FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

明けて11月13日の日曜日。
この日は自宅でゆっくりしようと思っていたのですが家内がクロマダラソテツシジミの様子を見に行きたいと言うので出掛ける準備。ところが家内に用事ができてドタキャン。
でも一度出掛ける気になってしまったのに引っ込みがつかず、結局一人で湘南に足を運びました。
9時過ぎに現地について羽化の重なる御神木に行ってみると、なんと既にmidoriさんがおいでになっていました。
お話を伺うと朝一番でオスが這い出して羽を伸ばす様子をしっかり撮影されたご様子。
お互い病膏肓を確認し合って私も撮影開始です。

初めにチェックしたのは綿毛に隠れていない蛹の状態です。
結果、見えている蛹で羽化が近そうなものは3つ。2つがメスで1つがオスと思われました。ただメスのうち1つは腹部に傷があってトラブルを抱えていそうな気がするので、オス1、メス1が当面要チェックと思われました。


1113IMG_1408.jpg
とりわけ上の蛹は明らかにオスとわかりますし、胸と頭の境が割れているようにも見え、腹節も開いてきていて、いつ羽化しても不思議ではない気がしました。良く見ると複眼や触覚もはっきり判ります。また体に巻き付けた糸もはっきり見えています。



こちらはメスだと思われます。上の蛹ほどはっきり中の様子が伺えませんが腹節は伸びて来ているので羽化の可能性はありそうです。


1113IMG_1580.jpg
蛹も気になりますが前日見つけたツルソバの群落も気になります。羽化の気配がないので途中で覗きに行ってみると、今日もクロマダラソテツシジミのオスが垣根の上に吸蜜に来てくれました。


R0027684.jpg
コンデジでも撮影できました。


1113IMG_1588.jpg
こちらはウラナミシジミのメスです。


1113IMG_1640.jpg
同上。


1113IMG_1700.jpg   1113IMG_1708.jpg   1113IMG_1715.jpg
御神木に戻ってみるとまた綿毛の中から顔を出しました。


1113IMG_1739.jpg  1113IMG_1801.jpg
上の子が翅を伸ばしている間に別の羽化個体が頭を出しました。


1113IMG_1806.jpg
回り込んで逆側から撮影。出て来たのはメスでした。


1113IMG_1841.jpg
♂♀仲良く並んで羽を伸ばします。・・・いやはや。


1113IMG_2026.jpg
少しすると大きさに差がなくなりました。


そうこうするうちに大変な事が ! 目星を付けていた推定メスの蛹(2枚目の写真の蛹)が羽化してしまったのです。


1113IMG_1927.jpg  1113IMG_1965.jpg  1113IMG_1994.jpg
結局蛹が割れる瞬間は見る事ができませんでしたが、こうして這い出してくる所は見られたので良かったです。やはりメスでした。


1113IMG_2016.jpg


この日は前日程たくさんの羽化は見られず11時頃でだいたい終了といった感じでした。
でも1枚目の写真の、あの蛹はどうしてしまったのでしょう?
翌日の天気予報は曇/雨なので今羽化しなければチャンスを逃してしまうと思うのですが。

                                  ・・・続く



スポンサーサイト




  1. / trackback:0
  2. / comment:8
  3. [ edit ]

凄い!

  1. 2011/11/16(水) 23:26:19 |
  2. URL |
  3. ごま
  4. [ edit ]
1枚目の蛹の翅の部分が青くて凄いですね。
こんなのを見たかったです。
後半の羽化ラッシュも素晴らしい。
嵌まる気持ちが判りますね。

驚異の野外羽化シーン

  1. 2011/11/17(木) 02:57:13 |
  2. URL |
  3. YODA
  4. [ edit ]
ここまでの羽化シーンは見たことありません。
克明な撮影に驚愕しながら、賞賛の念を禁じ得ません。
誠に何度も足を運んでいることへの蝶の神様のプレゼントのようであります。
たった2回の訪問でこのような画像を期待するのが無謀だったのがよく自覚できました。
来期はnaoggioさんのご指導で、YODAもこの興奮に参加したいです。

No title

  1. 2011/11/17(木) 08:24:58 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
うーん素晴らしいですね。
翅の伸びきっていないクマソがソテツの綿毛の間から這い出てくる様は圧巻です。
近いと言ってもご案内いただいたときの様子からは至近というわけではないですから、その熱意には頭が下がります。
今年は素晴らしい記録が残せて良い年ですね。

Re: 凄い!

  1. 2011/11/17(木) 17:15:59 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>ごまさん
1枚目の蛹の色は本当に奇麗でした。
ジン、とくるようなブルーとでも言いましょうか、絵の具にもないような見事なラピスラズリー色でした。
こうしてじっくり観察できる蝶はなかなかいませんのでクマソが来てくれたことに感謝しています。
ちょっと嵌まり過ぎましたけど(笑)。

Re: 驚異の野外羽化シーン

  1. 2011/11/17(木) 17:24:50 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>YODA さん
過分なお褒めのお言葉を頂き恐縮です。
羽化シーンが撮影できたのは大部分は banyan さんのおかげでした。
banyan さんが以前お見えになった時ソテツの綿毛を一部開いて蛹が見えるようにしておいて下さったので羽化の目星がつきました。
それと私は背が低いので、ちょっと首をかがめるとこのソテツの葉陰にすっぽり収まりました。
それで蛹とにらめっこするのがさほど苦痛でなかったのが良かったのかもしれません。
来年また発生してくれるかどうか分かりませんが、発生したらまたご一緒しましょう。

Re: No title

  1. 2011/11/17(木) 17:41:24 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>ダンダラ さん
ありがとうございます。
蝶がこんなふうにして次々と羽化してくるという状況そのものを想像したことがなかったので
今回の一連の羽化ラッシュの観察はちょっとショッキングでした。
おかげ様で色々なシーンを撮影することができ、おっしゃるように良い年になりました。
ただ惜しむらくは、撮影していたのがダンダラさん始めもっと写真の上手な方々だったらなあということです。
まあ自分で撮らなければ自分の財産にはならないので仕方ないのですが、正直残念な気持ちもありました。
それほど面白い見ものだったということでしょうか。
今夜もう1回、アップする予定でおります。お暇があればご覧下さい。

No title

  1. 2011/11/18(金) 14:02:37 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
粘り勝ちですね。おめでとうございます。
僕なら割れる瞬間でなくても出て来るところで満足して待たなかったでしょう。
雄の方が羽化シーンでは鮮やかで綺麗ですね。

Re: No title

  1. 2011/11/18(金) 16:50:09 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>BANYAN さん
ありがとうございます。諦めつつ待ちました(笑)。
BANYANさんが綿毛を掘っておいて下さったおかげで撮影できました。
ほとんどBANYANさんのおかげと言っていいと思います。感謝しております。
それと私は飼育の経験が少ないのでなんとか羽化の瞬間を見てみたいという願望が強かったので待つ事ができたのかもしれません。
おっしゃるようにオスはやはり華やかですね。メスの時も感動しましたが今回はそれ以上に興奮しました。
クマソとは言えなかなか出逢えないシーンだと思うので嬉しかったです。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2019 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30