FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

          9月22日、千葉のNさん、町田のSさん、横浜のKiさん、そしてAkakokkoさん(CLICK)と共に栃木県
         に蝶の撮影に出掛けた。
          一番の目的は荒地に暮らすシルビアシジミだったが、だいたいセットでツマグロキチョウとミヤマシジミ
         も撮影できるのがこの地域の楽しいところである。

 
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-14>
         河原の石に止まった夏型のツマグロキチョウ。



 200922em13210P9220137.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-14>
         シルビアシジミもここでは石の上に止まることが多い。



 200922em13210_tP9220778.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-14 トリミング>
         花崗岩に止まっていると雰囲気としてはシルビアシジミというより上高地明神沢上部や岳沢のヒメシジミみ
         たいだ。


 200922em13210_tP9220851.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-14 トリミング>
         朝の日差しの中、気持ちよさそうに開翅。



 200922em13210P9221941.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-14>
         ヤハズソウで吸蜜。この辺りではミヤコグサからヤハズソウへの食草転換が起こっているともいう。
         ミヤコグサも生えてはいるがそう多くはない。シロツメクサもけっこう見られるのでシロツメクサを食べて
         いる可能性もある。



 200922em13210P9222150.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-14>
         この花の名前が・・・どなたか御教示いただけたらありがたいのですが。
         → BANYANさん(CLICK)が教えて下さいました。帰化植物のオオフタバムグラでした。BANYANさん、あ
         りがとうございました。



         200922em13210_tP9222795.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-14 トリミング>
         砂地で吸水中のシルビアシジミ。



 200922em13210P9220473.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-14>
         飛び立ちを撮ってみた。



 200922em13210_tP9222822.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-14 トリミング>
         荒地を元気に飛び回る。



 200922em13210P9220299.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-14>
         シルビアシジミのメス。地味な個体が多かった。



200922em13210_tP9223005.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-14 トリミング>



 200922em13210_tP9223306.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-14 トリミング>
         これはカワラハハコだと思う。



         200922em1240_tP9220070.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO トリミング>
         交尾も花崗岩の上だった。



 200922em1240P9220052.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅱ/ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO>
         Kiさんのアイデアで、レフ板で軽くカウンターを当てた。



 200922em13210P9220967.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-14>
         ツマグロキチョウ。今度は秋型だ。         



         200922α73400_tDSC06818
         <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS トリミング>
         クズの豆の鞘に止まった。見ているとクズの花でもよく吸蜜している。



 200922α73400DSC06666
         <Sony α7Ⅲ / FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS>
         クズの葉の上。



 200922em13210_tP9221399.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-14 トリミング>
         ウラナミシジミはやたらとたくさんいて求愛アタックが頻繁に見られた。


          昼前に場所を移動してミヤマシジミとツマグロキチョウの多いポイントに向かった。


         200922em13210_tP9224180.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-14 トリミング>
         ミヤマシジミは傷んだ個体が多かったが中にはまずまず綺麗な個体も混じっているのでそれを探しながら撮
         影した。



 200922em13210_tP9224316.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-14 トリミング>
         こんなにたくさんのミヤマシジミに会うのは久しぶりだったので写真もプロキャプチャー中心でたくさん撮
         った。


   200922em13210_tP9224389.jpg   200922em13210_tP9224391.jpg

   200922em13210_tP9224394.jpg   200922em13210_tP9224395.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-14 トリミング>



 200922em13210_tP9224466.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-14 トリミング>


   200922em13210_tP9224468.jpg   200922em13210_tP9224469.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-14 トリミング>


 200922ema3210_tP9224432.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-14 トリミング>



         200922em13210_tP9224539.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-14 トリミング>
         メスも綺麗な個体がいた。



 200922em13210_tP9224995.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-14 トリミング>



 200922em13210P9225825.jpg
         <OLYMPUS OMD E-M1Ⅲ / M.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mm F2.8 PRO MC-14>
         キツネノマゴはツマグロキチョウにも人気の吸蜜源。



 200922α73ameDSC06984
         <Sonyα7Ⅲ / Leitz Apo-Macro-Elmarit-R 100mm f2.8>
         最後の1枚はライカRマウントのオールドマクロレンズで。落ち着いた色調とヌメッとした描写が好きで手
         放せないレンズだ。やたら繰り出し量が大きくピントは浅いので蝶の撮影には不向きだが・・・





スポンサーサイト




  1. / trackback:0
  2. / comment:12
  3. [ edit ]

  1. 2020/09/27(日) 10:29:57 |
  2. URL |
  3. Farfalla
  4. [ edit ]
秋の蝶3種が健在で良かったです。シルビア
も季節が進んで増えて来たんですね。花崗岩
の上の交尾など荒れ地のシルビアの環境がよ
く分かります。飛び立ちの瞬間のシルビアブ
ルーが何とも言えない美しさです。クズの鞘
に止まったツマグロキチョウも素敵ですね。

  1. 2020/09/27(日) 10:31:42 |
  2. URL |
  3. akakokko
  4. [ edit ]
あの白いでかいレンズは、マクロレンズだったのですね。てっきり望遠レンズだと思ってました。
オリンパスは色温度高めで、ソニーは低めな感じですね。

Re: タイトルなし

  1. 2020/09/27(日) 11:41:01 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
Farfalla さん
早速コメントありがとうございます。
この3目撮りは秋口の楽しみの一つですね。コンプリートできるといい気分で帰途につけますね(笑)。
先週あたりがシルビアシジミ発生のピークだったと思われます。
個体数は多かったですが既にやや擦れていました。
シルビアシジミはこの地域では草地から荒地まで、色々な場所に生息しているようで勉強になりました。
ツマグロキチョウの秋型は好きな撮影対象の1つです。
秋の風物を一緒に写し込めるのが楽しいです。

Re: タイトルなし

  1. 2020/09/27(日) 11:54:26 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
akakokko さん
その節は大変お世話になりました。
あの白いでかいレンズはソニーの100-400の望遠ズームレンズです。
16~17枚目の写真がそのレンズによる撮影で、最後のマクロレンズは↓
http://naoggio.blog87.fc2.com/blog-entry-1308.html
の記事に出ているレンズです。
独特の描写をするレンズで、クールに写って見えるのはソニーの傾向というよりこのレンズの責任ですね。
主にスナップ撮影に使っています。

  1. 2020/09/27(日) 15:14:50 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
ご一緒できなくて残念でした。
栃木県は、私の行動範囲なので、是非ともいつかは...
楽しみにしています。

ここは、近いエリアで絶滅危惧3種が撮れるから、行く価値ありますよね。
シルビア満喫おめでとうございます。

ミヤマシジミのメス個体が美しいのなんの...!!

  1. 2020/09/27(日) 16:52:11 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
石の多い生息地は知らない場所ですが、栃木でも数が多そうですね。
シルビアの青がいいですね。
もう何年も撮影できていません。
花はオオフタバムグラでしょうか。
ツマグロキチョウも秋型でいいですね。
ミヤマシジミ雌雄ともに翅表が綺麗です。
もう一度行きたくなりました。(^^;

  1. 2020/09/27(日) 17:58:58 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
秋の御三家に行かれたんですね。
シルビアシジミの交尾、ミヤマシジミとも素晴らしいです。
今年はすっかり出不精になってしまいましたが、やはり年に一度は撮影したいですね。

Re: タイトルなし

  1. 2020/09/27(日) 17:59:12 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
midori さん
そうですね。お仕事では仕方ないですね。
栃木は、そちらから案外近いんですよね。来年はご一緒しましょう。
秋にこの3種が撮れるのは本当にありがたいです。
どれも魅力的な蝶ですからね。
時期的にはシルビアが終盤でツマグロキチョウが秋型の序盤といった感じでした。

今年はクマソの大襲来が起こっているようなので帰浜されている時にでもお声がけ下さい。

Re: タイトルなし

  1. 2020/09/27(日) 18:17:14 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
BANYAN さん
栃木県のシルビアシジミは水害のせいなどもあって一時期危機的状況だったかと思いますが、
場所によっては少しずつ復活してきているところもあるようです。
でも本当に限られた場所なので予断を許さない状況であることに変わりはありませんね。
花は間違いなくオオフタバムグラですね。さすがです、ありがとうございました。
ツマグロキチョウの秋型は撮影対象として本当に面白いです。
でもすぐ藪や草間に潜り込んでしまうのでもう少しシャイじゃないとありがたいですね。
是非またお出かけ下さい。ツマグロキチョウはまだまだ楽しめそうです。

Re: タイトルなし

  1. 2020/09/27(日) 18:23:40 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
ダンダラさん
はい。行って参りました。
この地域ですとたいして移動せずに3種類を見ることができるのでありがたいです。
2箇所目のポイントはダンダラさんに連れて行って頂いた場所です。
去年は綺麗に整備されていたようですが今年は草に覆われていました。
ミヤマシジミの数がものすごくて久しぶりにゆっくりこの蝶を楽しめました。
ツマグロキチョウも健在でしたので来年以降も楽しめるのではないかと思います。

  1. 2020/09/29(火) 21:40:55 |
  2. URL |
  3. Sippo☆
  4. [ edit ]
そうですか、ミヤマシジミ増えて
嬉しいです。^^
一時期かなり減りましたから・・・
シルビアシジミは食草を増やす能力に長けているのでしょうか。
であれば、絶滅と反対に増えていく可能性が広がりますね!
拍手☆

Re: タイトルなし

  1. 2020/09/30(水) 05:29:43 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
Sippo☆ さん
はい。ここでは今回はかなりの数のミヤマシジミを見ることができました。
ただほんの狭い範囲のことなので、地域全体としては情報を集めてみないと現状把握はできませんが。
でもとにかく嬉しかったです。
豆科を食草とするシジミチョウ類はけっこう食性が広いように思いますが、
シルビアシジミは最近まで「ミヤコグサがないと」と思われてきました。
でも実際には他の植物も食べるようなので、新しい食草に適応して数を増やしてくれるといいですね。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2020 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31