FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

            仕事の帰り道。この季節は日が長い。早めに帰ると街はまだ夏の強い日差しに満ち満ちている。
            撮影は <Sonyα7Ⅱ / Leitz Summilux 50mm f1.4 1st.>

 180702α72summiluxDSC07223
            以前にも書いたかもしれないが私は「連続」や「繰り返し」に惹かれる傾向がある。
            退屈な曲を作るミュージシャンが「繰り返しこそ美しい」と言い訳してみたり、人間の作るもの
            の多くが繰り返しをモチーフにしていたりするので、これは私に限ったことではなく、遺伝子の
            複製によって繰り返しを宿命付けられている私達の根源的嗜好なのかもしれない。
            もっと言うと、遺伝子の鋳型となった無機物の備えていたパターンの連続性に根っこがあるのか
            もしれないし、さらに飛躍すると原子の整列や繰り返されるビッグバンにまでイメージとしては
            膨らんでゆくが、これらは単に知識のもたらす視覚的イメージであろう。
            そして原子以下のレベルになると繰り返しとか整列とか、そういったイメージし易い単純さでは
            現象の把握ができなくなる。肉体というスケールに囚われている我々にはそこでは最早経験的な、
            そして直感的な現象の捉え方は難しくなってしまう。
            連続性に対して私の抱く好感も、ある程度の範囲のスケール感の制約の中に存在するものなのだ
            ろう。

            話が逸れたが、全ての複製に揺らぎがつき物なのと同じで、繰り返される秩序立った配置に、加
            えて何か少し適度なイレギュラーがあれば、私としてはそれはさらに理想的だ。
            秩序が極まれば混沌に移行するわけだから、秩序があってもちょっと崩れもあるくらいが安心な
            のかもしれないし、こじつければ有用なイレギュラーを含む遺伝情報が私達の世代交代の基本ル
            ールであることに辿り着く。

            駅のベンチに反対側のプラットフォームの庇の影ができている。一つの背に見事に2山ずつ・・・
            偶然が作り出した連続性だ。この画のどこかにイレギュラーはあるだろうか?



 180702α72summiluxDSC07226
            道路と駅を隔てるフェンスにも。



 180702α72summilux_1DSC07242
            久しぶりに反町駅で下車し、コンビニで買い物をしてバス停に向かった。前を行く黒い服の女性。
            黒はこんな日には暑苦しく感じられそうなものだが、目の前の景色は涼し気に見えた。



 180702α72summilux_1DSC07245
            よく撮影する八百屋さんの店頭。



            180702α72summiluxDSC07246
            バス停まであと十数歩。





スポンサーサイト

  1. スナップフォト
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

  1. 2018/07/11(水) 22:22:25 |
  2. URL |
  3. Sippo☆
  4. [ edit ]
連続、繰り返し・・・
そこには一体、どういう魅力があるのだろう!?
私は、透明や半透明にめちゃくちゃ惹かれます!!
何かきっとあるのでしょうね!?
色とかも、好みってあるじゃないですか。
あれも、どこか感性がおびき寄せているものなのかなあ!?
拍手☆

Re: タイトルなし

  1. 2018/07/12(木) 13:40:06 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> Sippo☆ さん
こんにちは。
浅薄な独り言にコメントありがとうございます。
繰り返しにどんな魅力があるのか・・・難しいですね。魅力というより安心に近いかもしれません。
例えば日常生活もそうですよね。
同じ生活のリズムを繰り返しながら時折現れるイレギュラーによって少しずつ変化してゆく。それが自然なリズムなのかもしれません。

Sippo☆ さんは透明に惹かれますか。マン・レイみたいですね。マン・レイがさる方に送った鏡に"les grands trans-parents"の文字が書かれていました。意訳すると「偉大なる透明」だと思います。
それを大きな楕円形の鏡に直して製品化したものがあります。私も欲しいのですが未だに入手できていません。マン・レイ鏡で検索すると画像多数出てきます。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2018 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -