FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

             ナショナルジオグラフィックに掲載された新型コロナウィルスに関する記事で面白いものがあ
            ったと家内が教えてくれた。↓

             リンク1(CLICK)
             リンク2(CLICK)

             ゲノム解析も進んで新型コロナウィルスの正体もだいぶ明らかになりつつあるようだ。コウモ
            リ以外にもよく似たウィルスが珍獣センザンコウからも検出されているらしい。記事では昨年秋
            にセンザンコウからヒトに感染った可能性があることを示唆している。
             センザンコウの肉は癖がなく美味。そして体を覆う硬い鱗は漢方薬の材料として珍重されるた
            めに乱獲され、今や絶滅の危機に瀕しているそうである。私も40年ほど前に中国で食べたこと
            があるがとても美味しかった記憶がある。と同時に、街角で見かけた食用動物屋の檻の中に、幾
            重にも折り重なるようにして詰め込まれたセンザンコウの哀れな姿が脳裏に焼きついている。
            
             人間の食に対する貪欲さ、生への執着、美への願望、或いは単なる収集癖、そういったものの
            犠牲になって絶滅したり、絶滅しかかっている生物は枚挙に暇がないが、センザンコウもそんな
            生物の1つだということだ。
             新型コロナウィルス感染拡大の最中、私は下の写真の情景や、これでいいのだろうかと思いな
            がらカメラを向けた時に感じた、重く湿気を帯びた空気をまざまざと思い出す。そして昨日まで
            は単なる思い出でしかなかった出来事に、一抹の後ろめたさを覚えるようになった。


 
            水たまりの横に置かれた金網檻の中に何頭ものセンザンコウが入れられている。



 19822000img345.jpg
            ハクビシンのこの目も忘れられない。

スポンサーサイト




  1. 哺乳類
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

  1. 2020/04/04(土) 07:42:43 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
センザンコウですか~。
中国では(というか人は)ほんとにいろいろなものを食べるんですね。

40年前の写真、さすがnaoggioさんだと思いました。

当時はフィルムで現像代もいれると、36枚で2000円位(当時)かかったから、一枚一枚大事に撮影していて、わたしだったらカメラを向けていなかっただろうな。

Re: タイトルなし

  1. 2020/04/05(日) 07:51:18 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>ダンダラ さん
可能性でしかありませんが、センザンコウ由来説も有力なようです。
ゲノム解析とそこから演算的に遡る手法で、今はかなりのところまでルーツを特定できるんですね(ダンダラさんの方がお詳しいでしょうけれど)。
人口爆発とグローバル化によってただでさえヒトに感染するウィルスにとって絶好の環境を作り上げてしまった訳なのに、
加えて保菌動物と濃厚接触を続けていたのではウィルスが蔓延しない方が不思議なくらいです。

フィルムはお金がかかりましたよね。当時白黒現像、焼き付けは自分でやっていましたが
廃液垂れ流しだったので、これも人生の中での反省点となっています。





 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2020 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -