FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

         この日はお盆の連休初日。渋滞が心配だったが房総にルーミスシジミの様子を見に行ってみた。
         予想通り湾岸線川崎のトンネルの中からすでにアクアライン渋滞が発生していたが、だいたい予定通りの時
         間に現地に到着。駐車スペースで千葉のNさんと合流した。
         夏の房総の山中はヒルの天国。まずは長靴に履き替え長靴とズボンの隙間をガムテープで密封。袖口も同じ
         ようにテープで巻く。さらに長靴に防虫スプレーを吹き付けていざ出撃。

 
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         真夏の照葉樹林帯の中は想像以上に暗い。そんな森の中に、ルーミスシジミはひっそりと止まっている。




         180811em140P8110390.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         この時期だとまだ縁毛がしっかり残っているので、冬場に見るルーミスシジミとはちょっと印象が違う。




 180811em1150_tP8110277.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO トリミング>
         なんとか表も見たいのでプロキャプチャーモードで構えて、Nさんにご協力頂いて飛び出しを撮ってみたが
         とにかく暗いのできれいには撮れなかった。




         180811em1150_tP8110301.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO トリミング>




         180811em1150_tP8110472.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO トリミング>
         たまたま明るいところに止まったので飛び出しを狙うもすぐに日陰に入ってしまうのでまたしても「半分青
         い」。



         すぐにヒルが這い上がってくるのでルーミスシジミは1時間ほどで切り上げ、N さんの御案内でシルビアシ
         ジミのポイントを5箇所ほど回ってみた。
         5箇所のうち生息が確認できたのは2箇所。いずれの場所でも道路端の小さな草原で細々と命を繋いでいる。
         Nさんのお話ではこの貴重なシルビアシジミを求めて秋には採集者がたくさん押しかけるという。私も15
         年ほど前にこの付近のシルビアシジミを随分探して見つからなかった経験があり、残されているのが本当に
         貴重な生息地だということはわかっている。採集に来られた方にはなんとか節度ある行動をお願いしたい。


 180811em1210P8110508.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO トリミング>
         最初に見つけたシルビアシジミは見るも哀れな姿だったが、この地域のシルビアシジミの現状を象徴してい
         るようにも見えた。




         180811em1210P8110705.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4× トリミング>
         別の草原でヤマトシジミの中に混じっている個体を見つけた。とにかく暑いので日中は盛んに飛び回ってし
         まってなかなか写真を撮らせてもらえない。
         私は帰りの渋滞が心配なのでここで失礼させて頂いたが、残って撮影を続けられたNさんのお話では3時頃
         から結構綺麗な個体の開翅も見られたそうだ。この地がこれからもこの小さな蝶の安住の地であってくれる
         ことを祈るばかりである。






スポンサーサイト

  1. / trackback:0
  2. / comment:14
  3. [ edit ]

  1. 2018/08/15(水) 11:23:02 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
この時期のルーミスはほんとにヒルとの戦いですね。
一度だけ出かけたことがありますが、ひっそりと暗い中に佇んでいて、見つければ撮影は楽だけど、あまり動きがなかったので、ヒルの恐怖に負けてその後は行っていません。
でも写真を拝見すると、新鮮なブルーは冬場のものとは一味違いますね。
シルビアシジミはまだ健在なんですね。
良かったです。

  1. 2018/08/15(水) 11:42:35 |
  2. URL |
  3. clossiana
  4. [ edit ]
この時期の房総行きというのは雨中の20km行軍など輝かしい戦歴が無いと思いつかない発想ですね。ヒルの波状攻撃を覚悟の上での出陣でしょうから並み大抵の決意では出来ないことです。先ずはそのチャレンジ精神に拍手喝采です。その昔には私も通ったこともありましたが今はそこまでの決死の覚悟は出来ませんね。ですので葉陰にひっそりと佇んでいた、この時期のルーが懐かしいです。
シルビアとの組み合わせも異色です。この猛暑下では絶対に思いつかないです。この地の個体群はシロツメクサ食いらしいのですが採集者が殺到しているとは知りませんでした。ルーを守っているのがヒルだとすればシルビアを守っているのはヤマトなのだなと思いました。

  1. 2018/08/15(水) 19:09:22 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
実際、ヒルの攻撃はどうだったのでしょうか!?
大丈夫でしたか(^_^;)。
やはり、冬場のルーミスより美しく見えますね(*^_^*)。
この2頭のシルビアが、房総の現状を物語っているようで...今後も、何とか生き続けて
欲しいー。

  1. 2018/08/16(木) 01:01:43 |
  2. URL |
  3. akakokko
  4. [ edit ]
新鮮なだけあってブルーが綺麗ですね。
ヒルの恐怖に打ち勝たないと見ることのできない色ですね。
シルビアは端境期でしょうか。
採集者による仕打ちを感じさせる姿に見えてしまいます。

Re: タイトルなし

  1. 2018/08/16(木) 08:26:50 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> ダンダラさん
はい。本当にそうですね。でも準備をして気をつけていればなんとか凌げる範囲かと思います。
ただご存知の通り暗いところにいるので撮影はなかなか難しいですね。
パスト連写を使う場合ストロボは使えませんし。
何か良い方法はないかと考えています。
シルビアシジミは健在でした。こんな所に、と思うような道端の草地で暮らしています。

  1. 2018/08/16(木) 08:27:51 |
  2. URL |
  3. Farfalla
  4. [ edit ]
夏場のルーミスもいいですね。
飛び立ちの瞬間のブルーの翅がまばゆい
美しさです。見事に撮影されていますね。
それにしても房総のヒルはすさまじく、
脅威ですね。
シルビアシジミもかなり少ないですね。
先行きが心配です。

勇敢さに拍手!

  1. 2018/08/16(木) 10:22:34 |
  2. URL |
  3. yurin
  4. [ edit ]
夏のルーミスシジミを観察するのは、とても高いハードルがあるように感じますが、naoggioさんの勇敢さに思わず拍手です。
ルーミスはこの時期から森の中で静かに暮らしているのですね、
表翅も捉えられ、素晴らしいです!
千葉のシルビアシジミ、貴重ですね!
千葉県民(本来は)ですが、未だ探しに行ったことがなく、いずれ観察してみたいものです。
この地で命を繋いでいってもらいたいです。

Re: タイトルなし

  1. 2018/08/16(木) 13:59:57 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>clossiana さん
コメントと拍手、ありがとうございます。
夏ルーミスは随分前から見てみたいとは思っていたのですがなかなか実現できずにいました。
最大の理由はもちろんヒルですが、開翅がないというのも実現しなかった大きな理由です。
Nさんから夏の現地の様子を聞いていたのでヒルはまあなんとかなるだろうと思っていましたので
あとは開翅をどうやって撮るかですが、今の所パスト連写で撮るのが画質は悪くとも正解かなと思い実行した次第です。
とりあえずあの静かに林内に降りている姿を拝めただけでも行った甲斐がありました。
おっしゃるようにルーミスよりシルビア探索の方がきつかったです。暑いのなんのって、半端じゃないですね。
シルビアを守っているのはヤマト・・・本当にそうですね。それには思い至りませんでした。拍手です。

Re: タイトルなし

  1. 2018/08/16(木) 14:06:14 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>midori さん
ヒルですね。はい。実を言いますとNさんにはけっこう這い上がってきたのですが私の方はほとんど上がってきませんでした。
長靴に防虫スプレーをかけて出発したのが良かったのかもしれません。確かに効果ありだと思います。
ルーミスは綺麗でした。でもヒルにびびってしっかり撮ってこなかったので後悔しています。
できればもう1度行きたいくらいです。
シルビアはなかなか厳しいものがありますね。Nさんのおかげで撮影できましたがただ探してもまず見つからないでしょう。
本当に貴重な生息地ですので残して行きたいものです。

Re: タイトルなし

  1. 2018/08/16(木) 14:14:30 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>akakokko さん
ルーミスは冬と違ってかなりおとなしいですね。
見つけさえすれば撮影は難しくはありません。
開くことはまずないので、表を撮るにはパスト連写か飛ばす人とセットになって連写するかでしょう。
ストロボ同期できればさらにいいかもしれませんが、露出などの設定にあらかじめ準備が必要になりますね。
シルビアは端境期です。
でも次の羽化期には採集者がたくさんやってくるのでとりあえず行ってみました。
Nさんのお話ではその後かなり綺麗な個体も見かけたそうです。

Re: タイトルなし

  1. 2018/08/16(木) 14:29:37 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>Farfalla さん
はい。夏場のルーミスシジミ、冬とはずいぶん感じが違って楽しめました。
本当に薄暗く涼しいところにひっそりと止まっています。
刺激すると飛び立つのですがそう遠くまでは飛んで行きません。
ヒルは多い年と少ない年があるようですが、今回はさほどの脅威は感じませんでした。
虫よけスプレーはかなり効果があるように思います。
シルビアシジミは生き残っているのが不思議なくらいの感じですが、なんとか命を繋いで行ってもらいたいと願っています。

Re: 勇敢さに拍手!

  1. 2018/08/16(木) 14:37:00 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>yurin さん
夏のルーミス、以前から見てみたいと思っていたのですがようやく願いが叶いました。
おっしゃるようにこの時期、暗い照葉樹林の下で、本当にひっそりと暮らしているんですね。
秋冬の活発な時期と比べると別の蝶のように思えます。
飛んだ時にちらりと見えるブルーが何か秘密めいていていい感じですよ。
シルビアシジミはかなり数が少なく、ポイントを知らないと出会うのは難しいと思われます。
今回はNさんのおかげで出会うことができました。
yurinさん、本来千葉県民なんですね。では機会があれば御一緒しましょう。

  1. 2018/08/23(木) 20:57:03 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
僕は教えてもらった場所へ2回くらい挑戦していますが、最近は行ってないです。
そこは沢の中へ入れば長靴で歩けるのでヒルは入り口付近が要注意で、一度やられています。(^^;
教えてもらった方の話だと夏でも開く条件があるようですが、不明です。かなりの個体が開いたのを見たそうなのですが、僕は翅裏だけの撮影です。
暗い環境での飛び立ちは難しいですね。強力なLEDライトで少しでも明るくするくらいしか思いつきません。
シルビアも一度見に行っていますが、健在なのですね。もう場所が分かりません。(笑)
この辺りはシロツメクサ食いという話もありますが、どうなのでしょう。

Re: タイトルなし

  1. 2018/08/24(金) 11:11:45 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>BANYAN さん
じゃぶじゃぶと入っていける沢沿いは、ヒルの心配が少ないのでいいですよね。
私もそういう場所は聞いてはいるのですが、今回は泥の上でした。
夏開く条件とは何でしょうね。すっごく気になります。
涼しいと下りて来ないだろうし・・・暑いとほんとに開きません。
飛び立ちはやはり難しかったです。何とか日向に止まってもらわないと無理ですね。
あとはベビーウェルダーを持ち込んで強力な投光器を当てるとか(笑)。
シルビアの食草に関してははっきりとはわかりませんが、今回見て回ったポイントの中にはミヤコグサの見られない場所もありました。
概してミヤコグサは少なめなので両方食べている可能性はありますね。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2018 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -