FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

         先日岸壁のイチモンジセセリを撮影したが、性懲りもなくもう少し撮っておきたいと思って夕方会社から直
         行で新港埠頭を再訪した。

 
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         馬車道駅から赤レンガ倉庫に向かう途中、万国橋の手前にあるチョコレートショップ「バニラビーンズ」。
         買おう買おうと思いつつ未だ入ったことなし。パリトロが美味しそうなのだが。




 180906gfx120DSCF1185.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         イチモンジセセリしかいないだろうと思って歩いていったらヒメアカタテハがいた。今年この場所で初めて。




         180906em140P9060379.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         細かい砂利を固めた歩道に降りると保護色で見つかりにくくなる。




         180906em140P9060305.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         バーベナでの吸蜜もあったが、背景を選んで回り込む時間は与えてくれなかった。




         180906em140P9060861.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         岸壁のイチモンジセセリはこの日も元気に飛び回っていた。




         180906em140P9061196.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         アベリアの花に止まって休止モードに入った個体がいたので人物を入れて撮影する。
         



         180906em140P9061235.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>




         180906em140P9061258.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         そして誰も通らなくなった。




         180906gfx120DSCF1205.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         赤レンガ倉庫2号館。




 180906gfx120DSCF1230.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         ハンマーヘッドクレーンを残したまま、進む9号客船バース整備工事。




 180906gfx120DSCF1240.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         夕暮れ時曇ってはいても西の空はほのかに朱い。そんな空の色を写して微妙な色合いに染まる海。




 180906gfx120DSCF1258.jpg
         <FUJIFIILM GFX 50S / GF120mm F4 R LM OIS WR Macro>
         屋形船が橋の下を通った。いなせなお三方だ。




スポンサーサイト

  1. / trackback:0
  2. / comment:8
  3. [ edit ]

  1. 2018/09/10(月) 21:56:30 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
ヒメアカタテハもイチモンジセセリもなんだか都会的で、絵になりますね。
人が入ると蝶の姿もぐっと引き立ちますね。

Re: タイトルなし

  1. 2018/09/11(火) 10:01:34 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>ダンダラ さん
コメントありがとうございます。
ヒメアカタテハは1頭だけでしたが今年はあまり見かけていなかったので嬉しかったです。
イチモンジセセリだけだとさすがに撮っていても飽きてしまいますからね(笑)。
イチモンジセセリのような地味な蝶はアップでガッツリ撮るか風景や人物とコラボさせるか、
何かしないと中途半端に撮っても寂しさが募るばかりといった感じです。

  1. 2018/09/11(火) 11:16:24 |
  2. URL |
  3. yurin
  4. [ edit ]
サンジャクバーベナ、アベリアともに蝶に人気のある花ですよね、
サンジャクバーベナで吸蜜するヒメアカタテハのお写真は、背景のサンジャクバーベナのボケも美しく、綺麗なお写真ですね!
人物背景のイチモンジセセリのお写真は、この時代の様子が分かる貴重なお写真になるのではないでしょうか。
naoggioさんの撮影されるお写真は、いつも味わい深く勉強になります。

  1. 2018/09/11(火) 13:51:04 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
いつ見ても、画になるいいところですよね・・・横浜港辺り、って‼️
ヒメアカもイチモンジも、お洒落に
見えてしまう(*^_^*)⁉️
これからも、素敵な女性入り、宜しくお願いします(笑)‼️

  1. 2018/09/11(火) 16:11:22 |
  2. URL |
  3. clossiana
  4. [ edit ]
その昔、イチモンジセセリが田んぼの名だたる害虫だった頃には
考えられないような愛情に満ち満ちた絵の数々ですね。わざわざ
撮り直しに出かけられる辺りにnaoggioさんの気概が感じられました。
ヒメアカタテハの方もnaoggioさんの手にかかるとにアッと言う間に
painted lady に早変わりして都会風な面持ち。。ダンダラさんの
仰られている通りです。

Re: タイトルなし

  1. 2018/09/11(火) 16:12:10 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> yurin さん
そうですね。両種とも蝶の好む花ですよね。
赤レンガ倉庫の手前の花壇には毎年サンジャクバーベナが植えられているので私にとっては大変ありがたいです。
今年はちょっと花が少なく常連のアオスジアゲハもこのところあまり見かけません。
ですのでヒメアカタテハが見られたのは嬉しかったです。
蝶が少なくても早朝や夕方、この辺りを散歩するのは楽しいです。
時間があるとついつい足が向いてしまいます。

Re: タイトルなし

  1. 2018/09/11(火) 16:21:14 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> midori さん
本当にそうですね。この辺りで撮ると雰囲気が出ていい感じの写真が撮れます。
そしてこんなほとんど緑のないような場所にもちゃんと蝶がやってきて僅かに咲く花を訪れる。
そのことにいつも感動を覚えます。
ですのでその雰囲気をなんとか写真に出したくて、遠征に行かない日は散歩も兼ねてなるべく足を運ぶようにしています。
素敵な女性が入ってくれれば、それはもう最高なので努力します(笑)。

Re: タイトルなし

  1. 2018/09/11(火) 16:33:57 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> clossianaさん
コメントありがとうございます。
そ、そうでした。害虫だったんですよね。すっかり忘れていました(汗;)。
でもおっしゃる通り、イチモンジセセリには愛情を感じます。
子供の頃から夏の終わりの最も身近な蝶でしたからね。
よく指で捕まえたりもしたのであの感触や耳元を通過するときの羽音など、本当にリアルにイメージできる蝶です。
ヒメアカタテハもよく街でも見かける蝶なので、やはり思い入れが強いです。
野原で出会った時よりも、こんな場所でばったり遭遇した時の方が私の頭の中のイメージにぴったりきます。
オシャレなpainted ladyであってほしい蝶ですね(笑)。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2018 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -