FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

昨日の記事の1枚目の写真の蛹、どう見てもじきに羽化しそうに思えたのですが、
とうとう羽化せずに午後になってしまいました。
この日の羽化はもうないのでしょうか?
或は何らかのトラブルを抱えていて羽化したくてもできないのでしょうか?
色々と想像してみますが確かめる事はできないので待つ他ありません。



10時58分撮影の画像です。触覚の節の一つ一つまでがはっきりと見えています。


1113IMG_2064.jpg
11時39分撮影。正午近くになると蛹は白っぽくなってきました。成虫と蛹の殻の剥離が進んでいるのかもしれません。
 
1113IMG_2071.jpg
11時45分。成虫の色と形がそのまま透けているように見えます。

1113IMG_2100.jpg
12時11分。アリが寄って来て様子を伺っていましたが、何も出ないので去って行きました。
待てど暮らせど羽化の気配はありません。見ている私達も次第に心配になって来ました。妙に白くなって来たので、ひょっとして燃え尽きてしまったとか? あしたのジョー? などとつまらないジョークを言いながら時をつぶしました。
一緒に羽化を待っていたmidoriさんは用事があるそうで12時半頃にはお帰りになってしまったので、とうとう私一人になってしまいました。午後になるとなんだか少し風が冷たくなって来たような気がして寂しい限りです。
1時半までは頑張ろうと心に決めて蛹とにらめっこです。1時頃になると太陽が回って来て、直射日光は当たらないものの蛹の側の気温が少し高くなったような気がして期待が膨らみました。

1113IMG_2166.jpg
13時12分。これはやはりトラブルを抱えた個体なのかなと思って半ば諦めかけた時、覗いていたファインダーの中で蛹が微かに動いた気がしました。でも背中は割れていません。目の錯覚だったかなと思って暫く見ていると、なんだかゆらっと陽炎が手前に立ったような不思議な動きが見えました。それでも頭をよぎったのは二重像合致式のファインダーのことです。このカメラにそんな機能があったかな?と思って、いや、あるはずがない、やっぱり蛹が動いたんだ、などと思っているうちに今度ははっきりと蛹が動くのが見えました。


1113IMG_2167.jpg
13時14分00秒。その途端、蛹の背の上部に亀裂が !  羽化が始まりました。


1113IMG_2185.jpg
13時14分39秒。


1113IMG_2194.jpg
13時15分06秒。


1113IMG_2238.jpg
13時18分01秒。いよいよ身を乗り出しました。


1113IMG_2263.jpg
13時19分41秒。この個体はすんなり殻から脱出できず、頭に残った殻と抜けない腹部に苦戦しました。
伸び始めた小さな翅をパタパタと羽ばたかせて必死に抜け出ようとしています。見ているこちらも力が入ります。


1113IMG_2286.jpg
13時20分56秒。なんとか殻から脱出成功。


1113IMG_2301.jpg
13時21分02秒。すぐに体勢を立て直し・・・


1113IMG_2325.jpg
13時21分47秒。見る見る翅が伸びて行きます。


1113IMG_2338.jpg
13時22分42秒。


1113IMG_2369.jpg
13時24分23秒。なんという美しさでしょう。感動を禁じ得ません。


1113IMG_2626.jpg
一度羽化の場所を離れてツルソバの咲いている場所に行ってみると、これ以上ないような顕著な低温期型の斑紋の個体が吸蜜していました。


1113IMG_2722.jpg
再び羽化現場へ戻ってみると、もうすっかり翅も伸びて今にも飛び立ちそうな立派なオスになっていました。
14時10分56秒のことです。この日最後のショットです。

この個体が飛び立って首尾よく交尾ができたとしても、残念ながら子孫を残す事は叶わないでしょう。
でも小さな命が果てるその瞬間まで、この湘南の地で精一杯我が世の春を謳歌してもらいたいものです。
蜜を吸う花も、可愛らしいメスも、そしてライバル達も君を待っていますよ。
私は今見て来たばかりで良く知っています。



スポンサーサイト




  1. / trackback:0
  2. / comment:16
  3. [ edit ]

感動しました。

  1. 2011/11/17(木) 23:09:38 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
どきどきしながらスクロールしていました...よくがんばってこの世に産まれてきてくれましたね。
褒めてあげたい。生命力の強さを感じます。事細かな描写が、naoggioさんの興奮度合いを現していますね。
羽化できてよかった...そして、素晴らしいドキュメンタリーを拝見できてよかったです。

感動した!

  1. 2011/11/17(木) 23:12:06 |
  2. URL |
  3. ごま
  4. [ edit ]
写真を拝見していて、感動しました。
ドラマですね。
目の前で見ていたらもっと、大きな感動だったことでしょう。
素晴らしい写真、ありがとうございました。

感動しました♪

  1. 2011/11/18(金) 12:39:42 |
  2. URL |
  3. アッキーマッキー
  4. [ edit ]
こんにちは。
僕が抜けてから、こんな感動シーンがあったんですね。
羽化に苦労したので、これから逞しく生きることでしょう。
僕はあれからイソギクの観察と撮影でした。その様子は、今晩アップの予定です。またの機会にご一緒できること、楽しみにしてます♪

Re: 感動しました。

  1. 2011/11/18(金) 13:03:52 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> midoriさん
当日は本当にお世話になりました。
もう少し粘っていたら一緒に観察できたのに、お引き止めする訳にも行かず残念でした。
さすがに1時を過ぎた頃にはこれはやはり蛹の中で力尽きてしまったのかなと諦め始めましたが、
回ってきた陽光で元気を取り戻したかのようでした。
本当に羽化してくれて良かったです。あのまま死んでしまったら私達もやるせなかったでしょうから。

Re: 感動した!

  1. 2011/11/18(金) 13:22:16 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>ごまさん
ありがとうございます。感動して頂けたとしたらこれに勝る喜びはありません。
蛹が動いたときは本当に錯覚だと思ったほどの諦めムードだったので、私自身興奮と感動のるつぼでした。
本当は三脚を立てれば良かったのですが車まで取りに戻る間目を離すのが怖くてできませんでした。
何はともあれ、無事に翅を伸ばしてくれて良かったです。

Re: 感動しました♪

  1. 2011/11/18(金) 13:29:35 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>アッキーマッキー さん
ありがとうございます。
この羽化はアッキーマッキー さんが来られた翌日のことです。
この日は行こうかどうしようか迷いましたが結局出掛けてしまいました。
自分でも病気だと思いましたが、現地にmidoriさんがいらしたのでだいぶ気分が和らぎました。
イソギクの写真楽しみにしております。またいつかご一緒しましょう。

凄すぎ羽化の決定的瞬間

  1. 2011/11/18(金) 19:59:49 |
  2. URL |
  3. ヒメオオ
  4. [ edit ]
クロマダラソテツシジミの羽化したばかりの個体は
見たことがありますが、
蛹から蝶が出てくるまでの決定的な瞬間を粘り強く
待って、決定的な瞬間を素晴らしい画像として撮り
込みましたね!
全く凄すぎです。

Re: 凄すぎ羽化の決定的瞬間

  1. 2011/11/18(金) 21:57:39 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> ヒメオオさん
ありがとうございます。
ぼんやり待つのは苦手ではないのでなんとか羽化の瞬間を撮影する事ができました。
BANYANさんが以前撮影に来られた時にある程度蛹を露出させておいて下さったおかげで、羽化しそうな蛹に目星を付ける事ができました。
今シーズン中にオス、メス、共に羽化をカメラに収められたのでとても嬉しかったです。
逆にシーズンを通して普通の成虫撮影に関してはなかなか思いどおりに撮影できずフラストレーションも残りましたが、まだ整理しきれていない画像もあるので冬の間にもう一度まとめのような記事を書いてみたいと思っています。

No title

  1. 2011/11/18(金) 23:04:17 |
  2. URL |
  3. cactuss
  4. [ edit ]
無事に羽化出来て良かったですね。
長い間、待っているのも大変だったでしょう。
でも、すばらしい羽化シーンが撮影出来たのが、待ったご褒美ですね。
これくらい根気よく、待たないとだめなのですね。

No title

  1. 2011/11/19(土) 08:09:15 |
  2. URL |
  3. 明日来 (あすく)
  4. [ edit ]
羽化の瞬間大好きです。

これを撮影するのは大変ですよね。
でも、あの静かな長い時間、目が離せないものがありますよね。

私も羽化の瞬間をまた見たくなりました!
私が見たことがあるのは蝶ではありませんが…。
蝶もみたいです。

No title

  1. 2011/11/19(土) 09:26:56 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
私もこの蛹は死んでしまっているのではないかと思いましたが、生きていたんですね。
写真を眺めたら、上から2枚目で色が白くなっているのであれっと思いました。
無事羽化できて良かったです。

No title

  1. 2011/11/19(土) 09:49:18 |
  2. URL |
  3. 南風
  4. [ edit ]
羽化の瞬間、堪能させていただきました。
ありがとうございました。

それにしても羽化したばかりの個体は、とてもきれいですね。
収集家が、自分で幼虫から育てて羽化させ標本にする気持ち、わかるような気がします。

Re: No title

  1. 2011/11/19(土) 16:02:43 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>cactuss さん
ありがとうございます。何はともあれ良かったです。
ずっと見守っているとだんだん情も移ってくるので、羽化しなかったらどうしよう(と言ってもどうにもできませんが)と思いながら待っていました。
時間的には途中外した時も入れて4時間くらいなのでたいした事はないのですが、老眼なのでファインダー越しに見ていないとよく見えない所が辛かったです。虫眼鏡も持っていたのですがあまり役に立ちませんでした。
本当にご褒美を頂いた気分なのでこのクマソに感謝しています。

Re: No title

  1. 2011/11/19(土) 16:10:21 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>明日来さん
コメントありがとうございます。
おっしゃる通りの「静かな長い時間」でした。
小さな蛹なのでファインダーで覗いていないと変化がわからないのでちょっとしんどかったです。
でも蛹が割れて蝶が出てくるあの一瞬は、何物にも代え難い感動があります。
機会があったらまたチャレンジしてみたいと思っています。

Re: No title

  1. 2011/11/19(土) 18:09:14 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> ダンダラさん
私もずっとどちらだろうと思って眺めていました。
とりあえず粘ってみて正解でした。
思うにこの蛹は羽化しかかっていたものの気温が今一つ上がらないので躊躇していたのではないでしょうか?
白くなってからかなり時間を要しましたから。
蛹まで行って死んでしまうのが一番可哀想な気がするので羽化してくれて良かったです。

Re: No title

  1. 2011/11/19(土) 18:16:26 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>南風さん
こちらこそご覧頂きありがとうございました。
なかなか羽化しないので半ば諦めていましたが羽化してくれて本当に良かったです。
羽化直後の個体はとてもとてもきれいでした。
このところ通い詰めたので一応♂♀共、ある程度満足の行く撮影結果が得られました。
確かにこの美しい翅を見ていると、標本にしたくなる気持ちはよくわかりますね。
でも飼育したとしたら、羽化して来た蝶を標本にする事は私にはできそうにありません。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2019 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30