FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

         火曜日にbanyanさん(CLICK)からハヤシミドリシジミの撮影のお誘いを頂いたのにメールに気づくのが遅
         かったためスルーしてしまった(banyanさん、すみませんでした)。
         でもハヤシミドリシジミのオスの開翅は満足に撮ったことがないので是非行ってみたい。ということで金曜
         日の朝、仕事前に撮影を済ませる作戦に。何人かの方に声を掛けたが皆さんお忙しいようで結局1人で行く
         ことになった。
         だが、そうなるとここに重大な障害が・・・ビーティング用の竿が・・・ない ! と、前日の夕方になって
         気が付いた。

         以前持っていた竹竿は古くなって捨ててしまって、それからはビーティングは他人任せでこの数年を過ごし
         てしまった。そういう怠慢のツケがこういう時に回ってくる。
         出かけるのは早朝だからネット買いは間に合わない。仕方ないので近所の釣具屋さんを調べて行ってみたら
         小さいお店であまりロッドの種類がなかった。結局穂先を入れて 4.5m の万能竿 980円也、を購入。いかに
         も短いし頼りないが、何も持っていないよりはマシだろう。


                             980円の万能竿「郷春」



   180622em140P6220004.jpg   180622em140P6220007.jpg
         この晩は眠れなかったので夜中の2時40分に出発。途中の林道ではアナグマさんの歓迎に喜んだりしながら
         現地に着くと満天の星空だ。レリーズは持っていないので長時間露出は難しいが30秒くらいの露光で何枚
         か撮影した。


            180622em1210P6220010.jpg
            <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
            歩き始めると日が昇ってきた。



              180622em1210_tP6220010.jpg
          <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4× トリミング>



 180622em1210P6220153.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         ポイントに着いて早速新調した竿でペシペシやってみるとすぐに3頭のゼフィルスが降りてきた。この1頭
         は大きな個体だったのでてっきりハヤシミドリシジミだと思っていたのだが、途中でオオミドリシジミと気
         が付いた。まあ、どちらにせよ開翅してくれたら嬉しいのだが。



 180622em540P6220015.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         もう1頭はハヤシミドリシジミのオスでギボウシの葉の上に止まった。



 180622em1210P6220198.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         待つこと1時間余、先に翅を開いたのはオオミドリシジミだった。



 180622em1210P6220229.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         若干の擦れはあるが充分綺麗だ。この時後ろでガサガサと音がしたので振り向いて見たら誰かがカシワの木
         をビーティングしている。
         ここでオオミドリ開いてますよ、と教えてあげようと思ってよく見たら採集者だった(汗;)。
         この開翅の角度は飛び立つ前の感じ。案の定、もう1度後ろを振り向いて視線を戻した時にはもういなくな
         っていた


         この辺りで撮影の方が2人やってこられた。1人は霧島緑さん。知った顔が見られて嬉しかった。お2人は
         止まっているハヤシを撮影されてから奥の方のビーティングに向かわれた。


   180622em1210_tP6220284.jpg   180622em1210_tP6220305.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         オオミドリシジミの開翅からさらに40分後、ようやくハヤシミドリシジミが翅を開いた。ハヤシミドリシ
         ジミの翅表・・・やはりきれいだ。



 180622em1210P6220387.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         こちらも若干の擦れはあるが私としてはこれで充分。姿勢はやはり飛び立ち前の感じ。体毛に褐色味がなく
         淡いグレーなところも魅力的だ。



 180622em1210P6220433.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         こちらも一瞬目を離した隙に飛んで行ってしまったようで見えなくなってしまった。



 180622em5210P6220034.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         霧島緑さんと合流して一緒に探索したがこの後は降りてくるのはメスばかり。やはり晴天ではオスは厳しい
         ようだ。



 180622em5210P6220048.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4×>
         でもメスもきれいだ。超新鮮な個体に改めてその魅力を思い知らされる。


         お世話になった霧島緑さんに御挨拶し、7時前にはポイントを後にした。帰路高速道路で事故があったりし
         て時間がかかったが、なんとか仕事にも間に合った。ということで頼りない竿でもなんとか役に立ってくれ
         た。価値ある980円であった。







スポンサーサイト

  1. / trackback:0
  2. / comment:13
  3. [ edit ]

  1. 2018/06/23(土) 15:19:10 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
4.5メートルでも大活躍でしたね。
僕は6メートルちょっとですが、もう少し長いのが欲しいところです。
それにしても綺麗なウルトラマリンで羨ましいです。
僕には全く擦れていないように見えます。(笑)
雌も綺麗ですね。
明日の再挑戦で何とかしたいです。

Re: タイトルなし

  1. 2018/06/23(土) 16:33:51 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>BANYAN さん
この度はお世話になりました。感謝しております。
私も長い竿が欲しかったのですが選択肢がありませんでした。
たまたま低いところに止まっていてくれたので4.5mでもなんとか届きました。
そして上昇するのを抑えるのには短くて軽い竿は使い勝手がいいですね。以前の竹竿では全くできませんでした。
ハヤシの翅表は本当に美しいですね。すっかり虜になりました。
明日の成果を祈っております。

  1. 2018/06/23(土) 23:40:20 |
  2. URL |
  3. Garuda→あーとまん
  4. [ edit ]
本日4m竿で叩いてきましたw

先端近くが割れてるので買い替えを検討していましたが、5~6m(仕舞寸40~50cmに収まるので携帯性が良い)にしようか、7~8m(仕舞寸60~70cmでちょっと邪魔)にしようか迷った末に、とりあえず4mで叩いてみようと思って持っていきました。
確かにちょっと足りないと思いましたが、4mでもそれなりに出てくれましたので、5~6mので良いやと思いました。

問題は、早朝から出かけられないので昼間だったのですが、雨混じりの天気なので昼間でも大丈夫かと思ったのに、叩き出しても降りてきません。降りてくれたのは2頭(♀)だけでした。やはり早朝でないと駄目なのでしょうか。(だったら、買い替えるのは勿体ないかも)

  1. 2018/06/23(土) 23:43:27 |
  2. URL |
  3. Garuda→あーとまん
  4. [ edit ]
ところで、「上昇するのを抑える」というのは何ですか。
それがもしかしてキモなのでしょうか。
叩いて、出てきたらどこに降りるか注視する、ではない?
(他人が叩いているところを見たことないなあ)

  1. 2018/06/24(日) 10:04:03 |
  2. URL |
  3. clossiana
  4. [ edit ]
そんな時間に出動したのですか。気合が入っていますね。我々コンビとは生きている時間帯が全く違っています。我々コンビの方はその同じ日のちょうどnaoggioさんが帰還された頃の時間帯にようやく“あの場所2ヶ所”へと出動しました。でもやはり時間ではなくて時期が遅すぎたようでした。
ハヤシとウラジロは子供の頃には自転車で十数分くらいのところにゴマンといましたが、こうして翅表を見ることなど無くて、その前にネットを振り回していました。よそ様の墓石の上に登って。。

  1. 2018/06/24(日) 18:29:25 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
相変わらず、というか驚きの早起きですね。(あ、寝ていないんでしたね)
ても、その結果素晴らしいハヤシミドリシジミの翅表の輝きですね。
その後お仕事というのもびっくりです。

  1. 2018/06/25(月) 04:08:54 |
  2. URL |
  3. yurin
  4. [ edit ]
ハヤシミドリシジミのウルトラマリンは、輝くというよりも、吸い込まれそうな深みを感じます、美しいですね~♪
色合いの素晴らしさにスッカリ魅せられてしまいました。
新鮮な雌♀の開翅も綺麗ですね。

Re: タイトルなし

  1. 2018/06/26(火) 06:21:38 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>Garuda→あーとまん さん
お早うございます。レス遅くなってしまって申し訳ありませんでした。
長竿については私は詳しくありませんが以下のことが考えられます。
まず上昇を抑えるということについてお答えしますと、飛び出した蝶の上で竿を振って蝶が上に昇ってしまうのを防いで下草に下ろす、
ということです。
ゼフィルスは自分の上(30cm~2mくらい)で竿が振られるとけっこう気にしますので下に逃げ降りてくる確率が圧倒的に高くなります。
それを踏まえて竿の選択を考えた時に
7〜8mの竿はけっこう高枝まで届くので叩き出しにはいいですが重く長いので振り回しには骨が折れます。
5〜6mの竿は長さには不満が残りますが仕舞寸も短くバランス的には好ましいです。
今回私が買った竿は長さはないので下の方の枝しか叩けませんが細くて軽いので出た蝶の上で竿の先端を振り回すには楽でいいです。
採集ですと太く長い竿が必要でしょうが、撮影者には軽い竿の方が向いているような気がします。
鮎竿は長くて軽いものがあるので一石二鳥かもしれませんが高価なものが多いようですね。

Re: タイトルなし

  1. 2018/06/26(火) 06:37:43 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> clossiana さん
コメントありがとうございます。遅レスで申し訳ありません。
はい。一度寝たのですが眠れなくなってしまい出かけてしまいました。
でもそれが良かったようで、結局ビーティングでオスが降りてきてくれたのは5時前の1回だけでした。
カミキリ探し行かれたんですね。う〜ん、さすがに遅かったですか、残念です。
墓地を取り囲むカシワ林は絶好の環境のような気がします。
さぞたくさんのハヤシ、ウラジロがいたのでしょうね。clossiana さんのそんな少年時代が羨ましいです。

Re: タイトルなし

  1. 2018/06/26(火) 07:26:11 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>ダンダラ さん
遅レスですみません。
私は気が弱いせいか何かイベントのある前日は眠れなくなってしまうことが多いです。
またW杯のある年には睡眠のリズムが狂ってしまうことが多いですね。
でもお陰で久々に満点の星空を見上げることができ、なんとかハヤシの表も撮影できて本当に良かったです。
仕事には行きましたが眠くて眠くて、結局仕事場で30分ほど昼寝しました(笑)。

Re: タイトルなし

  1. 2018/06/26(火) 11:13:28 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> yurin さん
連続コメ、ありがとうございます。
ハヤシミドリシジミの翅表も他のゼフィルス同様、向きや光線によって様々な色に変化すると思いますが、
この深みのあるブルーは他の蝶では見た記憶がありません。
おっしゃるように本当に吸い込まれそうな色彩で、ファインダーで見ていても不思議な気分になりますね。
日本のゼフィルスの中でも美麗種と言ってよいのではないかと思います。
メスも新鮮だと本当にいい感じで、深みのある褐色にうっとりさせられますね。

  1. 2018/06/26(火) 12:43:11 |
  2. URL |
  3. akakokko
  4. [ edit ]
新鮮なハヤシのブルーは格別ですね。
こんなのが撮りたいんです。
平日も時間調整ができるのが、羨ましいです。
来年こそは!

Re: タイトルなし

  1. 2018/06/27(水) 08:39:10 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>akakokko さん
そうですね。数多くのゼフィルスの中でも特別な色、吸い込まれるような夢のような色と言えるかもしれません。
一人だと効率が悪いので次回は是非ご一緒しましょう。
長野県ならまだこれからチャンスがあると思いますのでタイミングが合えば行ってみたいですね。
平日時間が取れるのは爺いの特権?でしょうかね(笑)。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2018 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -