FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

今日はまだ体調万全ではなかったのですが、八ヶ岳山麓にヒメギフチョウを探しに行きました。
けれども選んだ場所が比較的高標高地のためか、冷たい風が吹くばかりでとうとうヒメギフチョウは1頭も姿を見せてくれませんでした。ヒメギフチョウのシーズンには必ず見られるミヤマセセリも全く飛んでいません。
今年は発生が遅れているのかもしれません。
低標高のポイントに転戦しようかとも思いましたが、渋滞が気になり東京方面へ戻りました。
途中クロツバメシジミのポイントを覗いてみましたがこちらもまだ発生していないようです。
さらに、一昨日ギンイチモンジセセリを見た場所にも寄ってみましたがこちらもだめ・・・

というわけで骨折り損の1日となりました。残雪輝く甲斐駒ヶ岳や八ヶ岳が見られたのがせめてもの慰めでした。

今日訪れた場所のヒメギフチョウは、かなりの割合(半分弱?)で赤紋の上がった個体が出現します。
写真がないのも寂しいので過去の画像を数枚アップしておきます。
吸蜜植物の乏しい場所なので華やいだ画像はありませんがお許し下さい。

ヒメギフチョウ 長野県 2007年4月29日 Canon EOS 5D 300mm F4L 
大門沢ヒメギフ-1

同上
大門沢ヒメギフ-2

同上 2007年5月4日 Canon EOS 5D Macro100mm F2.8
大門沢ヒメギフ-3

こちらは赤紋のほとんど出現していないタイプ。同上 300mm F4L
大門沢ヒメギフ-4

上と同じ個体の産卵です。同上
大門沢ヒメギフ-5

スポンサーサイト




  1. / trackback:0
  2. / comment:14
  3. [ edit ]

ヒメギフチョウ

  1. 2011/05/04(水) 22:10:41 |
  2. URL |
  3. ごま
  4. [ edit ]
お疲れまさでした。
私も今日早朝出発を予定していましたが、昨夜現地の状況をお聞きし、断念しました。
今年は10日くらい遅れているようですね。

いい写真ですね。
無理しても出かける気持ちになりますよね。

No title

  1. 2011/05/04(水) 22:15:14 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
今日の遠征はとても残念な結果でしたね。大変お疲れ様でした。去年、私もギフチョウで
何度も空振りがありました。(片道2時間弱という近場ですが..)
でも、2007年に撮られているすばらしい画像をお持ちで、羨ましい限りです。
私は、まだ一度もヒメギフに会ったことがありません。今年こそはと思っているのですが...
最後の産卵シーンもいいですね。

No title

  1. 2011/05/05(木) 13:26:05 |
  2. URL |
  3. hayenokaze(南風)
  4. [ edit ]
空振り、残念でしたね。
虫たちの撮影は、本当に一期一会だと思いますね。

ヒメギフチョウ、ギフチョウより淡い感じで、こちらもいいですね。
ライブで見たい気持ちが、よけい募りました。

No title

  1. 2011/05/05(木) 15:42:35 |
  2. URL |
  3. naoki
  4. [ edit ]
ヒメギフ・・・残念でしたね!でも残雪の残った八ヶ岳など、見るだけでも心が満たされますね。(・・・と思いましょう!)

私は例のスギタニのノダフジ産卵場所・・・地元なのでわかりましたので撮影に行ってきました。もうすでに遅い時期でしたが、10頭ほど飛来しました。(K氏に了解を得ましたので、今週末、スレた雌の画像を貼ります)

No title

  1. 2011/05/05(木) 16:56:14 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
自然相手の撮影なので思い通りにならないことも多いですね。
新鮮な赤紋上がりの個体は静止しているだけでも美しいですね。
産卵も卵がしっかり写っていて理想的ですね。

No title

  1. 2011/05/05(木) 20:32:41 |
  2. URL |
  3. cactuss
  4. [ edit ]
このヒメギフがお聞きしていた場所のものですね。
確かに赤紋の上がった個体ですね。赤城のものとは微妙に感じが違うと思います。
場所により赤紋上がりが異なるのは不思議ですね。

Re: ヒメギフチョウ

  1. 2011/05/05(木) 21:58:30 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>ごまさん
私が思ったより遅れているようですね。
この発生地ではまだウスバサイシンも頭を出しておらず、スミレもサクラも咲いていませんでした。
歩いてみると土が柔らかく、最近まで雪に覆われていたんだなという感じでした。
ヒメギフチョウの写真はもう少し青紋列がはっきり出るように写したいのですがなかなかうまくいかないですね。

Re: No title

  1. 2011/05/05(木) 22:05:54 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> midori さん
ヒメギフチョウは混生地だとギフチョウより早く出ますし、
けっこう寒い時にも飛ぶのでもしやと思って待ちましたが駄目でした。
人生空振りの繰り返し・・・でもたまにいいこともあるのでやめられないんですね~これが。
midoriさんが早くヒメギフにお会いできることを祈っております。

Re: No title

  1. 2011/05/05(木) 22:16:50 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>南風さん
以前にも書いたかもしれないのですが、ギフチョウ属4種類のうち、日本に2種類いてくれたことにいつも感謝しています。
お互いに美しさを補い合っているような気がしてなりません。
ヒメギフチョウの「淡さ」が私は大好きで、きれいなのはギフチョウ、美しいのはヒメギフチョウ、などと訳のわからないことを言っています。是非観察にいらして下さい。

Re: No title

  1. 2011/05/05(木) 22:25:25 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>naoki さん
残念でした。
近頃色々あってなかなか遠征も出来ないので満を持して出かけたのですが。
山は確かにきれいでした。でも癒されはしましたが満たされるまではどうも・・・(笑)
スギタニ×フジ、撮影されたんですね。アップ楽しみにしております。

No title

  1. 2011/05/05(木) 22:29:08 |
  2. URL |
  3. otto-N
  4. [ edit ]
やはり、ギフ、ヒメギフはきれいです。
1枚目がいちばんいいですね。
そうか、赤紋の大きさが違うのか。
騒がしい場所ではなく、対峙して撮影したいです。

Re: No title

  1. 2011/05/05(木) 22:43:27 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> BANYANさん
私は自称「空振り大王」と言うくらい空振りが多いです。
怠け者で情報収集するのを面倒くさがるのがいけません。
でもたまにヒットすることもあるので、蝶の撮影はやめられないですね。
また色々教えて下さい。

Re: No title

  1. 2011/05/05(木) 22:50:26 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>cactussさん
そうです。そしておっしゃる通り、赤城の姫とはちょっと感じが異なります。
どこがどう違うのかまだ検証してみた訳ではないのですが、
赤城のヒメギフを見慣れているcactussさんですと、一目で違うなと気づかれると思います。
私の思うに、赤城のヒメギフの方が変わっているのではないでしょうか。
姫川のヒメギフや、先日fanseabさんがアップされていた赤紋上がりなど、画像をそろえてじっくり見てみたいですね。

Re: No title

  1. 2011/05/05(木) 23:01:54 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>otto-Nさん
そうですね。やはりこの2種類は春の蝶の別格と言えるでしょうか。
どちらも初めて見た時のこと、40年以上も前のことなのにはっきりと思い出すことが出来ます。
ちなみにヒメギフチョウは伊奈の南沢鉱泉という所で初めて見ました。
どんよりと曇った寒い日でしたが、杉林の中をゆっくり飛んでいました。ギフチョウよりとても小さく白っぽく見えたのが印象に残っています。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2019 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30