1P8190741.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         メスはオスよりも一回り大きくとても立派に見える。よく見るとタテハの魅力を存分に備えた美しい姿であ
         る。



 17em1_2420P8190043.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         上と同じメス。遠くのクルミの樹に飛んで行ってしまったが、それでも存在感を放っている。



 17en1_1P8191107.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         道路に張り出したクルミの葉上でテリ張りするオス。



 17em1_1P8190932.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         同上。



 17em1_1P8190905.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         同上。



 17em1_2P8190110.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         崖の縁に止まった。



 17em5_tP8190007.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO>
         クズの葉に止まったクロコムラサキ。この日撮影した中では一番紫色が出た方である。
         今回は撮影できなかったが、この地域ではさらに黒化の進んだタイプも発現するはずなのでいつかまたチャ
         レンジしてみたいと思った。


         11時くらいでコムラサキを終了し、時期ではないが海岸線のシルビアシジミを探しに行くことにした。





         
スポンサーサイト




  1. / trackback:0
  2. / comment:8
  3. [ edit ]

  1. 2017/08/22(火) 17:23:33 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
クロコムラサキ、行かれたのですね。
そういえば、最近は静岡の方にもご無沙汰です。
Sさん秘蔵のトラップというのがあるのですね~。
これならコノハチョウなんかもすぐきそうですね。
怪しい輝きで、見慣れたコムラサキとは一味違いますね。

Re: タイトルなし

  1. 2017/08/22(火) 21:21:51 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> ダンダラ さん
はい、行って参りました。
クロコムラサキは私もこのところ全く撮影していませんでした。
でも能登地方の黒化の激しい個体はどうしても見て見たかったので無理して行ってみた次第です。
結果は漆黒というのには会えませんでしたが、天龍水系などで見かけるクロコよりはちょっと黒いなという個体には会えました。
現地の土地勘も少しは身についたのでいつかまたチャレンジしてみたいなと思っています。
Sさん秘蔵のトラップの威力はてきめんでした。キマダラヒカゲもやってきていたので多くのタテハチョウに効果がありそうですね。

  1. 2017/08/23(水) 07:33:14 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
能登は遠いですが、100%はすごいですね。
静岡だと多くみて2割くらいでしょうか。
クロコムラにもレベルがあるのですね。
更に黒い個体も興味ありますが、紫を綺麗に写すのが難しいですよね。
なぜか普通のコムラサキのように地面に止まる雄を見ない気がします。

Re: タイトルなし

  1. 2017/08/23(水) 15:17:13 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> BANYAN さん
能登半島の奥の方はさすがに遠いですね。
1人だったら日帰りでは絶対行かないと思います(笑)。
静岡だと、多い所でも確かに2割くらいかもしれませんね。そういう点ではここは特異的です。
言われてみればクロコムラサキは地面に止まる事が少ないような気もします。
ここのコムラサキも全体に他の地域の見慣れたコムラサキとちょっと行動が異なるような気もしました。
まあ、一度見たきりなのでなんとも言えませんが。

  1. 2017/08/23(水) 19:13:40 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
一日1000kmの強行突破お疲れ様でした。
成果を拝見して、なるほど、これは行くな...と思いました(笑)!!
撮影角度により微妙な色彩の違い...これは惹きつけられて当然です。
発生比率が100%というのが凄い!!
個人的には、下から4枚目の全開翅。う~ん、きれい(*^_^*)!!

Re: タイトルなし

  1. 2017/08/23(水) 20:42:27 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>midori さん
こんばんは。
いやいや、1000km超えはさすがに長いですね。
毎日こんな事をやっている長距離ドライバーの方々の体は一体どうなっているのだろうと思いました。
でもおっしゃる通り、それだけのことはありますね。
黒々とした地色の中に怪しく光る幻光の青紫色。確かに魅力的でした。
機会があれば是非ともまた行ってみたいものです。

  1. 2017/08/24(木) 15:25:00 |
  2. URL |
  3. clossiana
  4. [ edit ]
う~む、実に妖しい色合いですね。同じ蝶なのに普通のコムラサキとは格が違って見えるから不思議です。それにしても片道、千kmとは修業僧のような長い道のり。。どの道も究めるのは大変ですね。でも、そうした苦行の甲斐がありましたね。ところでbanyanさんが仰られている行動の違いは興味深いですね。能登産はわかりませんが天竜川水域はウラナミジャノメに合せて9月、普通のコムラサキを見かけるのは普通は6~7月ですから時期の違いもあるのかな?機会があれば6~7月に天竜川へ行ってみたいです。

Re: タイトルなし

  1. 2017/08/24(木) 21:01:48 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>clossianaさん
コメントありがとうございます。
さすがに能登は遠いですね。
クロコムラサキの出現率100%という発生地を尋ねると、
クロコムラサキとコムラサキの関係が黒化型の単なる劣性遺伝では済ますことができないような気がしてきます。
観察していても微妙なところなのですが、なんだか行動も違うような気がします。
私も静岡のクロコムラまたじっくり観察してみたいなと思いました。


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2019 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30