FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

            用事を終えて遅めの昼食をとってから再度早稲田大学のキャンパスに入り、午前中見られなかっ
            た大隈庭園に入ってみた。

            171113α72ameDSC05085
            <SONY α7II/Leitz Apo Macro Elmarit R 100mm f2.8>
            庭園に入ってすぐのところに季節咲のサクラの花が咲いていた。



 171113α72ameDSC05087
            <SONY α7II/Leitz Apo Macro Elmarit R 100mm f2.8>
            ピンク色の可愛らしい花がたくさん咲いていて実に愛らしい。



 171113α72ameDSC05094
            <SONY α7II/Leitz Apo Macro Elmarit R 100mm f2.8>
            サクラの花の上には大隈記念講堂の塔の頭が見えている。鬼ヶ島?



 171113α72ameDSC05095
            <SONY α7II/Leitz Apo Macro Elmarit R 100mm f2.8>



            171113α72ameDSC05100
            <SONY α7II/Leitz Apo Macro Elmarit R 100mm f2.8>



 171113α72ameDSC05107
            <SONY α7II/Leitz Apo Macro Elmarit R 100mm f2.8>
            ソテツが植えられていたのでクロマダラソテツシジミの食痕を探したがそれらしきものは見当た
            らない。ソテツの奥の方に彩色された鐘楼が立っているのが見えた。



            171113α72ameDSC05104
            <SONY α7II/Leitz Apo Macro Elmarit R 100mm f2.8>
            韓鐘閣



            171113α72ameDSC05112
            <SONY α7II/Leitz Apo Macro Elmarit R 100mm f2.8>
            韓国風の鐘楼に吊られた梵鐘は、朝鮮半島新羅最盛期の王の一人であった聖徳王(在位 702
            年〜737年)が作らせた「奉徳寺神鐘」を縮小して作ったレプリカで、早稲田大学開校100
            周年を記念して韓国校友会から寄贈されたものだそうだ。オリジナルは韓国の国立慶州博物館の
            庭にある。
            俗に「聖徳大王神鐘」と呼ばれるこの鐘にはさらにもう一つ有名な名前がある「エミレの鐘」と
            いうのがその名前。
            私はその名前の謂れを知らなかったのだが以下のような伝説があるらしい。

            鐘の鋳造を行なっていた時に失敗が続き、それでは生贄を捧げようということになってある子供
            を鋳造窯の中に投げ入れてしまった。子供は「エミレ〜(お母さん)」と叫びながら熔けた鉄の
            中に消えていった。そして不思議なことに今度は鋳造がうまくいき、めでたく鐘が完成。しかし
            その鐘を突いてみると「エミレ〜」という音が響いたという。



 171113α72ameDSC05119
            <SONY α7II/Leitz Apo Macro Elmarit R 100mm f2.8>



            171113α72ameDSC05125
            <SONY α7II/Leitz Apo Macro Elmarit R 100mm f2.8>



            171113α72ameDSC05128
            <SONY α7II/Leitz Apo Macro Elmarit R 100mm f2.8>



            171113α72anguDSC05133
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Super Angulon R 21mm f4>
            鐘楼の方は鐘の寄贈から25年後に、やはり韓国校友会から寄贈されたものだそうだ。
            韓国の鐘楼は日本のそれより鐘を吊るす位置が低く、音響をよくするため鐘の直下の石床を擂り
            鉢状にえぐるという特徴がある。



            171113α72ameDSC05121
            <SONY α7II/Leitz Apo Macro Elmarit R 100mm f2.8>



 171113α72anguDSC05144
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Super Angulon R 21mm f4>



 171113α72anguDSC05152
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Super Angulon R 21mm f4>



 171113α72ameDSC05116
            <SONY α7II/Leitz Apo Macro Elmarit R 100mm f2.8>
            鐘の撮影に夢中になっていたら林の中から誰かがこちらを見ているのに気づいた。誰かと思った
            ら孔子さんだった。



 171113α72anguDSC05155
            <SONY α7II/Leitz Apo Macro Elmarit R 100mm f2.8>
            池に架かる石橋のテクスチャーが面白かった。形もすっきりしたほぼ長方形できれいだ。



 171113α72anguDSC05157
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Super Angulon R 21mm f4>
            池の奥は築山となっていて、椎か樫か、こんな樹が大きく枝を伸ばしていた。



 171113α72anguSC05165
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Super Angulon R 21mm f4>
            庭園外れにある「完之荘」という飛騨の古民家の前の飛び石。



            171113α72anguDSC05169
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Super Angulon R 21mm f4>
            中央の芝生を横切って入口に戻る。芝生に敷かれた石の並びにも独特のデザインが施されていて
            見逃せない。この日はまだ暖かかったので学生が芝生の上に寝転んでいた。



 171113α72ameDSC05173
            <SONY α7II/Leitz Apo Macro Elmarit R 100mm f2.8>
            庭園を後にした。入口にはカフェがある。



            171113α72ameDSC05179
            <SONY α7II/Leitz Apo Macro Elmarit R 100mm f2.8>
            大隈記念講堂の裏手の道はちょっと暗いが雰囲気がいい。



 171113α72anguDSC05178
            <Sonyα7Ⅱ / Leitz Super Angulon R 21mm f4>
            この道の傍らにはこんな石像も。1800年台初頭から中期作の韓国の「童子石」というもので
            『男の子を象った墓前に立てる石像。墓の守り主であり死者の世話をするという』との解説が添
            えられていた。



 171113α72ameDSC05185
           <SONY α7II/Leitz Apo Macro Elmarit R 100mm f2.8>
           大隈記念講堂正面にて。この講堂の外壁に使われているタイルは全て信楽で手焼きされたものだそ
           うだ。
           光のきれいな瞬間でお気に入りの1枚になったが、1枚1枚のタイルの微妙な表情が写真に面白さ
           を与えてくれているのではないかと思う。



 171113α72ameDSC05194
           <SONY α7II/Leitz Apo Macro Elmarit R 100mm f2.8>
           講堂前から東門に向かい早稲田大学を後にした。





スポンサーサイト




  1. 風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -