FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

         千葉のNさんからムラサキシジミ、ムラサキツバメ、ルーミスシジミが同じ葉の上で越冬しているのを発見
         したとの情報を頂いた。
         これはそうそう見られるものではないと思い、早速Akakokkoさん(CLICK)案山子さん(CKICK)と共
         に見に行ってみた。8月に行って以来3ヶ月ぶりのルーミス詣でだ。
         
 
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         Nさんに御案内頂き、アラカシと思われる樹のところに行ってみると幸運なことに3種類の蝶がまだ分散せ
         ずに1頭ずつ同じ葉の上でじっとしている。これはとても珍しいことだ。朝のうちは暗かったのでストロボ
         を控えめに使って撮影したりしてみたが、3頭の位置関係が微妙で撮影はなかなかうまくいかない。




 181125em1420_tPB250762.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         11時くらいになると日が当たり始める。他の2種類と比べてルーミスシジミの翅裏は圧倒的に白っぽいの
         でどうしても白飛びしがち。これくらいが限度だった。




 181125em1420PB250901.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ルーミスシジミが太陽を背負うように向きを変え、少し翅を開いて涼やかなブルーを垣間見せてくれた。




 181125em1420PB250918.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         ムラサキツバメが陽光を嫌ってか日陰に潜り込もうと体を動かした。




 181125em1420_tPB251004.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         ムラサキツバメは日陰に入って落ち着いたようだ。ムラサキシジミは最後までほとんど動きがなかった。

         思うにルーミスシジミの好む典型的部分枯葉と、その上に重なったムラサキシジミの好みそうな庇という好
         条件が重なったこと、そして樹のある場所が近年ルーミスシジミが好んで集まる場所だったことなどがこの
         異種3頭集団が形成された要因ではないだろうか。まあ、本当のところは蝶に聞いてみないとわからない。




 181125em1420PB250004.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         こちらは別の樹のてっぺん近くに形成された5頭集団。近年5頭まで集まったことはなかったように思う。




 181125em1420_tPB250126.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         日が当たり始めるともぞもぞと動き出し、一瞬2頭が開翅。




 181125em1420_t_1PB250314.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         結局1頭が開翅して残りは閉翅という状態で安定した。




 181125em1420PB250713.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         少し離れた陽だまりで待っていたらルーミスシジミが飛び出してきた。後翅の欠けがちょっと残念。




 181125em1420_tPB250718.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         もう1頭別個体。



         1人で少し歩き回ってから戻ってみると3兄弟で越冬中だったルーミスシジミがちょっとしたアクシデント
         があってねぐらを飛び出してしまったらしい。
         どこかへ飛んで行ってしまったかと思っていたら30分ほどで帰ってきて、元の葉の近くでチラチラと飛ん
         では止まり、サービス良くポーズをとってくれた。
         なんとか元の葉に戻ってくれないかと思ったが、この日は距離1mくらいまでの所まで戻ったところで日が
         翳ってしまった。
         以下全て同一個体。


 181125em1420PB251071.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
    



 181125em1420PB251086.jpg
      <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




 181125em1420PB251273.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




 181125em1420PB251530.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




 181125em1420PB251372.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




 181125em1420PB251671.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




 181125em1420PB251673.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




 181125em1420PB251045.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         この辺りではよく見かけるオオキンカメムシ。幻光のようなピンク、パープルが妖しく光る。




 181125em1420PB251025.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         ヤマカガシの幼蛇が歩いて(這って?)いた。幼蛇は色が鮮やかだ。


         ご同行の皆さん、当日はお世話になりました。半日の撮影でしたが楽しかったですね。またご一緒しましょ
         う。
         最後になりましたが、Nさん、貴重な情報ありがとうございました。お陰様で珍しい光景を見ることができ
         深く感謝しております。




スポンサーサイト




  1. / trackback:0
  2. / comment:24
  3. [ edit ]

  1. 2018/11/26(月) 17:20:08 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
おぅ、とうとうやりましたね(*^_^*)!!
Nさん情報、こちらまで届いていたら、私も...いや、さすがに無理か(笑)!?
おめでとうございます。
Nさん発信ナイスですね(*^_^*)!!

やはり、ルーミスブルーは、いつ見ても惹かれます。(超美)
飛び出しシーンも素晴らしいです。

美麗“オオキンカメ”も健在ですね!!

  1. 2018/11/26(月) 18:47:21 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
3兄弟が同じ葉というのは本当に貴重ですね。
こんなシーンは考えたこともありません。
貴重な情報に機敏に出かけた成果で、1日遅かったら駄目だったでしょうか。
集団もルーミスとしては多いようで嬉しいですね。

  1. 2018/11/26(月) 19:33:41 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
そろそろどなたかがルーミスの近況をUPしてくれるかなと思っていましたが、これは素晴らしいチャンスに巡り合われましたね。
ルーミスの5頭集団も、いつぞや以来のシーンですね。
飛翔写真も素晴らしいです。

  1. 2018/11/26(月) 22:45:09 |
  2. URL |
  3. Sippo☆
  4. [ edit ]
奇跡的な同居シーン、
ワクワクドキドキしながら拝見させて頂きました!
だから自然界は、ワンダフル(*´∇`*)

  1. 2018/11/27(火) 06:28:09 |
  2. URL |
  3. Farfall
  4. [ edit ]
ムラサキ3兄弟が同じ派の上で越冬とは
素晴らしく、貴重な写真ですね。よくこ
ンな場面に遭遇されました。
ルーミスの飛翔の輝きもやはり美しいです。

Re: タイトルなし

  1. 2018/11/27(火) 07:26:53 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>midoriさん
はい。Nさんのおかげで貴重なシーンを見ることができました。
それとAkakokkoさんが間髪入れずお誘い下さったのが大きかったです。
私だけだったらぐずぐずしていて機を逃したかもしれません(笑)。
ただでさえ魅力的なルーミスシジミですが三位一体はやはりこたえられませんね。
今年は個体数としてはそんなに多くはないと思うのですが、居心地の良い場所に集まってくる傾向があるのでしょうね。
オオキンカメは健在です。本当に綺麗なカメムシですよね。

Re: タイトルなし

  1. 2018/11/27(火) 07:45:05 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> BANYAN さん
はい。本当に貴重なシーンだと思います。
Nさんが見つけられたのが金曜日で、土曜日の天気が今一つだったこともあり、この状況が続いてくれていたのがラッキーでした。
私もこんなシーンは想像したことがなかったのでびっくりしました。
もしかしたらまた元の葉に戻っているかもしれないので都合がつけば様子を見に行ってみたいと思っています。
5頭集団も嬉しかったです。
あの7頭集団以来、せいぜい2〜3頭だったのでルーミスとしては久しぶりの大集団ですね。
もう1〜2頭飛んでこないかなあなんて贅沢なことを考えていますが葉が小さいのでこれ以上ははじき出されてしまうかもしれません(笑)。


Re: タイトルなし

  1. 2018/11/27(火) 10:03:58 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>ダンダラさん
今年は越冬ルーミスの数が少ないと聞いていたのでどうしようかなと思っていたのですが
その矢先の知らせだったのでそれではということで行って参りました。
都合がつかず中1日置いてしまったのでまだ3頭一緒にいるかどうか不安でしたが、
前日の天気があまり良くなかったせいもあって残っていてくれたようです。

あの7頭集団は2008年だったのでちょうど10年前ということになりますね。
なんとも早いものです。今から10年後、想像もつきませんね(笑)。

Re: タイトルなし

  1. 2018/11/27(火) 10:12:00 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>Sippo☆ さん
はい。まさに奇跡的だと思います。
10年以上観察していますがこのような例は初めてです。
後で記事に書き足そうと思っていたのですが、越冬場所のいくつかの条件が重なったこともこの現象の一因ではないかなと。
「自然界は、ワンダフル」 本当にそうですね。こういうことがあるのでやめられません(笑)。

Re: タイトルなし

  1. 2018/11/27(火) 10:22:14 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> Farfall さん
こんにちは。コメントありがとうございます。
Nさんのおかげでこのような貴重な体験をさせて頂くことができました。
持つべきものは蝶友、ですかね。
分散が心配でしたがお陰様で間に合って無事撮影することができよかったです。
ルーミスの翅表のブルーは本当にきれいだと思います。
あのちょっぴりクールなブルー、一体どんな粋な神様が創造して下さったんでしょうね?
仄暗い林内をチラチラと飛び回る姿が本当に可愛らしく美しいですね。

  1. 2018/11/27(火) 14:40:27 |
  2. URL |
  3. clossiana
  4. [ edit ]
こっ、これはすごい。。拍手喝采です。今までに異種間での越冬集団が確認されている記録としては「ルー + ムラシ」「ムラシ + ムラツ」だけでした。「ルー + ムラツ」の組み合わせは見られなかったのです。それを一挙に乗り越えて3種の越冬集団とは!!
これは私に言わせれば人間が二足歩行が出来るようになったことに匹敵する「歴史的快挙!」です。間に合って本当に良かったですね。

こういう場合は私の場合は手が震えてカメラを落っことしてЭ☆$※△#%Я!!と叫ぶのですが、よく大丈夫でしたね。

Re: タイトルなし

  1. 2018/11/27(火) 16:17:03 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> clossiana さん
コメントありがとうございます。
Nさんのおかげで本当に貴重なシーンを見ることができました。
また間に合ったことに関してはAkakokkoさんに感謝です。
それにしてもワクチンではあるまいし、3種混合というのはかなりビックリしました。
見た感じですと寄り添うように越冬体制に入ったムラシとムラツの所に後からルーミスがやってきたように思えましたが、
実際見ていた訳ではないのでなんとも言えません。
撮影中は案外落ち着いて対処できました。でもそれは度を越した興奮と緊張で、却って肝が座ったのかもしれません。
脚立にも乗っていたのでカメラ落とさなくて良かったです(笑)。


  1. 2018/11/28(水) 00:19:04 |
  2. URL |
  3. 10max
  4. [ edit ]
こんばんは。
これは興味深いものを見させて頂きました。
蝶はこうして越冬するのですね。
土の中に潜るのは難しそうだし、どうするのだろうと思っていました。
というか、そもそも成虫が越冬するということも知りませんでした。
あと、蛇足ですが、1枚目のお写真を見て思ったのですが、蝶もフラッシュで赤目になるのですね。

  1. 2018/11/28(水) 06:28:28 |
  2. URL |
  3. field24k
  4. [ edit ]
すごいです。3種同居なんて私には夢のまた夢です。ルーミスシジミ見たことありませんし・・・。
ムラサキツバメは緑色の部分に、ムラサキシジミはちゃんと枯れた部分にいますね。ルーミスシジミは緑色を好むのでしょうかね。
とにかく、うらやましいかぎりです。

Re: タイトルなし

  1. 2018/11/28(水) 09:02:30 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>10max さん
こんにちは。コメントありがとうございます。
蝶は卵、幼虫、蛹、成虫、全てのステージでの越冬が知られています。
首都圏で普通に見られる蝶のうち、成虫で越冬する種は7〜8種類。全体の1/7〜1/8ですので少数派ですね。
この同じ葉の上に乗っている3種類はこうして冬を越しますが、タテハの仲間は藪に潜ったり木のウロや建物の陰に身を寄せたりすることが多いようです。
蝶にとって越冬は大変なことで、寒さや乾燥で力尽きてしまったり、天敵に襲われて命を落としてしまったりすることもあります。
自然は厳しいですね。

お気付きのように蝶もストロボ撮影すると赤目になることがよくあります。
また翅の感じも立体感がなくなってベッタリ写ってしまうので、ディフューザーを用いたりカメラから離して使ったり、
皆さん色々と工夫されているようです。

Re: タイトルなし

  1. 2018/11/28(水) 09:15:18 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> field24k さん
コメントありがとうございます。
そうですね、これには本当にびっくりしました。
発見してくださった方のおかげで貴重なシーンを見ることができました。
おっしゃるように3種で好みの越冬場所が違うので、普通は同じ葉に集まることがないのだと思いますが、
今回は枯葉と緑葉、両方の庇のある部分枯葉という色々な要素の混じった場所だったのでこういうことになったのだと思っています。
ルーミスシジミはかなり白っぽいので、カシの葉の部分枯れの白っぽいところが自分をカモフラージュしてくれると知っているのでしょう。

管理人のみ閲覧できます

  1. 2018/11/29(木) 00:24:29 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

  1. 2018/11/29(木) 05:54:43 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>鍵コメさん
了解です。後ほど連絡致します。

  1. 2018/11/30(金) 23:49:24 |
  2. URL |
  3. akakokko
  4. [ edit ]
集団の中、2頭の表翅が見える1枚がいいですね。
ムラツではよく見ますが、ルーミスで複数の表翅が1枚に収まるシーンは、今まで見たことがありません。
今回も見逃してました。orz

Re: タイトルなし

  1. 2018/12/01(土) 08:32:11 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>akakokko さん
先日はお世話になりました。
どうかなあと思いましたが3種混合が残っていて本当に良かったです。
5頭集団も近年稀に見る集団なので嬉しかったです。
2頭が開翅したのは一瞬だったかもしれません。確かプロキャプチャーで撮っていたと思います。
私も過去画像見てみましたが以前の7頭集団の時も2頭開翅は撮っていないようです。意外と珍しい瞬間かもしれませんね。
運転お疲れ様でした。ガス代↓で気分↑でした(笑)。

管理人のみ閲覧できます

  1. 2018/12/02(日) 00:34:27 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

  1. 2018/12/02(日) 07:42:55 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>鍵コメさん
なるほど、そうでしたか。
こちらこそお知らせありがとうございました。

紫3兄弟揃い踏み!!!

  1. 2018/12/02(日) 16:59:39 |
  2. URL |
  3. ヒメオオ
  4. [ edit ]
ルーミスシジミを観察するだけでも大変なのに
3兄弟が同居とは珍しい光景ですね!
私もいつの日か見つけてみたいです。

Re: 紫3兄弟揃い踏み!!!

  1. 2018/12/03(月) 05:00:08 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> ヒメオオさん
お早うございます。
コメントありがとうございます。
おっしゃるように本当に滅多に見られない光景を見させて頂くことができました。
3種ともにねぐらへの帰巣本能が働くようで、飛び出しては戻ってくるという行動を繰り返しているようです。
5頭集団の方も同じ感じのようですね。
本当に寒さが厳しくなってきた時どうなるのか、できればまた様子を見に行ってみたいと思っています。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -