FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

         前日と同じ機材で、前日と同じ場所のほぼ同じ時刻に同じような写真を撮ってみる。こんな写真が撮りたい
         という漠然としたイメージはあってもなかなか思うようにはいかないものだ。
         同じ人物が通ることもなく(仮に通っていたとしても気づかないだろうし)、行き過ぎる人々の後ろ姿を追
         っていると年甲斐もなくなんとなく無常を感じてしまう。

         撮影は全て
         <FUJIFILM GFX 50S / SMC TAKUMAR 6×7 105mm f2.4>

         



         170825gfxDSCF6123.jpg



         170825gfxDSCF6149.jpg



 170825gfxDSCF6175.jpg



 170825gfxDSCF6190.jpg



 170825gfxDSCF6222.jpg



         170825gfxDSCF6255.jpg



 170825gfxDSCF6277.jpg



 170825gfxDSCF6279.jpg



         170825gfxDSCF6285.jpg



         170825gfxDSCF6303.jpg






スポンサーサイト




  1. スナップフォト
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

  1. 2017/08/31(木) 15:34:49 |
  2. URL |
  3. clossiana
  4. [ edit ]
宮益坂上には、その昔はちょくちょく通っていましたね。言わずと知れた「志賀昆」が目当てでした。その当時は昆虫関係の新刊本を購入するには一番、便利だと思い込んでいたのです。今、思えば本を買うなら、もっと別の店の方が良かったのに。。甲虫をやっていたわけでもないのに酢酸エチルを買って、時々、その匂いを楽しんだりしていましたから当時から正常ではなかったみたいです。

Re: タイトルなし

  1. 2017/08/31(木) 22:00:51 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> clossiana さん
コメントありがとうございます。
そうですねえ。関東の虫屋にとって滋賀昆虫社はメッカのような所でしたね。
滋賀卯助(字、これでいいんでしたっけ?)さんの笑顔や名物お婆ちゃんが懐かしいです。
時々すっごい標本なんかも並んでいて目を瞠ったものです。
書籍についてはよくわかりませんが、「昆虫と自然」はよく滋賀昆で買っていました。

酢酸エチル・・・、毒瓶に入れるやつですね。
でもあれって殺傷力が弱く昆虫がなかなか死なないのであまりに可哀想ですぐやめてしまいました。
蛾などは死ぬまでにボロボロになってしまいますし。
胴体の太い蛾についてはその後アンモニア水の注射という手を覚えましたが、それは逆にあまりに即死なので可哀想になってしまいましたね。
結局中学生で標本作りはほぼやめてしまいましたが、確かに酢酸エチルの匂いは今でもはっきり覚えています。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2019 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30