主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

今日は朝から快晴に近い晴天。風が強くなるとの予報でしたがクロマダラソテツシジミの発生地に行ってみました。
予報どおり現地に着く頃には風が強くなり、現地に着いた10時半の時点で車外温度計は10度を指しているものの体感温度は低めでした。
風の吹きすさぶ中を歩き回ってみましたが、1頭が足元から飛び立ったものの風に吹かれて見えなくなり、それきり全く姿を現しません。
そのうち何度かお目にかかっている近隣にお住まいのYさんがお見えになり2人であちこち探してみましたがなかなか見つける事ができません。
風が強いので皆どこかでひっそり翅を休めているのでしょう。
Yさんは今日で10日連続でお見えになっているそうで色々お話を聞く事ができました。
お話の中で昨日排水溝に落ちた個体がいたというのでその排水溝を覗きに行ってみました。



これがその排水溝です。飛んでいた個体がこの辺りで急に見えなくなったのでよもやと思って見てみたらこの中に落ちていたそうです。

懐中電灯で照らしながら覗いてみるとなんとまだ枯れ葉に止まって生きているようです。
周囲にはカワニナかタニシの貝殻が散乱しています。水が枯れて死に絶えてしまったのでしょう。
本当に牢獄のような雰囲気です。

1201047DIMG_8171.jpg
排水溝の蓋を外して救出しようと思いましたが簡単には外れませんでした。気の毒ですが仕方ありません。
わずかに見えている表の特徴からメスと思われましたがどうでしょう?

今日は幼虫や卵も見つける事ができました。もう幼虫は終わりかなと思っていたのですが3カ所で計6~7匹の幼虫を確認できました。

1201047DIMG_8206.jpg
ソテツの若芽では卵が見つかりました。右は抜け殻か幼虫が卵殻を食べている所にも見えます。左の上下の卵は中に幼虫が入っているのが見えます。
殊に左上の卵は幼虫が卵殻を喰い破り始めた所のようにも見えます。
後でもう1度見てみれば良かったのですが、こうしてアップにして見るまで小さ過ぎて細かい様子が分りませんでした。


1201047DIMG_8189.jpg
体長3~4mm程度の若齢幼虫


R0028747.jpg
終令幼虫


卵や幼虫を撮影しているうちにYさんがかなり離れた場所で成虫を発見して下さいました。
急いで現場に行ってみるとまだコンクリートの階段に止まっており、やがて開翅してくれました。

1201047DIMG_8267.jpg
翅を開いてくれたのはきれいなオスでした。

この後羽化直後のメスなども現れてくれ、強風の日にしては成果がありましたが続きは明日アップします。
今日はYさんに大変お世話になりました。自分一人では何一つ満足に撮影できなかったのではないかと思います。
Yさん、本当にありがとうございました。





スポンサーサイト

  1. / trackback:0
  2. / comment:10
  3. [ edit ]

No title

  1. 2012/01/04(水) 22:26:24 |
  2. URL |
  3. hayenokaze(南風)
  4. [ edit ]
なにがここまでクロマダラソテツを駆り立てるのでしょうか。
子孫を残すため・・・そんな単純な考えでは、割り切れないように思います。
うーーん、謎です。

Re: No title

  1. 2012/01/05(木) 10:35:13 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>南風さん
本当にそうですね。クロマダラソテツシジミを見ていると生物の背負った宿命のようなものを感じてしまいます。
そして何が私達(継続観察されている方がたくさんいらっしゃいます)をこれほどまでにクロマダラソテツシジミに駆り立てるのかも謎です(笑);

No title

  1. 2012/01/05(木) 10:38:49 |
  2. URL |
  3. なつ
  4. [ edit ]
まだ、卵や幼虫が居るんですね!?
ソテツを調べていたら赤い実のなっている株?の真ん中から実が赤くなってから新芽が出てくるようですね。
もしかしたら…越冬もありえるかも…なんて思ってしまうが…ないかぁ…
これからもっと寒くなるしなぁ…

Re: No title

  1. 2012/01/05(木) 18:07:47 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>なつさん
いるんです。驚きです。
寒いときは綿毛の中に避難し、暖かくなると出て来て葉を食べるということを繰り返しているようです。
したたかですね。
でも成虫の活動が極端に制限されて来ている事、新芽がもうあまりない事などから、2月突入はちょっと無理かなあと思っています。

No title

  1. 2012/01/05(木) 19:06:13 |
  2. URL |
  3. daron
  4. [ edit ]
私もその前日(1/3)午後に行った時にYさんにお会いしたのですが、
その時には既に排水溝に落ちてたそうです。
可哀相ですがちょっと救出は無理みたいですね。

それにしても。。。ほんとnaoggioさんを初め継続して観察してる方は多いのですねぇ。
Yさんは別格としてもその時いらしてたもう一人の方もちょこちょこ観察に来てるとか。

まぁ・・・人の事は言えないのかもしれませんが(笑

Re: No title

  1. 2012/01/05(木) 21:09:04 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>daronさん
3日に行かれたんですね。Yさんにも・・・そうでしたか。
3日は午後暖かかったと聞きました。良かったですね。
私も常連さんが多いので驚いています。
でもこの時期にこんな蝶が飛び回っているというのも珍しい事なので、
哀れな面は否めませんが最後まで見届けたいものです。

No title

  1. 2012/01/05(木) 23:09:01 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
地道な観察ご苦労様です。私は、1/1(日)以降行っていません。
貴重な情報興味深く拝見させて頂いております。今週末は、土曜日が仕事なので、
日曜日には行きたいと思ってます。最近は、交尾・産卵を見かけないので、今いる蛹、あわよくば
幼虫が羽化してくれることになれば、もう少し見られそうですね。
これからが極寒の時期...これを乗り越えられたら...まさか...ですよね(*^_^*)!?

Re: No title

  1. 2012/01/06(金) 20:11:09 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>midoriさん
昨日は風もなく最高だったでしょうね。
私は昨日が最後の正月休みだったので家族サービスしていて行けませんでした。
さすがのソテツの国も若芽が出ている株が4本程になってしまいました。
そしてこれからさらに厳しくなる寒さ・・・どうなるんでしょうね?

No title

  1. 2012/01/06(金) 22:06:55 |
  2. URL |
  3. BANYAN
  4. [ edit ]
幼虫や卵があるなら冬を越してしまいそうな気もしてきましたね。
ただ、越冬形態が決まっていないと蛹化してしまって駄目なのかもしれないですね。

Re: No title

  1. 2012/01/07(土) 17:53:25 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>BANYANさん
確かにそんな気もしてきましたが、やはり2月の寒さは凌げないのではないかなあと思います。
おっしゃるように蛹化してしまうと後は蛹の期間を長く引き延ばすしかないでしょうが限度があるでしょうね。
いずれにしてももう少し見守ってみるしかないですね。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -