FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

         8月17日にキベリタテハを見に出かけたものの寒さのせいもあって撮影できなかった。今回は幾つかのプ
         ランがあって迷ったが、やはりキベリタテハはできれば毎年見ておきたい蝶。ということでキベリタテハを
         第1目標に決めた。
         今年は蝶の発生が早かったのでちょっと遅きに失した感はあったが町田のSさん、akakokkoさん(CLICK)
         と共に出発。途中のパーキングエリアでbanyanさん(CLICK)と合流して現地に向かう。


 
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         この日は朝から気温が上がったので期待が持てる。歩き始めて15分くらいすると林道を緩やかに飛ぶキベ
         リタテハを確認。しかし林の中に消えて見えなくなってしまった。
         この後が続かずどうなってしまうかと思ったが、1時間ほどの探索の後崖で給水中の個体をSさんが発見。
         擦れてはいたが1年ぶりのキベリタテハとの再会に感動。




 180826em1420P8260332.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         樹上に止まったので飛び立ちを撮影する。




 180826em1420P8260339.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




 180826em1420P8260664.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         2頭の絡み(多分求愛行動)も見られたが上手く撮影できなかった。




         180826em1420P8261243.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         痛んだ個体が立ち枯れの木の枝に止まった。なかなかいい感じだ。




 180826em1420P8261362.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         これも飛び立つところを撮影してみたくなり、akakokkoさんに御協力いただいて石を投げてもらったら朽
         木だったので表面が砕け散ってこんな写真になってしまった。




 180826em1420P8261526.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         エルタテハもやってきたが数は少なかった。




 180826em1420P8261823.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         石切り場の石みたいにすっぱり割れた岩に止まったお気に入りの1枚。




 180826em1420P8262804.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         崖で吸水や吸い戻しをしながら翅を開いたり閉じたりする。なるべく擦れが目立たないように撮影した。




 180826em1420P8263794.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




 180826em1420P8263739.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




 180826em1420P8264024.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




 180826em1420P8264060.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         この時期にはあまり見かけた記憶のないヒオドシチョウ。翅はもうけっこう傷んでいた。




 180826em1300P8264296.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         ヤマキチョウのポイントに移動してみたがSさんの目撃のみで撮影できなかった。かわりにスジボソヤマキ
         チョウが数頭見られた。




 180826em1300P8264154.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         シラカバの幹を背景に。




 180826em1300P8264339.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         ○○ウラギンヒョウモン。




 180826em1420P8264414.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         さらに移動してとある蝶を探したが夕暮れ時で見つからず。ヒメシロチョウが吸蜜していた。


         ご一緒くださった皆さん、当日はお世話になりました。今年は発生が早く新鮮個体には恵まれませんでした
         がとにかく撮影できてよかったです。
         banyanさん、久しぶりに御一緒できて楽しかったです。ありがとうございました。是非また御一緒しまし
         ょう。





スポンサーサイト

  1. / trackback:0
  2. / comment:16
  3. [ edit ]

  1. 2018/08/31(金) 18:06:02 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
キベリタテハは、美蝶中の美蝶だと思います。
毎年見ておきたい蝶とは、仰る通りです。                                    
私も、福島県の撮影ポイントを見つけたので、来年が楽しみで仕方ありません(*^_^*)。
今年は、クジャク復活、エル減少、って感じでしょうか...!?


  1. 2018/08/31(金) 19:15:16 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
当日はお世話になりました。
毎年見たい蝶なのに不作で4年ぶりとなりましたが、その分少し擦れた個体でも嬉しかったです。(^^;
最初の飛び立ちは緑が背景でいいですね。
次の飛び立ちはあの時ですね。(笑)
苦労していたようですが、しっかり撮れていたのですね。
求愛は僕が掲載した写真の前か後でしょうか。
他の写真もしっかり擦れが目立たないもの掲載していた流石です。
来年は新鮮な個体を撮影したいですね。

  1. 2018/08/31(金) 19:37:07 |
  2. URL |
  3. field24k
  4. [ edit ]
やっぱり、いいですねぇ キベリタテハ。
一枚目、擦れてはいたが・・・とおっしゃいますが、私には十分過ぎるほどきれいです。
私もいろんなシーンをたくさん撮りたいです。そして毎年撮りたいチョウNo.1と思ってます。

  1. 2018/08/31(金) 21:00:38 |
  2. URL |
  3. yurin
  4. [ edit ]
キベリタテハ、良い蝶ですね~♪
他に似た蝶のいない独特な色合いとデザインに惹きつけられます。
飛び立ちのシーン2枚、素晴らしいですね!
キベリタテハの飛ぶ姿からは風格を感じます。
岩にとまる姿がこの蝶の特徴を表してして素敵です。
私もメキシコでキベリタテハに会えましたので、近々アップします!

Re: タイトルなし

  1. 2018/09/01(土) 07:46:42 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> midori さん
本当にそうですよね。こんなにユニークな色柄の蝶は他にはいませんものね。
midoriさんのキベリレポートを拝見してどうしても会いたくなって行ってきました(笑)。
クジャクチョウはだいぶ復活してきたようです。特に山梨県での観察例が多く嬉しいですね。
エルタテハはこの場所ではたまたまあまり見られませんでしたが減少ということはないでしょう。
たくさん見られた場所もありますのでご安心下さい。
福島のキベリ、来年も楽しみですね。

  1. 2018/09/01(土) 08:44:14 |
  2. URL |
  3. Farfalla
  4. [ edit ]
2週連続でキベリ観察、うらやましいです。
それにしても素晴らしい写真ばかりですね。
岩の上、立ち枯れの木、飛翔、求愛と堪能さ
せて頂きました。キベリは少しは復活の兆し
が見えて来ているのでしょうか。

Re: タイトルなし

  1. 2018/09/01(土) 10:15:38 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> BANYANさん
こちらこそお世話になりました。
キベリ、今年はもうチャンスないかなあと思っていたので私も嬉しかったです。
2つ目の飛び出しはあの時です。私はファインダーを覗いていたのでわかりませんでしたがけっこう立派な石だったのかもしれませんね(笑)。
求愛行動はもうちょっとちゃんと撮りたかったですが、Sさんが動画で撮っていると思いますので今度見せてもらいましょう。
こうなるとまたビッカビカのキベリ、見たくなってしまいますね。
来年チャンスがあればまた御一緒しましょう。

  1. 2018/09/01(土) 11:25:28 |
  2. URL |
  3. clossiana
  4. [ edit ]
う~む、やっぱり悲しい性(さが)を背負っているせいかヒオドシを見入ってしまいますね。8月に活動中の個体がいることが、この種の越夏の有り様を物語っています。やはり緯度と高度によって多様なんだと再認識させられました。
キベリはどこにとまっていても絵になりますね。パタパタ、スッーという勇壮な飛び方が好きです。でも今回は或る理由から上翅翅裏の黄色い縁どりの少し内側にある二つの黄色い斑点に目がいってしまいました。信じられないかもしれませんが薄暗い光の中ではキベリとヒオドシが見分けがつかないことに一昨日、気がついたのです。そんな時に先の斑点が目印となりました。

Re: タイトルなし

  1. 2018/09/01(土) 12:35:36 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>field24kさん
こんにちは。
どうやらキベリタテハの魅力にはまってらっしゃるようですね。
私も本当に魅力的な蝶だと思います。
あんなデザイン、思いつきたくても思いつけるものではありませんよね(笑)。
シラカバの幹に止まってくれれば最高なのですがなかなかそんなシーンには巡り会えません。

Re: タイトルなし

  1. 2018/09/01(土) 15:36:58 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> yurin さん
はい。
キベリタテハのデザインはちょっと信じられない出来栄えですよね。
いてくれてよかった蝶を強いて選ぶとすれば必ず10指には入れると思います。
他の蝶がひと段落した高原の夏の終わりころに出てくる蝶なので、その点でも得をしているかもしれません。
今yurin さんのところにお邪魔してきましたがメキシコのキベリタテハもほとんど変わりありませんね。
この蝶が地球の裏側でも生きているのかと思うとなんだか嬉しくなります。


Re: タイトルなし

  1. 2018/09/01(土) 16:02:48 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>Farfalla さん
コメントありがとうございます。
初回は1頭確認しただけで撮影できずでしたが、いちおう2週連続観察、にはなりますかね(笑)。
写真をお褒め頂き恐縮です。
今回は機を逸して擦れ個体ばかりでしたが、それなりに色々なシチュエーションで撮影できたのでその点では良かったです。
キベリ自体まだ完全復活という感じではありませんが、一説には周期のある蝶と言われているので多い年もあると思います。
この時期の横綱なのでなんとか数が増えてくれるといいですね。

Re: タイトルなし

  1. 2018/09/01(土) 17:14:49 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>clossianaさん
コメントありがとうございます。
実はこのヒオドシチョウを撮影しながらbanyanさんと、「この写真をアップするときっとclossianaさんが何か言ってくるよ」
と話していました。
ですので期待に応えて下さってその意味でも感謝です。
この個体を見るとかなり痛んでいるので、やはりほぼ継続的に活動していたと見るのが妥当なのかなと思います。
でも発生時期に比べるとこの時期は明らかに観察機会が少ないので、場所の問題だけでなく個体差もあるのかもしれませんね。

キベリとヒオドシは大きさも形もほぼ同じなのでおっしゃられているとおりではないかなと思います。
前翅先端の2つの点は視認性も良さそうで確かによい目印になりますね。
そういえばyurinさんが最近メキシコのキベリをアップされておいででしたが、このキベリは2つの点が小さく、
これだと薄暗いところではヒオドシと見分けがつきにくいですね(笑)。メキシコにヒオドシがいるかどうかは知りませんが。

  1. 2018/09/01(土) 19:24:48 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
うーん、キベリいいですね。
今年はキベリはやめようかと思っていたのですが、それでもと思って昨日行ってきました。
結果は、一頭もいませんでした。
ヤマキチョウも同様で、皆さんの踏み跡だけを眺めてきました。
今年の夏は終わりだなということが確認できたということで、行かないよりは行った方がすっきりしたなと自分を慰めてきました。

Re: タイトルなし

  1. 2018/09/01(土) 20:12:14 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> ダンダラ さん
ええ〜っ、もしかして同じ所に行かれましたか?
1頭も見られなかったとは・・・やはり時期が終わると分散してねぐら探しに入ってしまうのかもしれません。
それにしても残念でしたね。
ヤマキの草原は踏み跡が半端ないですね(笑)。
でもそのおかげでだいたいくまなく歩き回ることができるのでありがたいとも言えます。
今年の夏、終わりましたね。

管理人のみ閲覧できます

  1. 2018/09/02(日) 07:29:55 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

  1. 2018/09/02(日) 11:46:14 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> 鍵コメさん
お知らせありがとうございます。
この蝶のことは友人から教えて頂き知っていましたが、残念ながら恐らく絶滅ではないでしょうか。
ゾクッとするような魅力的な蝶なので是非生きている姿を見てみたかったですね。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2018 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -