主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

昨日の続きです。
午後になると常連のAさん、そして東京のTさんもお見えになり、賑やかになりました。
以前から羽化の続いている小さなソテツの所で話し込んでいると、いつの間にか足元のツツジの植え込みに羽化直後と思われるメスが止まって翅を開いていました。



低温期型らしい青の広がったメスで、最初はオスかと思ってしまいました。


1201047DIMG_8466.jpg
しばらくすると風を嫌って少し奥に移動し、翅を閉じて動かなくなってしまいました。


1201047DIMG_8524.jpg
こちらはオス。私が上の個体を撮影している間にYさん達が発見して下さいました。


1201047DIMG_8538.jpg
このオスも1度舞い上がるとツツジの植え込みに潜り込んで動かなくなってしまいました。やはり気温が低すぎるのでしょう。この他にもう1個体メスがいて、やはり茂みに潜り込んでしまったそうです。


1201047DIMG_8579.jpg
皆さんがお帰りになって私1人になってしまったので、再び最初のメスの所に戻ってみました。
すると少し風が弱まって暖かくなったせいか、飛び上がって近くの岩の上に止まって翅を開いてくれました。また風が吹き始めましたが必死で岩にしがみついています。


1201047DIMG_8699.jpg
傾いて来た陽光に翅が透けてとても美しかったです。まさしく「真冬の妖精」でした。
やがて再び茂みの中に飛び込んで見えなくなってしまいました。



スポンサーサイト

  1. / trackback:0
  2. / comment:2
  3. [ edit ]

No title

  1. 2012/01/05(木) 23:15:34 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
“真冬の妖精”がんばれ、って感じです。→ “早春の妖精”にならないかなー!?
最高気温が15℃を越えて来れば、交尾・産卵が始まるのでは...
もう、裏翅の斑紋は、めちゃくちゃ・バラバラのようですね。

Re: No title

  1. 2012/01/06(金) 20:14:07 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>midoriさん
連続コメントありがとうございます。
本当に越年が越冬になったら面白いのですが。難しいでしょうね。
斑紋は本当に色々ですね。daronさんが撮影されていた2個体、対照的で面白かったです。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -