FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

          7日の日曜日と13日の土曜日、神奈川県のギフチョウの里を訪れた。今年は私の印象では例年より個体
         数が少ないように感じられたがどうだろう。例によって良いチャンスに恵まれず、また巡り合っても撮影で
         きず、といった訳であまり満足な写真は得られなかったが、花が豊富で地形の変化にも恵まれた土地なので
         歩いているだけでも気持ちはよかった。2日間のギフチョウの様子をまとめておく。


                              <7日>

 
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         この日は気温も上がるということだったので町田の S さんをピックアップして早めに現地入り。駐車場で到
         着されたばかりの千葉の N さんと合流。里の道を行くと枝垂れ桜のポイントの下で cactussさん(CLICK)
         がギフチョウを待っておられた。cacutussさんとは久しぶりの再会だ。
          このポイントはもう少し時間が遅くなってからかなと思い飛び始めの早い土手のスミレポイントに移動。
         程なくギフチョウが現れスミレで吸蜜を始めた。しばらくするとなつさん(CLICK)ご夫妻も登ってこられ
         一緒に撮影を楽しんだ。




 190407em1300P4071137.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         10時近くになるとギフチョウがぱったり飛んでくれなくなったので集落の中に移動。ミツバツツジで吸蜜
         するギフチョウを見かける。
         



 190407em1420P4071907.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         同上。




 190407em1420P4071569.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         枝垂れ桜のポイントまで戻って待っているとギフチョウがやってきた。




 190407em1420P4071592.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         チャンスは多くはなかったがなんとか撮影できた。




 190407em1420P4071364.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




 190407em1420P4072124.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>




         190407em1420_tP4071822.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         例年午後のよいポイントとなるマメザクラはもう集客力を失っていて、たまにギフチョウが飛んでくるもの
         の長居せずすぐ飛んで行ってしまう。でもコツバメやイカリモンガにはまだ魅力があるらしく数頭が集まっ
         ていた。これはイカリモンガ。プロキャプチャーモードで表翅が見える瞬間を撮ってみる。本当に錨の模様
         だ。




                            <4月13日>

         190413em1300_tP4130374.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         13日は町田のSさんとakakokkoさん(CLICK)の3人で出発。現地で案山子さん(CLICK)と合流した。
         また途中からは横浜のKiさん、GMさんもお見えになり、存じ上げない多くの方々も含めて多くの方々と一緒
         に撮影を楽しんだ。
          スタートはやはり集落外れのスミレの土手。そこそこ新鮮な個体も現れてくれた。
         



 190413em1300P4130725.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         ギフチョウの数が少ないのでスギタニルリシジミを撮影。さすがにこちらも傷んだ個体が多くなってきた。




 190413em1300P4130769.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         フデリンドウの花はスギタニルリシジミの翅表の色。




 190413em1420P4131132.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         これも桜なのだろうか?純白の花にはコツバメがやってきていた。




 190413em1420_tP4131318.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         民家の庭先のスイセンにもやってきた。よく見ると口吻を伸ばしているので吸蜜と考えてよいのだろう。
         



 190413em1420_tP4131509.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         ビロードツリアブとツーショット。背景は民家の白いトタン壁なのでなんだか妙な感じだ。




 190413em1420_tP4132234.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         スギタニルリシジミも訪花していたので飛び立ちを撮影したらメスだった。メスの表は撮影したことがなか
         ったので嬉しかった。


         

 190413em1420P4132454.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         あとはひたすらミツバツツジの周囲を飛び回る姿を撮影。




 190413em1300P4132532.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         背景にもツツジの花が入ってちょっといい感じ。




 190413em1150P4131797.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         藪の中のこういう狭い空間を器用に飛び回る。それでも気温の高い日には活発に飛び回って翅を傷めてしま
         うことも多い。




 190413em1150_tP4131858.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO トリミング>




         190413em1150P4131850.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         撤収間際になってようやくまともな静止画像を撮ることができた。メスのようだ。




 190413em1420_tP4132315.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4× トリミング>
         最後は地面から飛び立つところ。

         ご一緒くださった皆さん、両日は大変お世話になりました。またお目にかかれるのを楽しみにしております。





         





スポンサーサイト




  1. / trackback:0
  2. / comment:14
  3. [ edit ]

  1. 2019/04/15(月) 17:24:06 |
  2. URL |
  3. clossiana
  4. [ edit ]
う~む、素晴らしい写真の数々ですね。中でも最初から2番目の翅裏を撮った写真が見事です。ギフは色々な方々がそれこそ、ありとあらゆる角度から撮られていますが、こういう角度からの写真は見たことがないような気がします。

  1. 2019/04/15(月) 18:49:56 |
  2. URL |
  3. cactuss
  4. [ edit ]
先日は久しぶりにお会いできて、楽しかったです。
1枚目の飛翔を含め、飛んでいる写真を撮影されて、すばらしいですね。
スギタニルシシジミの雌の翅表もなかなか撮影できないので、
貴重だと思います。

  1. 2019/04/15(月) 21:37:28 |
  2. URL |
  3. Farfalla
  4. [ edit ]
スミレの上を悠然とお飛ぶギフチョウ。
躍動感があふれ、素晴らしいですね。
それよりどのギフチョウの飛翔写真も
素晴らしく、うっとりと見とれるばかり
です。最高傑作ですね。ギフチョウの
命のたぎるような息遣いまで見えるよう
です。

ギフチョウ

  1. 2019/04/15(月) 22:45:42 |
  2. URL |
  3. 案山子
  4. [ edit ]
さすがですね 前のお三方がすべてのことをコメントしていただいたので言葉が見当たりません
たいへん勉強になりました   案山子

  1. 2019/04/16(火) 16:28:02 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
神奈川のギフを楽しまれたようですね。
1枚目の飛び出しは迫力があって素晴らしいです。
ここはいろいろな花での吸蜜が集中して見られるので良いポイントですよね。

  1. 2019/04/16(火) 22:05:10 |
  2. URL |
  3. Sippo☆
  4. [ edit ]
わあ、ギフチョウたっぷりと堪能でしたね!!
こんなにもたくさんのシーンを撮られて、
かなりのお時間を要したものとお察しします。
ギフチョウはお花を選り好みしないのですね。
ますます愛しくなりますね。

フデリンドウの色はスギタニルリシジミの翅表の色
なるほどぐぐっときちゃいました。

昨日、出かけたフィールドで、
飛んでいたシジミチョウ。
ん?ルリシジミにしては青が濃い
というか、紫に近く、暗め?
これって、スギタニ?
ドンピシャでした。
フデリンドウ、めちゃ納得!
拍手☆

Re: タイトルなし

  1. 2019/04/17(水) 06:21:09 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>clossiana さん
コメントありがとうございます。
お褒めいただき嬉しい限りですが、今時のカメラには高速連写やパスト連写など
動くものを撮るのに便利な機能がついていますので簡単に躍動感のある写真が撮れますね。
2枚目はうるさい方だと「なんだ裏か」と言って捨ててしまう画像かもしれません。
でも裏でも微妙な透け感とか美しく、私的には気に入っています。
そこに目を留めて頂けてまたまた嬉しい限りです。

Re: タイトルなし

  1. 2019/04/17(水) 06:25:47 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>cactuss さん
こちらこそ。
本当に久しぶりでしたね。お元気そうで何よりです。
そして御退職おめでとうございます。長年お疲れ様でした。

今回は画質無視でプロキャプチャーを多用してギフチョウの動きを捉えることに専念しました。
スギルリのメス、なんだかウラゴみたいですね。
機会があれば是非ちゃんと撮影してみたいです。
またどこかでお目にかかりましょう。

Re: タイトルなし

  1. 2019/04/17(水) 06:34:29 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>Farfalla さん
お早うございます。
お褒めいただき誠に恐縮です。
この2日間、個体数も少なく思うような撮影はできませんでしたが、
カメラの機能のおかげで動きのある画像を撮影することはできました。
春の里に舞うギフチョウの息遣いを感じて頂けたとしたら幸甚です。
本当は新鮮なギフチョウの静止画像をガッツリ撮りたかったのですがチャンスがありませんでした。
新潟あたりで再挑戦したいです。

Re: ギフチョウ

  1. 2019/04/17(水) 06:39:02 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> 案山子 さん
当日はたいへんお世話になりました。
個体数は多くはなかったですが、最後の頃はよく花に来てくれて楽しい撮影でしたね。
案山子 さんと撮影ご一緒しているとなんとなく楽しくなってきます。
また御一緒させてください。

  1. 2019/04/17(水) 14:22:39 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
枝垂れ桜、ツツジと春らしい花とギフチョウがいいですね。
飛翔も吸蜜も素晴らしいです。
やはり今年は少ないようですね。
スギタニ雌は僕も以前に偶然撮れた飛翔がありますが、プロキャプチャーだと狙いやすいですね。

Re: タイトルなし

  1. 2019/04/17(水) 21:25:57 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>ダンダラさん
はい。近年尾根筋は急登がこたえるので里専門ですが、
個体数は少なかったもののおかげさまでけっこうギフチョウを楽しむことができました。
おっしゃるようにここは色々な花に彩られるのと、どこにいても遭遇のチャンスがあるので楽しいです。
来年以降も同じように発生を続けてくれるといいですね。
両日とも気温はそれほど高くなかったのですがゆっくり止まってくれることが少なく、
勢いプロキャプチャー撮影が多くなってしまいました。

Re: タイトルなし

  1. 2019/04/17(水) 21:41:49 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> Sippo☆ さん
今晩は。
はい。今年は個体数はあまり多くなかったですが、初日は枝垂れ桜、2度目はミツバツツジと
よく花を訪れてくれたのでけっこう楽しむことができました。
ギフチョウはかなり色々な花での吸蜜が報告されていますが、ここではスミレ、サクラ、ツツジが人気ですね。

スギタニルリシジミも春を代表する蝶ですがどうして年1化なのか全くもって不思議です。
ギフチョウもそうですが春までずっと蛹で過ごすなんて退屈してしまいそうですね(笑)。
画像を整理していてスギタニルリシジミとフデリンドウ、色が似ているなあと思いました。

Re: タイトルなし

  1. 2019/04/17(水) 21:49:50 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> BANYAN さん
ここへ来ると皆さん、1日に何種類の花での吸蜜が撮影できるかと数えていらっしゃるようです。
園芸植物も含めそれほど色々な花が咲いていて、確かにそんな気分にさせられるかもしれませんね。
こんな場所はちょっと他にないかもしれません。
今年はどう考えても数少なめだなと思いました。どのポイントでも待ち時間がかなり長かったです。
スギルリのメスの翅表は初撮影でしたがしっかり撮れれば綺麗でしょうね。
確かにプロキャプチャーで狙えば楽なのですが裏だけで雌雄の判別をするのが難しいので、
今回も飛んでみたらオスだったということがありました。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2019 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30