FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

「赤城姫を愛する集まり」(群馬県赤城山に産するヒメギフチョウのことを赤城姫と呼んでいます)のcactussさんと初めてお目にかかったのは、確か2004年の春だったと思うのですが、富士宮で、私の所属する「ギフチョウ保護の会」のパトロールをしている時でした。
この時cactussさんから赤城のヒメギフチョウの状況をお聞きし、今でも限られた場所でその姿を見ることができることを知りました。
cactussさんのお誘いでこの年の観察会に参加させて頂きましたが、残念ながら天気が悪く、ヒメギフチョウは姿を見せてくれませんでした。その後何度かお邪魔し、おかげ様で撮影することもできましたが、今でもこの朗報は信じられない思いを拭いきれません。
赤城山のヒメギフチョウは長いこと絶滅したと考えられていたのです。ですから私にとって、それは永遠に見ることのできない幻の蝶のはずでした。

後翅の赤紋が例外なく強く現れるという特徴を持つ赤城山の個体群は、他の産地と切り離された、いわば離れ小島のような個体群で、非常に貴重なものです。そして完全に絶滅したと諦めていたこの赤城山のヒメギフチョウの生きた姿に触れることができたということは、本当にうれしいことでした。
その後「赤城姫を愛する集まり」の方々の御尽力もあり、赤城山の個体群もなんとか棲息し続けているようです。
会の方々のご努力に敬意を表するとともに、なんとかこれからも赤城姫に元気な姿を見せ続けて欲しいと願うばかりです。

2006年5月5日 Canon EOS 5D 300mmF4L
赤城ヒメギフ4



2007年5月5日 Canon EOS 20D SIGMA FISHEYE 15mm E2.8
赤城ヒメギフ2




スポンサーサイト




  1. / trackback:0
  2. / comment:12
  3. [ edit ]

No title

  1. 2011/01/29(土) 21:41:19 |
  2. URL |
  3. cactuss
  4. [ edit ]
富士宮でお会いした時に撮影した写真を見返すと2004年4月3日でした。
あれから何回もご一緒して、楽しかったですね。
上の写真は御一緒した時の写真ですね。
下の写真は初めて見ますが、見事な飛翔写真ですね、なかなかこういう写真が撮れません。

No title

  1. 2011/01/29(土) 22:51:02 |
  2. URL |
  3. なつ
  4. [ edit ]
こんばんは。
ヒメギフチョウ~いいですね!!
まだ出会えていないので機会があれば会いに行きたいと思っています。

No title

  1. 2011/01/30(日) 12:34:23 |
  2. URL |
  3. fanseab
  4. [ edit ]
赤城姫、綺麗ですね。まだ、ヒメギフをデジタルで撮影していない
小生にとって、こんな画像を拝見すると、是非撮りたくなってしまいます。
今シーズンはチャレンジしてみようかと思っております。
飛翔画像も、この地域の特徴を良く捉えた素晴らしい絵ですね!

Re: No title

  1. 2011/01/30(日) 15:12:44 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> cactussさん
早いものですね、あれからもう7年とは・・・
ブログを始めて写真の整理をしてみると、cactussさんに、いかに色々とお世話になって来たかが、いまさらながらよくわかります。あの蝶もcactussさん、そういえばこの蝶も、という感じです。
これからも楽しい「蝶探しの旅」是非ご一緒させて下さい。

Re: No title

  1. 2011/01/30(日) 15:27:10 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>なつさん
アジアカップ優勝おめでとうございま~す!
がんばりましたね~日本は、ザッケローニ監督の采配も良かったですが、最後は選手達の気持ちの勝利、でしょうか。
ご主人様もご満悦なのでは?
赤城姫はここ何年か見に行っていませんが、一時危機的に数が減ったものの、まただいぶ復活してきているようです。

Re: No title

  1. 2011/01/30(日) 15:39:36 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>fanseabさん
コメントありがとうございます。
海外遠征にお忙しいfanseabさんとはいえ、ヒメギフをデジタルで撮ってらっしゃらないというのは意外でした。
今年は是非素晴らしいデジタル画像を見せて下さい。
私もいつの日か海外遠征して、シナギフやオナガギフなんかも見てみたいものです。

このチョウも

  1. 2011/01/30(日) 22:01:59 |
  2. URL |
  3. hayenokaze(南風)
  4. [ edit ]
私の住むところでは見ることができないですね。(涙;)

何となく北方系のチョウって、荘厳な感じがしますね。

No title

  1. 2011/01/30(日) 22:33:09 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
1枚目超最高ー、羨ましいー限りです。素敵です。去年行こうと思っていたポイントです。
+カタクリで撮れたら、私ならA4プリントアウトですね...!今年も現れてくれるかな!?
気象条件が勝負の鍵ですよね?

Re: このチョウも

  1. 2011/01/31(月) 10:29:34 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>南風さん
確かに、蝶でも鳥でも、北方系の種は、温度の低い(クールな)、荘厳な印象のものが多いですね。
生存競争の厳しさとしては南方も同じかもしれませんが、やはり寒さという危機感に常にさらされている点、そして単調な冬景色の中、限られた種類の生態系を生き抜いていることで、南方のものとは違う洗練のされ方を余儀なくされるのだと思います。
哺乳類でも、動物園のオオヤマネコ(リンクス)など、見つめられただけで震えがきます。
人間でも、北方欧州人の前に立つと、私なんか脚がすくみます(笑)

Re: No title

  1. 2011/01/31(月) 10:52:09 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> midoriさん
ありがとうございます。赤城姫、今年もたくさん飛んでくれるといいですね。
飛翔狙いなら山頂近く、吸蜜狙いなら少し下がった林内がいいようです。
ただこの時期は食草のウスバサイシンが芽を出して頭を持ち上げる頃、
特に枯れ葉の積もった広葉樹林内ではそれが全く見えません。
やたらに歩き回ると食草を踏んでしまいかねないので、
もし今年行くチャンスがあったら、私は登山道周辺のこれぞと思われる花で気長に待つ作戦でいこうと思っています。

No title

  1. 2011/02/01(火) 23:12:26 |
  2. URL |
  3. otto-N
  4. [ edit ]
ここへは、昨年(2010年)の5月14日に行きました。前日、赤城山(黒檜山)に登る予定でしたが、寒くて中止。別の山に登り、近くの温泉に止まり、次の日に行ったけれど、晴れていても、寒くて撤退しました。帰り道、見かけによらず美味しい手打そば屋が近くにありました。

Re: No title

  1. 2011/02/02(水) 10:49:23 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> otto-Nさん
そうでしたか。5月中旬でも、けっこう寒い日があるものですね。
登山だと思わぬ残雪に苦労させられることがよくあります。
でも見かけによらずおいしいお店に当たるとうれしいものですよね。
私、そば好きなので興味津々です。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -