FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

          5月19日が娘の結婚式だった。「モーニング」なるものを生まれて初めて着て、娘とバージンロードを
         歩いた。親族紹介をしたり来賓にお酌をして回ったり、やり慣れないことをしたのでたいそう疲れてしまっ
         た。
          ひとり娘を嫁にやるのだからもっと涙を誘われるかと思ったが、新郎新婦の友人達が皆楽しすぎて、一緒
         になって笑っているうちにいつの間にか式と披露宴が終わっていた。家内もどうやら似たり寄ったりだった
         みたいだ。今はお祭りが終わってしまった後の寂しさみたいなものが心に燻っている。

          20日と22日に抜けられない仕事が入っていたので23日に仕事を休み、このところ悪化している膝関
         節症を押して町田の Sさんと長野県を訪れてみた。現地では千葉の Nさん、横浜の Taさん御夫妻にもお目に
         かかることができ、ようやく日常が戻ってきたなという気分になれて嬉しかった。
         

 190523em1300P5230090_2.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         長野県の高標高地ではまだギフチョウを見ることができる。もっと山奥の所謂山ギフや超豪雪地帯のギフチ
         ョウではないのでさすがにちょっと時期を外した感があったが、可愛らしい色のツツジで吸蜜する姿がとて
         も綺麗だった。




         190523em1150_tP5230486.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO トリミング>
         残雪の山を背景に飛ぶミヤマカラスアゲハ。




 190523em1150P5230696.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO>
         ショルダーバッグのストラップに止まったヤマキマダラヒカゲ。後翅眼状紋の外側の白帯は薄紫色を帯びる。
         ヒメキマダラヒカゲでは気づいていたがヤマキマダラヒカゲではあまり意識したことがなかった。




 190523em5300P5221004.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         今年初撮影のウスバシロチョウ。




 190523em1210_tP5230813.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4× トリミング>
         沢筋に入ってクモマツマキチョウを探した。運良く盛んにスミレで吸蜜してくれる1頭のオスに巡り合うこ
         とができた。




 190523em1300_tP5231691.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>




         190523em1210_tP5231175.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4× トリミング>




 190523em1210_tP5231085.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4× トリミング>




 190523em1210_tP5230902.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO テレコン1.4× トリミング>




 190523em1300_t_1P5231723.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 MarkⅡ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         日陰に入った時がとても美しかった。





スポンサーサイト




  1. / trackback:0
  2. / comment:16
  3. [ edit ]

おめでとうございます

  1. 2019/05/28(火) 18:36:27 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
中々ブログが更新されないので、気になっていました。
良いお知らせを聞かせて頂き、おめでとうございます。

本業に戻られて(⁉️)、また素敵な写真を拝見でき、感激しています。
ギフ、クモツキの吸蜜シーン、いつ
見ても惹かれます(*^_^*)。
やはり、クモツキの美しさは、一線を画しますね‼️

  1. 2019/05/28(火) 19:25:20 |
  2. URL |
  3. Farfalla
  4. [ edit ]
お嬢様のご結婚おめでとうございます。
ほっとした安堵、喜びとちょっぴり寂しさが
ないまぜになったお気持ちだと思います。
ギフチョウ、クモツキ素晴らしい出会いです
ね。クモツキのオスのオレンジがまぶしいです。

  1. 2019/05/28(火) 22:18:14 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
なかなか更新がないので、どこか体を壊されたのかと思っていましたが、そうですか安心しましたし、おめでとうございます。
クモツキ、先日私も行ってきましたが、個体数が少なくて苦戦しました。
良いオスに巡り合って充実した時間を過ごされたようで良かったですね。
ギフも新鮮で素晴らしいです。

  1. 2019/05/28(火) 22:46:18 |
  2. URL |
  3. Sippo☆
  4. [ edit ]
わあ、お嬢様ご結婚おめでとうございます!!!
初めて着るモーニング♪
ドキドキドキドキでしたね(*´∇`*)
ヤマキマダラヒカゲは、このような色合いになるのですね。
クモマツマキチョウは鮮やかなオレンジ色が素晴らしいですね!
拍手☆

  1. 2019/05/28(火) 23:10:07 |
  2. URL |
  3. akakokko
  4. [ edit ]
タキシードを着てバージンロードを歩いているnaoggioさんを想像できません。^^;
新婦のご尊父とは、大役でしたね。
おめでとうございます。そして、お疲れ様でした。

ピンクの花びら色に染まったギフと、スミレとクモツキの吸蜜、綺麗ですね。
これを見せられると、クモツキに会いに行きたくなってしまいます。

  1. 2019/05/29(水) 06:59:50 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
僕もお会いしたこともあるので嬉しく感じます。おめでとうございます。
楽しい式だったようで良かったです。
やはりオレンジが美しいですね。
良いモデルと出会えて最高ですね。
日陰では撮影したことないかもしれません。

  1. 2019/05/29(水) 16:30:09 |
  2. URL |
  3. clossiana
  4. [ edit ]
お嬢さんの結婚式でしたか。。無事に式を終えられたようですね。おめでとうございます。涙の無い結婚式も、それだけ楽しい場だったからなんでしょう。お疲れさまでした。

オレンジ紋の蝶は式が終わった後の寂しさを紛らわせてくれる格好のお相手でしたね。

Re: おめでとうございます

  1. 2019/05/29(水) 22:03:31 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>midori さん
今晩は。お祝いのお言葉ありがとうございます。
この春は体調を崩したりビッグイベントがあったり、
また仕事の野暮用も多くてブログに割く時間がありませんでした。
もうしばらくは色々とあるので完全復帰という訳でもないのですが、とりあえず蝶の撮影を再開することができました。
クモツキはやはり素敵な蝶ですね。何度見ても現れるとドキッとします。
どうかなあと思って現地入りしたのですが見られて本当に良かったです。

Re: タイトルなし

  1. 2019/05/29(水) 22:12:03 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>Farfalla さん
ありがとうございます。
一人娘なので、おっしゃる通り嬉しさと寂しさを感じつつ毎日を送っております。
長野県のギフチョウももうそろそろ終わりですが、もう1度見ておきたいと思って出かけてみました。
あと4〜5日早く行ければもっと新鮮な個体が多かったと思うのですが、数はけっこういたのでそれなりに楽しめました。
クモツキの方は雄雌1頭ずつの目撃で、撮影できたのはこのオス1頭だけでした。
今年は今までのところクモツキあまりよくないようですね。

Re: タイトルなし

  1. 2019/05/29(水) 22:22:28 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>ダンダラさん
ありがとうございます。
結婚式の数日前から遠方の親戚が東京に出てきたりしていたので何かと忙しく、ブログ活動に時間を割く事ができずにおりました。
おかげさまで無事挙式も終了しほっとしているところです。
今年は南でも北でも、今までのところクモツキのいい話を聞かないですね。外れ年なのかもしれません。
この日はギフの撮影を終えてから移動してクモツキのポイントに行ったので短い時間しか撮影していないのですが、
たまたまよく吸蜜してくれる個体だったので助かりました。
飛び回ってばかりの個体が何頭もいるよりサービスしてくれる個体が1頭いてくれる方が助かりますよね。

Re: タイトルなし

  1. 2019/05/29(水) 22:30:11 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>Sippo☆ さん
ありがとうございます。なんとか無事に挙式を終える事ができてホッとしています。
初めてづくしのイベントに緊張しっぱなしでけっこう疲れました。
娘を持った父親にはこんな試練が待っているんですね(汗;
ヤマキマダラヒカゲのこのパープルがかった色合いは今まで意識していませんでしたが綺麗なものですね。
クモマツマキチョウはやっぱり春の蝶の最後を飾るにふさわしい美しさを備えていると思います。
今回は撮れればラッキーくらいに思って入山したのでとても嬉しかったです。

Re: タイトルなし

  1. 2019/05/29(水) 22:39:27 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>akakokko さん
是非想像してみてください。
あ、その際一つ注意申し上げると、モーニングという衣装はでぶったオヤジ体型をかなりカバーしてくれる優れものなのです(笑)。
いや〜、なんだか疲れましたが、まあ無事に終える事ができて良かったです。ありがとうございます。

今年はクモツキがあまり多くないのかもしれませんね。
このポイントでもこれからまだ発生するという感じではなく、周囲の環境の夏めき方も含めてもう終盤といった感じでした。
これからまだチャンスはあると思いますので機会があれば行ってみましょう。

  1. 2019/05/29(水) 22:46:59 |
  2. URL |
  3. 10max
  4. [ edit ]
こんばんは。
娘さんのご結婚おめでとうございます。
お涙頂戴のはずが、楽しい会になったようで、それはそれでよかったですね^^
そしてお疲れ様でした。
親目線の結婚式の気苦労というのはまだ想像も付きませんが、一つ落ち着いたような寂しいような複雑な感情になるのでしょうね。

ギフチョウに山ギフや豪雪ギフなどのバリエーションがあるとは知りませんでした。
巡り会えるとよいですね。

Re: タイトルなし

  1. 2019/05/29(水) 22:52:10 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> BANYAN さん
そうか、そうでした。本人と面識があると、やはりリアリティーが違いますよね。
ありがとうございます。
おかげさまで楽しく式を終える事ができ今はホッとしています。

クモツキのオレンジはやっぱり綺麗ですね。
周囲の環境も含めてチャンスがあれば毎年会いに行きたくなります。
今回はオス1頭、メス1頭のみの目撃でしたがたまたまオスがよく吸蜜してくれる個体だったので助かりました。

Re: タイトルなし

  1. 2019/05/30(木) 07:19:39 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>clossiana さん
ありがとうございます。
おかげさまで娘を無事嫁に出す事ができました。
なんだかんだと用も多くて疲れましたが、これで一応責任は果たしたかなと思ってホッとしております。

ほぼ1年ぶりに見るクモマツマキチョウのオレンジは、やはり目に染みましたねえ。
これが飛んできて花に止まってくれると、他のことは全て忘れてしまいます。
知らずしらず駆け回っているので後でどっと疲れが出ますが(笑)。

Re: タイトルなし

  1. 2019/05/30(木) 07:40:22 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> 10max さん
お早うございます。
祝いのお言葉をどうもありがとうございます。
本当に想定外の楽しい式で、泣かずに済んで良かったです。
でも新郎の友人で、けっこうごつい男の方が激しく泣いておられました。きっと繊細な人なのでしょう。
あのバージンロードって奴はけっこう緊張しますね。10max さん、お嬢さんがいらっしゃらなくて良かったですね。
あ、でも代表スピーチの方はお鉢が回ってくると思いますので今からしっかり原稿を準備しておいて下さい(笑)。

ギフチョウはマニアックな観点から見れば色々なバリエーションが存在します。もちろん全て同じギフチョウという種に変わりはないのですが。
例えば飛騨の山間部で出現率の高い翅形の丸い「丸ギフ」とか、飯田などで稀に見られる真っ黒な「黒ギフ」とか。まあ滅多に見られるものではありませんが。
微妙な地理変異や個体変異、劣勢遺伝による変異などがマニア心をくすぐる点がギフチョウの人気をより高いものにしてきたようです。
山ギフや豪雪地帯のギフは発生が遅く、7月の記録もあるようです。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -