主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

山梨県の北杜市にある瑞牆山には中学3年の時生物部の合宿で初めて登りました。以来、気軽に登れる割に眺望が良く、周囲の景色の変化が楽しめる山として何度か訪れいています。
殊にメインルートと逆の黒森鉱泉側からのルートはカモシカもよく見られ、ヒメギフチョウもいたりしてなかなか楽しめる登山路でした。
全山が奇岩怪石に覆われたような瑞牆山ですが、その頂上に立った時に一際目を引くのがこの大ヤスリ岩です。
幾つもの巨岩を周囲に従えて一際高く聳えるその姿は見上げても見下ろしても本当に立派なものです。
この大ヤスリ岩、かつては人工登攀のゲレンデとして有名だったので今はどうなのかなと思いましたが、さすがにフリークライムだけでは無理のようで、最後はボルトにあぶみを架け替えながらの40mの人工登攀が待っているようです。

  

瑞牆山の山頂から見下ろす大ヤスリ岩。実は中学3年の時、ここででオオイチモンジを初めて見ました。網を振り回して追いかけたところ先輩から危ないと言って止められました。そりゃそうですよね。
1981.1.10-1


別ルート探索をして山頂に戻って来た私です。30年前ですから元気でした。
こんな時もあったんだなあ~と、しみじみ思う今日この頃でした(^ô^)
img488-28.jpg
スポンサーサイト

  1. 山岳風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:6
  4. [ edit ]

No title

  1. 2011/09/05(月) 22:10:37 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
瑞牆は一度目が雨で途中で引き返し、翌年は快晴の展望を楽しめました。
独特の山容は日本の山らしくない魅力がありますね。
オオイチが見れるとは知りませんでしたが、今では難しいでしょうかね。
この岩を背景に広角で撮れたら最高でしょうね。

No title

  1. 2011/09/05(月) 23:26:11 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
基本的に山頂目前でも写真が撮れれば引き返してしまう私ですが、これは素晴らしい風景ですね。
こんな風景を背景にオオイチが撮れるとしたら頑張り甲斐があります。(今では難しいでしょうが)
採集して標本箱にならんでしまえば、その素晴らしい情景は個人の記憶の中だけですが、写真に撮っていれば多くの人に感動を味わってもらえますね。
そんな写真を撮りたいと思います。

Re: No title

  1. 2011/09/06(火) 10:51:17 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>banyanさん
banyanさんは色々とよく歩かれておいでですね。
瑞牆山はおっしゃるように独特の山容が魅力の面白い山です。
オオイチはたまたま風に乗って吹き上げられて来たんでしょうね。
川上村はかつてオオイチが棲息していたようですが今では聞いたことがありません。
以前沢筋を探してみたこともありますが見つかりませんでした。
確かに、この山頂で下の背景入れて撮れたら最高でしょうね。

Re: No title

  1. 2011/09/06(火) 11:04:34 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>ダンダラ さん
そうですね。現在の川上村でオオイチモンジに出逢うのは難しいと思います。40年前ですらほとんど目撃情報がありませんでしたし。
私も見たのはこの時1度だけで、ネットインできず取り逃がしてしまいました。
大ヤスリ岩の方に向かって飛び去って行く後ろ姿を呆然と見送りましたが、今ではそれで良かったと思っています。
絶滅したと思われる地域のオオイチモンジの標本を持っているより、眼に焼き付いている幻のような体験を大切にしている方が良いような気がしています(負け惜しみ)。
でも、できればこの地域のオオイチモンジが復活して、ダンダラさんがおっしゃるような写真を撮れたら最高なんですが。

みずがきやま。。。

  1. 2011/09/07(水) 19:10:44 |
  2. URL |
  3. ごま
  4. [ edit ]
こんな山があるとは!初めて知りました。
吃驚するような形の岩ですね。
写真の若者、格好いいですね。
地図で早速場所をさがしました。
「みずがきやま」と読むんですね。

Re: みずがきやま。。。

  1. 2011/09/08(木) 10:08:52 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> ごまさん
こんにちは。瑞牆山は奥秩父の西の端にある山で、増富鉱泉や黒森鉱泉側から見る岩だらけの山容は独特です。
見かけの割に登山道は岩の間を縫って行く泥道ばかりなので案外楽に登れます。行かれたことが無かったら秋などお勧めの山の一つです。かなり楽しめると思いますよ。
写真の若者をお褒め頂きありがとうございます。死ぬまでにタイムマシーンに乗る機会がありましたら本人に伝えておきます。さぞかし喜ぶことでしょう (^υ^)。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -