FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

         3連休初日、案山子さん(CLICK)、町田のSさん、Akakokkoさん(CLICK)、途中で合流した千葉のNさ
         んと共に、高地性アサマシジミを求めてとある沢筋を遡行した。
         しかしその1週間ほど前の豪雨の影響で沢筋は荒れていて、水量は多く流れも速く渡渉は難しそう。水も濁
         っていて川床が見えないので無理に渡っても転倒すること請け合いだ。
         しかしなんとか渡渉しないと発生地にはたどり着けない。仕方ないのでまず流れの幅の狭いところを探し、
         人海戦術で石を放り込んで橋脚代わりとし、そこに拾ってきた流木を渡して簡易丸木橋を作った。

      180714em140P7140083.jpg


   180714em140P7140106.jpg   180714yoshiP7140854.jpg

         橋が完成して無事渡渉。しかしそのさらに上部で崩落があり、無理をすれば越えられそうだったが安全を見
         て断念した。
         崩落の手前でも可能性はあるということで待ってみたがたまにヒメシジミが飛んでくるくらいでアサマシジ
         ミは現れてくれなかった。
         S さんのお話では食草もだいぶ少なくなってしまっているとのこと。やはり近年の集中豪雨の影響で沢筋の
         荒廃が進んでいるのは否めないようである。沢沿いに生えるイワオウギやタイツリオウギを食草とする高地
         性アサマシジミや、山間の急斜面のアリの巣の中で終齢期を過ごすオオゴマシジミなどは豪雨による被害を
         受け易い。線状降水帯の発生の頻発化や大型台風の襲来が予想される今日、我々はもちろん、これらの蝶の
         将来も心配である。
         (左上と右下は Akakokko さん撮影)
         

 180714em1300P7140137.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         河原に多かったミヤマハンミョウ。



 180714em1300P7140145.jpg
         クガイソウで吸蜜するヒメシジミ。
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>



   180714em540_tP7140060.jpg   180714em540_tP7140057.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>
         下山途中でヤナギの樹液にコムラサキ(左)やシータテハ(右)がやってきているのを見かけた。



         180714em1300_t_1P7140158.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         車で1時間半余り移動して先日SさんとAkakokkoさんがこヒオドシの幼虫や前蛹を多数確認済みのポイン
         トへ。そこでは新鮮なコヒオドシが待っていてくれた。



 180714em1300P7140156.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>



 180714em1300P7140222.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         オオミスジも多く久しぶりにしっかり撮影できた。



         180716em1300_tP7140510.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         この時期はアカタテハも目が覚めるほど美しい。



 180714em1300P7140232.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         さらに少し移動して別の林道へ。崖下を覗くと風化して脆そうな岩頭にヒオドシチョウが止まっているのが
         見えた。実際には背景の黒の中に沢があって清冽な流れが見えていたのだが機材や明暗差の関係で写せなか
         った。ここはひとつ想像力を働かせて美しい絵を想像して頂けたらと思う(笑)。



 180714em1300P7140268.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         キバネセセリがやたらと多く、そこかしこで吸蜜や吸い戻しをしていた。尾端の水滴が写せたらと思ったが
         なかなかうまくいかず、この1枚に辛うじて小さな水滴が写っていただけ。



 180716em1420P7140243.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         まずまず新鮮なヒメキマダラヒカゲがいたのでカメラを向けた。



 180714em1420_tP7140532.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         車で走っていたらオオイチモンジの飛ぶのが見えたので停車したがどこへ行ったものか見つからなくなって
         しまった。
         写真は同じ場所で見かけたエゾミドリシジミ。この後さらに移動してポイントを覗いてみたが成果はなかった。




         御同行下さった皆さん、当日は本当にお世話になりました。そしてお疲れ様でした。目的の蝶には会えませ
         んでしたが楽しい冒険旅行でしたね。是非またよろしくお願い致します。





スポンサーサイト




  1. / trackback:0
  2. / comment:12
  3. [ edit ]

  1. 2018/07/18(水) 08:17:19 |
  2. URL |
  3. Faefalla
  4. [ edit ]
すごい冒険旅行ですね。壊れた橋を直しての
渡渉、よくご無事でした。それでもたくさん
の蝶との出会いがあってうらやましいです。

  1. 2018/07/18(水) 10:14:54 |
  2. URL |
  3. yurin
  4. [ edit ]
川に橋まで架けるとは気合いが違いますね、凄いです。
アサマシジミは残念だったと思いますが、綺麗なコヒオドシですね!
オオミスジも立派な姿ですし、キバネセセリも良い雰囲気で撮影されていてさすがです。
山の中で出会う自然な蝶たちの様子を堪能させていただきました。

Re: タイトルなし

  1. 2018/07/18(水) 16:57:34 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>Faefalla さん
こんにちは。コメントありがとうございます。
はい。目的の蝶には会えませんでしたがけっこう楽しかったです。
夏の中部地方は天気さえ良ければ何かしら蝶に出会えるのがいいですね。
コヒオドシは特に嬉しかったです。
また来年チャレンジしてみたいです。

Re: タイトルなし

  1. 2018/07/18(水) 17:56:21 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> yurin さん
そうですね。丸木橋はなかなかの出来栄えでした(笑)が、その先が行かれず。
なんとか奥まで入りたかったのですが今回はやめておきました。
でもそれなりに色々な蝶も見られたので楽しかったです。
キバネセセリは本当にたくさんいてちょっとびっくりしました。


  1. 2018/07/18(水) 23:25:42 |
  2. URL |
  3. akakokko
  4. [ edit ]
執念の架け橋、いいですね。
1枚目を撮影しているときは、流れに落ちないかとハラハラしながらファインダー越しにみていました。
楽しい経験ですが、できれば避けたいものですね。^^;

  1. 2018/07/19(木) 10:24:29 |
  2. URL |
  3. clossiana
  4. [ edit ]
皆さん、相当にヤバイことしてるんですね。ふと最近、放映していたNHKの「人類の誕生」を思い出しました。でも皆さん、お若くて何よりです。
この中で一番、ぐっときたのはヒオドシです。普通に活動してるのですね。例のトイレでは2頭がじっとしていました。所変われば。。ですね。

Re: タイトルなし

  1. 2018/07/19(木) 14:48:59 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>akakokko さん
その節はお疲れ様でした。
アサマに架ける橋、なんとなく「明日に架ける橋」に似てますね。
結局虚しい結果に終わりましたがプロセスを大事にしたいです(笑)。
確かに水辺や崖っぷちは見ているとヒヤヒヤします。
これからはなるべく避けるようにしましょう。

Re: タイトルなし

  1. 2018/07/19(木) 14:56:14 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> clossiana さん
コメントありがとうございます。
こういったことは確かに原始時代を彷彿とさせますよね。
その辺りがわくわくして楽しいのかもしれませんが、年寄りは無理しないに限ります。
ヒオドシ、確かにそうですよね。
今頃とお盆前後には見た覚えがあるので羽化の遅い中部山岳地帯では夏眠らしい夏眠をしないのかもしれません。
トイレヒオドシは熟睡中なのに、面白いものですね。

  1. 2018/07/19(木) 17:43:40 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
橋を架けるなんて発想は僕には思い浮かばないと思って拝見しました。
最近は浅い沢でも以前に比べて楽に渡れない気がしています。
残念な結果でしたが無事で何よりです。
コヒオドシ綺麗ですよね。しばらく見ていません。
幼虫、前蛹にも惹かれます。(笑)

Re: タイトルなし

  1. 2018/07/19(木) 18:34:38 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>BANYAN さん
まさかこんなことになるとは思っていませんでしたが、行きがかり上こうなってしまいました。
私も確かに以前よりバランスが悪くなっていて、渡渉はあまりやりたくありません。
これで目的の蝶に会えていれば言うことなかったのですが、まあ仕方ないですね。
コヒオドシは本当に綺麗な蝶ですね。翅を開いて止まっているのを見るとハッとします。
幼虫などの写真は akakokko さんは撮っているはずですが上げていませんでしたね。
私は蛹しか見たことがありません。

  1. 2018/07/20(金) 15:58:32 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
皆さんすごいですね。
最近バランスの悪くなった私にはまず無理な渡渉です。
コヒオドシは最近ほとんど見なくなったのでうれしい成果ですね。

Re: タイトルなし

  1. 2018/07/22(日) 18:38:27 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> ダンダラさん
いえいえ、ダンダラさんでしたら確実に渡れていました。
丸太は2〜3本並べて渡したので案外楽に渡れましたし。
今年はコヒオドシは比較的多いように思います。
昨日上高地でも何度か見ました。
オオイチモンジの頃ですとこヒオドシはまだあまり発生していないこともあり、
そんな年には少なく感じるのかもしれません。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2019 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30