FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

          7月12日は東信の天気がまあまあのようだったので町田の S さん、Akakokkoさん(CLICK)と共に
         出掛けてみた。
          朝一番でいつものアイノミドリシジミのテリポイントに行ってみたらあきるのの Kaさんが既にお見えに
         なっていた。その後湘南の Ku さん、千葉の N さんもお見えになり、飛び始めるのを待ったが結局1頭も
         現れず。どうしてしまったのだろう。

 200712em13420_tP7120013.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO / MC-14 トリミング>
         Ka さんの MINI のエンブレムにイチモンジチョウがやってきた。
         アイノミドリシジミは諦めることにしてコヒョウモンモドキを探しにゆくことにして移動。



 200712em13300_tP7120208.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         コヒョウモンモドキもなかなか見つからなかったが、そのうち奥の方へ様子を見に行った方達から連絡が入
         りオスが見つかったというので急いで駆けつける。



 200712em13300_tP7120158.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>



         
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         オスの飛び立ち。ピントは外したがちょっとユニークな画像になった。



 200712em13300P7120831.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         やがてメスも見つかったが、この辺りで雨が降り始めた。



 200712em13300_tP7120892.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         閉翅を待ったが雨にもかかわらず翅を開いたままだったので Akakokko さんにお願いして飛ばしてもらっ
         た。飛び立つ瞬間に翅を閉じたところ。



 200712em13300_tP7120896.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>



 200712em13300P7120574 (2)
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         イボタの花で吸蜜していたオオウラギンスジヒョウモン。



 200712em13300_tP7120497.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         飛び立ったオオウラギンスジヒョウモン。
          


         200712em13300P7120741.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         ウラジャノメは傷んだ個体が多かったがこれはまずまず。



 200712em13300P7121025.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         場所を移動して別の草原へ向かったが、雨が強くなってきたので車中で1時間余り待機。
         雨上がりには真っ先にコヒョウモンが現れた。
         


 200712em13300_tP7120976.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         ハクサンフウロで吸蜜(吸水?)。



 200712em13300P7121165.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO> 
         そのうち待望のミヤマシロチョウも。



         200712em13300_tP7121310.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         ウツボグサもたくさん咲いているのにこの時はほとんどがアザミで吸蜜していた。



         200712em13300_t_2P7121238.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         ウラギンヒョウモンとのツーショット。



         200712em13300_tP7121536.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>



 200712em13300_tP7121789.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>



 200712em13300_tP7121790 (2)
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>



 200712em13300P7121869.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         さらにミヤマモンキチョウを求めて移動。ポイントに着くと綺麗なクジャクチョウが出迎えてくれた。


 200712em13300P7122407.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         ガスが出て風も強く、従ってかなり寒く感じる。こういう時ミヤマモンキチョウは静止したまま動かない。
         これはメスの静止個体。



 200712em13300P7122285.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         見ていると風に煽られてたまに翅表が見える時がある。なんとか表を写し止めようとプロキャプチャーモー
         ドに切り替えて瞬間を狙ってみた。



         200712em13300_tP7122575.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         ときおり雲が切れて陽が射してくれる時がある。そうするとミヤマモンキチョウもすぐに活動を開始する。
         オスがハクサンチドリで吸蜜してくれた。ハクサンチドリはこの蝶の発生前に花期を終えてしまうことが多
         いそうで貴重なショットとなった。



         200712em13300_tP7123672.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         食草となるクロマメノキやコケモモの花で盛んに吸蜜。コケモモの方は地面を這うように自生しているので
         残念ながら満足な吸蜜は撮影できなかった。次回はあの可愛らしい花での吸蜜を撮ってみたいものだ。


 200712em13300_tP7122429.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         メスの飛翔。
         
        

 200712em13300P7123002.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>
         オスの飛翔。



 200712em13300P7123005.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO>



 200712em13300_tP7123010 (2)
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>



 200712em13300_tP7123051.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1 Ⅲ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO トリミング>
         下にコケモモの花が写っている。


         この日は千葉のNさん、湘南のKuさん、あきるののKaさん、maximiechanさんhimeooさん
         photobikersさん他多くの方々と撮影をご一緒することができた。皆さん当日は大変お世話になりました。
         心よりお礼申し上げます。







スポンサーサイト




  1. / trackback:0
  2. / comment:18
  3. [ edit ]

  1. 2020/07/15(水) 17:01:20 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
アイノは昨年は結構飛んでいましたが残念でしたね。
群馬とは標高差が500くらいはあるので、未発生でしょうか。
コヒョウモンモドキはやはり魅力的ですね。
高山蝶2種も飛翔、翅表のオンパレードで見ごたえあります。
僕も飛び立ちの練習をしないといけないのですが、将棋を見てしまっています。(^^;

  1. 2020/07/15(水) 17:04:20 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
高原蝶との出会い・撮影おめでとうございます。

“ミヤマモンキ”の表翅をじっくり拝見させて頂きました。
中々、魅力的な美蝶ですよね。ハクサンチドリの吸蜜シーン、ナイスショット!!
“コヒョウモンモドキ”心配ですが...大丈夫そうですか!?

クジャクチョウが眩しいー(超美)!!

  1. 2020/07/15(水) 17:22:42 |
  2. URL |
  3. maximiechan
  4. [ edit ]
ミヤマモンキのポイントでお会いでき、貴兄はじめ皆様のお陰で探す手間なく静止や吸蜜を撮影できました。ありがとうございました。その場所で雌や飛翔も撮られていたとは。美しい翅表を羨ましく拝見しました。その前にも色々な所で探蝶されたのですね。コヒョウモンモドキは当日、自分も探しましたが、見つけられませんでした。その場所には採集者が何人か入っていて、がっかりしました。
今年は既に何度かお会いしているので、この後もまたお会いできるかもしれませんね。

  1. 2020/07/16(木) 00:28:57 |
  2. URL |
  3. 里山便り
  4. [ edit ]
お声掛け戴いたのに咄嗟に思い出しませんでした。 大変失礼しました。
相変わらず素晴らしい映像の数々、只々ウットリ拝見しています。 自身の体調を考慮してご挨拶もせず先に撤収してしまった失礼をお許しください。

  1. 2020/07/16(木) 05:51:48 |
  2. URL |
  3. Farfalla
  4. [ edit ]
梅雨の僅かの晴れ間に諸先輩が勢ぞろい
で楽しい撮影会ですね。時々日差しがある
なんて粋なはからいですね。その度に高山
蝶が飛び出し、素晴らしい写真が満載です。
ミヤマモンキの飛翔は中でも素晴らしいで
す。

Re: タイトルなし

  1. 2020/07/16(木) 07:50:15 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
BANYANさん
アイノはここではまだどなたも確認されていないようなので未発生かもしれません。
高標高地のゼフィルスの発生は遅れ気味なのでしょうか。
コヒョウモンモドキは本当に気の利いた柄ですよね。私もお気に入りです。
将棋ですね、藤井聡太最年少タイトル、いよいよ今日ですか・・・
私は見ていてもさっぱりわからないのですが結果は気になりますね。

Re: タイトルなし

  1. 2020/07/16(木) 09:33:52 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
midori さん
ありがとうございます。
おかげさまでこの日は効率よく撮影することができました。
ミヤマモンキは静止状態で翅を開くことがほとんどないのでなるべく飛翔を狙ってみました。
新鮮個体ですと外縁の黒帯の中に散りばめられたイエローがはっきりしていていいですね。
コヒョウモンモドキ、今のところは心配なさそうですが採集者が入っていたので心配です。
クジャクチョウはmidoriさん的に言えば「超美 !」でした。

Re: タイトルなし

  1. 2020/07/16(木) 10:43:37 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
maximiechan さん
今年はよくお目にかかりますね。3度目でしょうか。
会わない年は全く会わずに終わるのに、不思議なものですね。
ミヤマモンキは私はほとんど見つけていないのでその他大勢の方のおかげです(笑)。
私達がコヒョウモンモドキを見つけた場所にも採集者が入っていたのでもしかしたら時間差だったかもしれません。
そうですね。またお目にかかれると良いのですがまたコロナが心配になってきました。

Re: タイトルなし

  1. 2020/07/16(木) 14:04:31 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
里山便り さん
コメント恐れ入ります。
こちらこそ子供でもあるまいにちゃんと御挨拶申し上げられず失礼いたしました。
マスクしてたら誰だかわかりませんよね。
久しぶりにお目にかかれて嬉しかったです。
私もこの頃遠征に出ると疲れが尾を引くようになりました。
里山便りさんも体調にはくれぐれもお気をつけ下さい。またお目にかかりましょう。

  1. 2020/07/16(木) 17:29:45 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
この日は私も同じ地域に出かけましたが、どなたにもお会いしませんでした。
家内に、「今日は知っている人にたくさん会うだろうね」と言っていたのですが、いつもとは違う場所で、雨が降っている時間を中心に撮影したので、お会いしなかったんでしょうね。
ミヤマモンキの方は後日にしようと思って行きませんでしたが、行けばお会いできましたね。
それぞれに素晴らしい写真ばかりで堪能しました。
ハクサンチドリの写真はうらやましいです。
こちらもミヤマシロの写真は今までで一番撮れましたが、今年は数が多いですね。

Re: タイトルなし

  1. 2020/07/16(木) 20:23:46 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
Farfalla さん
はい。蝶の撮影を続けていると知り合いも増えて、蝶が飛ばない時でも退屈しませんよね。
ユニークな方も多いですし。
天候は、おっしゃるように曇りがちで時々陽が差すくらいだと蝶が落ち着いていながら時々飛ぶという状況になるので
撮影には都合がいいですね。
ミヤマモンキチョウの飛翔もそういう状況下だったので撮りやすかったです。
できれば吸蜜をもう少ししっかり撮りたいところでしたがハクサンチドリは想定外の収穫でした。

  1. 2020/07/16(木) 22:34:10 |
  2. URL |
  3. akakokko
  4. [ edit ]
アイノ以外は、実り多い遠征でいたね。
助手席で楽をさせていただき、ありがとうございました。
コヒョウモンモドキの飛翔、高いところへ飛んで行くようで面白いですね。
ミヤマモンキの飛翔もさすがです。
じっと止まっていることが多かったので、飛び立つまで辛抱できない私は、まったく撮れませんでした。^^;

Re: タイトルなし

  1. 2020/07/17(金) 07:38:15 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
ダンダラさん
ダンダラさんもおいでになっていたんですか。
確かにあの日はあそこしかないという条件でしたものね。お目にかかれず残念でした。
途中けっこう雨も降りましたが大きく崩れなくてよかったです。
ミヤマシロは上でも下でも多かったようですね。
保護の成果が出ているのだとしたら素晴らしいことです。
撮影していて、なんだか昔の美ヶ原にいるような気がしました。
ミヤマモンキのハクサンチドリ吸蜜は嬉しかったです。
あきるののKaさんから、事前に今年はこの花がまだ残っているのでこれの吸蜜を撮りたいんだと伺っていたのですが
どうせこないだろうとたかを括っていました(笑)。

Re: タイトルなし

  1. 2020/07/17(金) 17:37:28 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
Akakokkoさん
先日はお疲れ様でした。
そうでしたね。この時期のこの辺りは蝶好きにとっては天国のような場所ですね。
少しずつの移動で小結大関クラスが次々に現れる、正しくパラダイス。
毎年のように行っているのに飽きることがありません。
アイノはどうしたのでしょう。他の方のブログには登場しているのでもう少し待てば出てきたのかなあ?
多分場所が違うのでしょうね。
ミヤマモンキは陽が射し始めたらカメラを向けるという感じで撮ってました。

大成果ですね!

  1. 2020/07/18(土) 10:07:18 |
  2. URL |
  3. ヒメオオ
  4. [ edit ]
アイノミドリシジミは残念でしたが、
1日の遠征にしては素晴らしい大成果ですね!

私も最初の狙いは空振りでしたが、
無事ミヤマモンキチョウ&皆様に出逢えて
ラッキーでした。

  1. 2020/07/19(日) 22:05:41 |
  2. URL |
  3. Sippo☆
  4. [ edit ]
高山蝶を満喫ですね!!
連日雨の今季、
束の間の蝶日和に素敵な出逢い満載で(*´∇`*)
ミヤマシロチョウも、ミヤマモンキチョウも、
いる場所に行かなければ会えない・・・
そこまで出向いて、無事出会えて、
そこでの生態系に想いを馳せて、
人間の暮らしと照らし合わせて
また考えてみて、
やっぱり自然は素晴らしく
人間のやっていることって何だろうって。
それが、自然からの学びなんですよね。
拍手☆

Re: 大成果ですね!

  1. 2020/07/21(火) 06:59:05 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
ヒメオオ さん
遅レスですみません。
先日はお世話になりました。久しぶりにお目にかかれてよかったです。
最初はどうなることかと思いましたが(いつものことですが)
お陰様でアイノ以外の目的の蝶はコンプリートとなりました。
この山域は近い距離に高原の蝶のポイントが散在しているので楽しいですね。
こんな場所は他にないのではないでしょうか。
お互い結果が出せてよかったですね。

Re: タイトルなし

  1. 2020/07/22(水) 15:41:06 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
Sippo☆ さん
遅レスですみませんでした。
この日は最初のアイノミドリシジミでつまずいた他はあまり労力を使わずに目的の蝶を全て撮影することができました。
ミヤマシロチョウも保護活動の甲斐あって周辺に拡散してきているようで良かったです。
そうですね。こういった人間の領域外に暮らす蝶の撮影に赴くと、おっしゃるように色々と考えさせられることが多いです。
自然て不思議なものですね。無数のライフサイクルが重なり合って一つの生態系、というかうねりのような様相を見せてくれます。
私達が認識できるのはそのほんの一部に過ぎませんが、それでもそれを手掛かりに自分や人間全体のことを考え直すよい機会を与えてくれますよね。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2020 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -