FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

          4月20日と23日、新潟県でギフチョウを追った。今年の新潟は読みが難しいと皆さんおっしゃってお
         いでのようだが、確かに寒の戻りがあり遅い降雪にも見舞われたため山間では発生時期を読むのが難しそう
         である。もう少し早めに長岡市の平野部などへ行けば良かったのだが出遅れてしまったため、やむなくさら
         に南下した地域を探索してみた。
          しかし今年の山あいはギフチョウの発生数がかなり少ないようだ。ここ数年毎年のように訪れている保護
         地にも両日行ってみが、発生初期と思われた1回目より3日後の2回目の方が好条件にも関わらず見かけた
         個体数が少ないという意外な結果。2回目にはメスも確認しているので、これからどんどん発生してくると
         考えるより、個体数が少ないと判断した方が良さそうである。保護活動をされている地元の I さんも、今年
         はどこに行っても極端に個体数が少ないと心配しておられた。寒の戻りが蛹の中で成体となっていた蝶に影
         響を及ぼしたものか、或いは昨年の夏の暑さの影響で寄生蜂やウィルスが増えたのか、原因はわからないが
         残念だった。


                             ー20日ー

 
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO テレコン1.4×>
         20日はAkakokkoさん(CLICK)と出動。途中でmidoriさん(CLICK)をピックアップして3人で新潟県を
         目指した。
         写真はmidoriさんと待ち合わせたコンビニで撮影した平成最後となる満月。



         
 190420em1300P4200014.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         最初のポイントに8時半頃到着。待っているとたまにギフチョウが飛んでくるが止まってくれない。わずか
         なチャンスに辛うじて撮れた1枚。




 190420em1300P4200020.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         10時前にダンダラさん(CLICK)御夫妻が合流。5人でギフチョウを待ったがたまに通りかかる程度でますま
         す止まらなくなってきた。1度だけカタクリの花にやってきたところを撮影したが裏。
         別ポイントに千葉の N さんが行っておられたので電話してみるとポツポツ飛んでいるとのことなので、こ
         のポイントに残られることにされたダンダラさん御夫妻と別れ移動することにした。




 190420em1300P4200121.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         移動先に着くとNさんが駐車場所で待っておられたので合流して奥のポイントに向かった。
         最初に撮影したオス。ちっとも翅を開いてくれないので飛び立ちを撮影する。流石に新鮮だが、羽化したて
         という訳でもなさそうだ。
         



 190420em1300P4200277.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>




 190420em1300P4200256.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         カタクリ吸蜜。でもいかにも角度が悪かった。




 190420em1300P4200728.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         ギフチョウがほとんど飛んでくれなくなったので駐車場所まで戻ってくると1頭が林縁に出てきてカタクリ
         の花に止まってくれた。逆光気味で青斑がつぶれてしまったがこの日最後の嬉しい1枚に。



                             ー23日ー

 190423em1300P4230644.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         23日は町田の S さんと2人で出発。最初のポイントではギフチョウが樹上を飛んでいるのは見えるものの
         なかなか降りてきてくれない。たまに降りてきてもすぐ遠くに飛び去ってしまうという状況。仕方ないので
         カタクリで吸蜜しているコツバメの飛翔を撮影した。




         190423em1300_tP4231144.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         2箇所目は20日の後半と同じポイント。ここで保護活動をされている地元の I さんと一緒に撮影を楽しみ
         ながら色々なお話しをさせて頂いた。




         190423em1300_tP4231688.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         この日は気温が極端に高く開翅してくれないので飛び立ちを狙ったがジャスピンには恵まれなかった。



 190423em1300P4231360.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         林間の木の芽や細枝によく止まってくれたので閉翅は色々な光で撮ることができた。




 190423em1300P4231928.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>




 190423em1300P4232230.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>




 190423EM1300P4231070.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         メスっぽい行動の個体がいたので追いかけてみたら林床に止まった。やはりメスだった。




         190423em1150P4232765.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         石仏の傍にショウジョウバカマが花をつけていて、ここに来てくれたらいいねえと話していたら1度だけそ
         こに止まってくれた。吸蜜ではなく静止、のようである。




 190423em1150_tP4232787.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO トリミング>
         このショウジョウバカマが気にはなるらしく近くを飛んだりはするのだが結局吸蜜はなかった。




 190423em540P4230037.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M5Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         3箇所目のポイントはまだこんな様子で発生までもう2週間はかかりそう。4箇所目では1頭が飛んでいる
         のを見かけたがすぐに遠くに消えていった。




 190423em1300P4232957.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         この日巡った最後の5箇所目も個体数は少なかったが、綺麗なメスが1頭現れてノジスミレで吸蜜してくれ
         た。
         
         *スミレの和名をノジスミレと書きましたが banyanさん(CLICK) さんからマキノスミレではないかとの
          御指摘を頂きました。
          調べてみた所その公算が高いのではないかと思われますので付記致します。




 190423em1300P4233146.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         日陰の崖に咲くスミレでひっそり吸蜜するあまりに美しい姿。少し葉被りだったのが残念だが久しぶりに撮
         影した新潟のメスの全開翅にただただ感激であった。


         撮影当日ご一緒くださった皆様、その節は本当にお世話になりました。おかげさまでギフチョウは少ないな
         がらも中身の濃い楽しい撮影を楽しむことができました。感謝いたします。







スポンサーサイト




  1. / trackback:0
  2. / comment:14
  3. [ edit ]

  1. 2019/04/26(金) 17:32:46 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
今年のこの地域のギフは難しかったですね。
ご一緒した日はあの後ギフは全く出てきてくれず、山菜取りになりました。
きれいなカタクリ吸蜜がうらやましいです。
23日はまた同じ場所に出かけましたが、個体数はそれなりに増えていましたが、納得いく写真は撮れずじまいでした。
こちらもスミレでの吸蜜が素晴らしいですね。

  1. 2019/04/27(土) 09:20:32 |
  2. URL |
  3. Farfalla
  4. [ edit ]
スミレの吸蜜写真本当に美しいですね。ギフチョウ
というとカタクリにこだわってしまうのですが、ス
ミレでこういう写真が撮れるんだなあと改めて感激
しました。神々しい写真ですね。

  1. 2019/04/27(土) 20:30:38 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
その節は、大変お世話になりました。ありがとうございます。
久しぶりにご一緒させて頂き、とても楽しかったです。

今年の新潟ギフは、中々思い通りにいかないようですね。
例年にない春先の暖かさから、急な寒の戻りで、小動物たちには過酷な環境に
なってしまったのでしょうかねー...ちょっと心配です。

最後のメスギフの美しさに、思わずウットリ、です(*^_^*)!!

Re: タイトルなし

  1. 2019/04/27(土) 23:42:58 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> ダンダラさん
そうですね。ただでさえあの辺りはちょっとした場所の違いで雪の残り方が異なり難しいですが、
今年は寒の戻りや降雪があったりして余計難しいかもしれません。
お目にかかった日はあの後だめだったのですね。
私が回ったポイントもどこも個体数が少なく、今年は今までのところ不作の年という判断です。
来年以降どうなるか、気をつけて見ていきたいと思います。
スミレでの吸蜜は崖だったので角度がよくラッキーでした。


Re: タイトルなし

  1. 2019/04/27(土) 23:49:32 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> Farfalla さん
今晩は。
ダンダラさんへのレスにも書きましたが、
スミレの吸蜜は道路脇の土手のような所だったので角度がよく撮影し易かったです。
日陰だったのでしっとりした色と、ちょっと怪しげな雰囲気が出てくれました。
仰るようにギフチョウも時と場合によっては神々しいくらいの雰囲気を纏いますね。
それが見たくてついつい新潟くんだりまで出掛けてしまう訳ですが、
なかなかいいチャンスには恵まれませんね(笑)。

Re: タイトルなし

  1. 2019/04/27(土) 23:56:17 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>midori さん
こちらこそ、大変お世話になりました。
蝶は少なかったですが本当に楽しかったですね。
あの3日後に再訪したのですが、やはり数は少なかったです。
暑いくらいの気候だったのですが、羽化してくる感じもなかったですね。
やはり寒の戻りがこたえたのでしょう。
ラストのメス、ほとんど止まらなかったのですがたまたまこのスミレで吸蜜してくれました。
かなりラッキーだったと思います。
機会があればもう1度奥地を狙ってみたいと思っています。

  1. 2019/04/28(日) 06:57:52 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
やはりカタクリとギフはいいですね。
コツバメの翅表も綺麗です。
スミレ吸蜜も見事です。
マキノスミレのようにも見えます.
僕もそれほど詳しくないので自信はありませんが、主に日本海側の花なのでノジスミレより嬉しい組み合わせですよね。(^^;

  1. 2019/04/28(日) 13:16:23 |
  2. URL |
  3. yurin
  4. [ edit ]
ラストのスミレで吸蜜するギフチョウ、本当に美しいですね~
色合いがクッキリと表現されていて、ため息が出ます。
何箇所も回られて撮影された甲斐がありましたね!
コツバメが飛翔中に見せてくれる濃いブルーの輝きも素晴らしいですね。

  1. 2019/04/28(日) 16:48:03 |
  2. URL |
  3. clossiana
  4. [ edit ]
う~む、個人的には石仏の傍らのショウジョウバカマでの休息場面に一票かな。。
この蝶の生態の一端をのぞかせていますので。勿論、最後の♀写真もすごいですけど。いずれも撮影、おめでとうございます。

  1. 2019/04/30(火) 18:34:40 |
  2. URL |
  3. akakokko
  4. [ edit ]
つぼみ止まり、いいですね。
コツバメもここしかないという位置での満開翅、すばtらしいです。
あのショウジョウバカマにも来たのですね。
見慣れないノジスミレでの吸蜜も羨ましい。

Re: タイトルなし

  1. 2019/04/30(火) 19:51:52 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>BANYAN さん
遅レスですみません。
そうですね。カタクリとギフチョウ、どうしても外せない組み合わせですよね。
今年はほとんどチャンスがなくてちょっとがっかりでしたが、この1枚が撮れただけでも良かったです。
コツバメも横浜市内では撮り足りなかったので嬉しかったです。
マキノスミレという名前は初めて聞きました。
調べてみましたがそうかもしれませんね。後で記事を修正しておきます。御指摘ありがとうございました。

Re: タイトルなし

  1. 2019/04/30(火) 20:00:34 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> yurin さん
そうなんです。近頃ギフチョウをあまりガッツリ撮っていなかったのですが、
このメス、本当に新潟らしい明るい個体で、ファインダーで覗いていてもおっしゃる通りのため息ものでした。
日陰でしたので色飛びもなく満足ゆく撮影ができました。
また5箇所回った最後だったので喜びも余計に大きかったです。
コツバメはけっこう個体数がいてそれなりに枚数も撮ったのですが、カタクリの花の間を飛ぶこのシーンにだいぶ時間を使いました。
この時たまたまギフチョウが降りてきてくれなかったので怪我の功名です(笑)。

Re: タイトルなし

  1. 2019/04/30(火) 20:08:11 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> clossiana さん
コメントありがとうございます。
この石仏の傍らには毎年ショウジョウバカマが咲いていたので今年こそと思っていましたら本当に立ち寄ってくれました。
こういう林内のちょっとした木漏れ日の入る所、ギフチョウは本当に好きですよね。
こういった場所は人間が草刈りなどして環境を整備するので毎年のようにそこでギフチョウが遊んでくれるのでしょうね。
ギフチョウらしい・・・私達がそう思う姿を切り取ることができて本当に嬉しかったです。

Re: タイトルなし

  1. 2019/04/30(火) 20:17:36 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>akakokko さん
2回目に行った時は御一緒した時より個体数は少ないくらいだったのですが
どういうわけか木の芽などで休んでくれることが多く、地面よりは撮影しがいがありました。
コツバメはこの3つのカタクリの間に入れたくてひたすら飛ぶのを待ちました。
メスなのでなかなか動かなかったのですが、多分上の花に飛び移るだろうと思い信じて待ちました。
ちょっとぶれてしまいましたが着目して下さってありがとうございます。
ショウジョウバカマ、来ましたねえ。休憩ですけれど。
スミレはbanyanさんからマキノスミレかもとのご指摘を頂いたのでこれから調べてみます。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2019 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30