FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

昨日の土曜日、1週間ぶりに発生地を訪れてみました。
予想では擦れた個体が細々と生き延びている絵を想像していたのですが、意外な事に現地で目にすることのできた個体のほとんどがかなり新鮮な個体でした。
この事は今でも羽化が続いている事実を示していますが、同時にある悲しい現実を示唆している可能性もあります。
それは、すでにクロマダラソテツシジミの成虫が長生き(と言っても1~2週間のことでしょうが)できる気候ではなくなっているということです。
そうでないとすれば、擦れた個体がもっとたくさん見られていいはずだと思いますが、実際の所どうなのかはわかりません。
ただ、3頭ほど見かけたウラナミシジミでは、1頭がまずまずの鮮度(それでもけっこう傷んでいました)で、2頭は相当擦れた個体だったので、これらは羽化して既に1週間は経過しているものと思われました。

1217IMG_5982.jpg
かなり新鮮なクロマダラソテツシジミのメス


1217IMG_6008.jpg
同上、多分別個体です。


1217IMG_6048.jpg
同上。これは1枚目と同一個体かもしれません。


1217IMG_6083.jpg
このオスも若干の擦れはあるものの羽化してそんなに日数は経ていないと思われます。


1217IMG_6092.jpg
別個体です。これもかなり新鮮です。



また羽化不全も確実に増えています。このオスは翅が伸びきらず、ソテツの葉にしがみついているのがやっとのようでした。

1217IMG_6323.jpg
こちらは前翅のツマが同じ方向に折れ曲がったメスです。この個体は普通に飛ぶ事ができました。

この日は東京の発生地でずっと観察を続けておいでだったと言う方にお目にかかりお話を聞く事ができましたが、
既に終息を迎えたその発生地でも、最後は羽化個体が羽化不全ばかりになったという事でした。
東京よりはいくらか温暖なこの発生地でも、いよいよその時が近づいているのかもしれません。




スポンサーサイト




  1. / trackback:0
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

No title

  1. 2011/12/19(月) 18:28:48 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
お世話になりました。
個体の鮮度からの推定、面白いですね。
でも確かにそうかも知れないですね。
私も、成虫は一体どうやって夜を過ごすのかと思いましたが・・
でもそれだとまだけっこうな数の蛹が残っていることになりますね。
活動時間が短く、あまり活発には飛ばないので傷まないと言うことも可能性としてはありそうですね。

Re: No title

  1. 2011/12/20(火) 10:22:51 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>ダンダラさん
こちらこそ色々とご好意に甘えさせて頂き申し訳ありませんでした。
本当にありがとうございました。
鮮度の件は、おっしゃる通り行動の不活発化が一番の理由かもしれませんね。
見ていると以前より飛び方がゆるゆるしています。また求愛行動もしつこさがないですし、5時間くらいしか活動時間がありませんからね。
週末見に行けたらまた行ってみるつもりです。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2019 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30