FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

         17日の日曜日、町田のSさん、 Akakokkoさん(CLICK) と共に新潟のチョウセンアカシジミと福島のキ
         マダラルリツバメを撮影に行ってきた。
         当初の予定では西方に遠征してヒサマツミドリシジミやキマダラルリツバメを探す予定だったが、そちらは
         天気が悪そうなので集合してから急遽予定を変更しての北方遠征だった。


 
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         新潟県の平野部はのどかな田園風景で素敵なところだが、この日は朝からけっこう気温が高く、ビーティン
         グで降りてくる蝶の数も少なめ。最初に下草に降りてくれたのはミズイロオナガシジミだった。
         今年の初撮りで、これでようやく横浜でも見られる平地性ゼフィルス6種をコンプリートできた。



 180617em140P6170033.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         柿の葉の上にはウラミスジシジミもいたがこれ以上は降りてきてくれなかった。


         
 180617em1300P6170152.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         チョウセンアカシジミは数は多かったがほとんどがメスでしかも擦れた個体ばかり。予想はしていたがこう
         的中するとあれま、という感じ。3人でなるべく綺麗な個体を探してみる。



 180617em1300P6170175.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         途中からダンダラさん(CLICK)御夫妻も到着され、5人で賑やかに撮影した。



 180617em1300P6170866.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         あまり動かない蝶なのでなるべく背景が綺麗そうな位置、角度を狙う。



 180617em1P6171091.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         何をしても開翅の気配がないのでプロキャプチャーや連写でどうにか表を写しとる。これは何かに驚いて一
         瞬の開翅を数回繰り返した時にプロキャプチャーで撮影。



         180617em1300_tP6170354.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         暗い場所が多くピントが合っても飛び出しはなかなかクリアには撮れない。



 180617em1300_tP6170456.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         明るい場所ではやはりシャープに撮れる。



 180617em1300_tP6171306.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         これは多分雄。


         昼過ぎにチョウセンアカシジミを切り上げて福島県に向かった。思ったよりは時間がかからず3時前に到着。


 180617em1300P6174234.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         現地に着くと久しぶりにお目にかかる midoriさん(CLICK)maximiechanさん(CLICK)yodaさん、
         (CLICK)

         川崎の Mi さんやあきる野の Ka さんなど多くの知人や見知らぬ大勢の方々、総勢20名余りがすでにスタ
         ンバイしキマダラルリツバメの登場を待っておられた。
         飛び始めたのは4時近く。個体数は多くはなく、大勢で1頭を取り囲む撮影になった。それにしても福島県
         のキマダラルリツバメを見るのは何年ぶりだろう。おそらく10年近く見ていないと思う。
         苦労してポイントを探していた頃のことが思い出される。



 180617em1420P6171842.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         あとは同じような写真ばかり。特に書くこともないが、やっぱり福島のキマダラルリツバメは青が広がって
         きれいだ。撮影を共にされていた方々からも感動の声が漏れることが多かった。

         



 180617em1420P6171923.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>



 180617em1420P6172030.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>



 180617em1420P6173163.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>



 180617em1210P6172492.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>


         Sさん、Akakokko さん、御同行ありがとうございました。遠路でしたが3人だとだいぶ楽ができていいで
         すね。
         そして当日お目にかかった皆さん、撮影中は大変お世話になりました。お礼申し上げます。





スポンサーサイト

  1. / trackback:0
  2. / comment:12
  3. [ edit ]

  1. 2018/06/21(木) 21:34:11 |
  2. URL |
  3. Sippo☆
  4. [ edit ]
チョウセンアカシジミは艶やかな模様が印象的ですね!
チョウセンって、朝鮮??
翅を開くとウラギンシジミを連想してしまいました!!
キマダラルリツバメも素敵ですね!
地域によって色合いも違うんですね。
福島が最も住みやすいのでしょうか!
拍手☆

  1. 2018/06/22(金) 08:53:11 |
  2. URL |
  3. Farfalla
  4. [ edit ]
キマダラルリツバメ青が広がって素晴らしい個体
ですね。これだけ美しいとただ、うっとりするば
かりです。ギャラリーもかなり多かったようです
ね。チョウセンアカシジミも飛翔写真が美しいで
す。

  1. 2018/06/22(金) 09:51:22 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
当日はお世話になりました。
おかげさまでチョウセンアカシジミのポイントの様子もよくわかりました。
キマルリもきれいな個体でよかったですね。
チョウアカ、キマルリの飛び出しが素晴らしいです。

Re: タイトルなし

  1. 2018/06/22(金) 14:10:53 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>Sippo☆ さん
チョウセンアカシジミはよ〜く見るとなかなかきれいな蝶ですね。
現在では人為的な移植で新潟県でも分布域が広がりましたが、もともとは東北のごく限られた場所だけに生息してた蝶です。
「チョウセン」は「朝鮮」。この蝶が最初に発見されたのが朝鮮だったのでこの名前がついたと聞いていますが、
大陸の蝶が日本の東北地方だけに生息しているというの面白いですね。
キマダラルリツバメは東北産ではブルーが広がる傾向があり、西の方では黒化傾向が強いようです。
福島県の一部では保護されていることもあり撮影し易いですが、本場はむしろ近畿から中国地方にかけてはないかと思います。

Re: タイトルなし

  1. 2018/06/22(金) 14:25:37 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>Farfalla さん
東北のキマダラルリツバメはブルーが広がって目の覚めるような美しさですね。
西の方ではなかなかこういう個体にはお目にかかれないと思います。
おっしゃる通り、うっとりしながらの撮影でした(笑)。
ギャラリーはこの10年で数倍に増えた気がします。必然的に長いレンズで後ろの方から狙うショットが多くなります。
チョウアカは全然開いてくれないので苦肉の策の飛翔画像でした。
美しいと言っていただけて嬉しい限りです。

Re: タイトルなし

  1. 2018/06/22(金) 14:42:06 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>ダンダラ さん
こちらこそお世話になりました。お目にかかれて嬉しかったです。
個展の時以来だったのにお礼を言いそびれてしまいすみませんでした。
チョウセンアカシジミ、他の産地でもそうですがああいう狭い生息地で命をつないでいけるとはなかなか強かな蝶ですね。
次回は是非新鮮な個体を撮影したいものです。
キマルリは思ったより個体数が少なかったですね。
古いポイントなども見に行ってみたいですが、あそこまで行くとなるとなかなかリスク負えません(笑)。

  1. 2018/06/22(金) 19:53:38 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
チョウアカは、さすがゼフって感じです。
やはり、このオレンジには惹かれてしまいます。
メスの飛び出し、素晴らしいーです。

キマルリ地では、楽しい数時間になりました(*^_^*)。
楽しかったです。ありがとうございました。

飛び出し、ナイスタイミング!!

Re: タイトルなし

  1. 2018/06/23(土) 10:14:28 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>midori さん
大人しそうなチョウアカですが夕方の乱舞は激しいようですね。
私は見たことがないのでいつか体験してみたいと思っています。
裏も表も独特の色をしているので実は魅力的な蝶だと思うのですが
撮影が簡単なためかあまり真剣に追いかけようと思わないきらいがありますよね。
この日は開翅がなかったので飛び出しなども狙ってみました。

キマルリでは本当にお世話になりました。
何度見ても夢見心地にしてくれる美蝶の中の美蝶と言えますね。
久しぶりにお目にかかれて嬉しかったです。

  1. 2018/06/24(日) 10:21:14 |
  2. URL |
  3. clossiana
  4. [ edit ]
キマルリは登場時間が遅いので登場するまでの間に皆さんがどのように時間を過ごされているのか?に興味があります。因みに我々コンビは柳津町のソースカツ丼、水蕎麦あたりでしょうか。。
キマルリのテリ張りの飛翔はコツバメと同じように目まぐるしく飛び回りますが何故か、コツバメとは違って、それを目で追えるのです。何でだろう?

  1. 2018/06/25(月) 04:01:46 |
  2. URL |
  3. yurin
  4. [ edit ]
チョウセンアカシジミの飛び出し、迫力がありますね!
明るい場所で撮影されたお写真は、とても鮮明で凄いです。
そして、キマダラルリツバメの飛び出し!
ピントの決まり、美しいですね~♪
まだ一度しか撮影したことがなく飛んでいる写真は撮れませんでしたので、次の機会には挑戦してみたいと思います。

Re: タイトルなし

  1. 2018/06/26(火) 07:12:17 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>clossiana さん
連続コメントありがとうございます。
福島県のキマルリ待ちの過ごし方ですか・・・いくつか考えられますね。
1、栃木でオオヒカゲを撮影してから北上する。
2、新潟でチョウアカなどのゼフィルス、オオヒカゲなど狙ってから東進する。
3、キマルリポイントをあちこち回ってなんとか吸蜜個体を探す(成功したことなし、だいたい飽きて日陰に車を入れて昼寝)。
4、思い切り寝坊してから出発する。
5、clossiana さんのように近隣で美味しいものを食べて時間を潰す。
今の所こんな感じです。
飛翔時、コツバメよりキマルリの視認性が高い理由・・・
1、キマルリの方がほんの少し大きい。
2、キマルリは裏が白っぽいので飛んでいると裏が黒っぽいコツバメより少しチカチカと光って見える。
3、キマルリはいちおう珍蝶なので必死に見失わないように務める。
私としてはこんなところでしょうか。

Re: タイトルなし

  1. 2018/06/26(火) 07:47:39 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> yurin さん
ありがとうございます。
チョウアカ、この日はやたら天気が良かったせいか全く開翅がなく、仕方ないので飛び出しなどで表を写しました。
オスが写っていたのは帰ってモニターを見てから気付きました。裏だけだと今一つ雌雄がよくわかりませんね。
キマルリが飛んだところはその上の写真の時から連写していて偶然撮れたものです。
最初から飛び出し狙いの時はもっとずっと引いて撮ります。
キマルリは生態も面白いですが、裏の模様にトラ型とかH型とかの変わり種もあり本当に魅力的な蝶ですね。
戻られたら是非また撮影に行ってみて下さい。



 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2018 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -