FC2ブログ

日々のスナップ、風景、そして蝶の写真など

naoggio写真日記

暦の上では立春というだけあって、今日の関東南部は比較的暖かい日和となりました。
北陸や東北では相変わらずの暴風雪なのに申し訳ないような話ですが、今日もクロマダラソテツシジミの羽化を期待して「美撮りに夢中 ! 」のmidoriさんと共に県南に行ってきました。
気温は午後には日向で12度まで上がりましたが風が強く、小春日和というにはほど遠い状況でした。
現地に着いてしばらくすると三浦市のAさんそして御近所のYさんがおいでになり、Aさんに羽化不全個体を見つけて頂き、Yさんに羽化直後と思われるオスを見つけて頂きました。
さすがに毎日観察されている方々の眼は冴えています。


ソテツの幹の中程に現れた羽化個体。幹の中間辺りで蛹化する事もあるのでしょうか?
以下も同一個体です。開翅を期待して暖かい岩の上等に移動させてみましたが、風が強くしがみついているのがやっとという感じだったのでまた元の位置に戻しておきました。


1202047DIMG_1482.jpg



1202047DIMG_1532.jpg




スポンサーサイト




  1. / trackback:0
  2. / comment:6
  3. [ edit ]

No title

  1. 2012/02/05(日) 19:47:04 |
  2. URL |
  3. midori
  4. [ edit ]
昨日は、お世話になりました。ありがとうございます。とても楽しかったです。
Aさん・Yさんが来られなかったら見られなかったかもしれませんね。(感謝)
まー、ホッとしました。そろそろ羽化が終了しそうで怖いです。
来週後半の寒波を乗り越えられれば、もしかして...どうなってしまうのですかねー?

Re: No title

  1. 2012/02/05(日) 20:34:08 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>midoriさん
こちらこそお世話になりました。見られて良かったです。
本当に常連のお二人には感謝ですね。
天気予報を見ると来週の寒波はそれほどでもなさそうですが、
残っている蛹の賞味期限が気になるところですね。
どこか気づいていない場所に蛹がごっそり残っていないかなあなどと妄想しています。

No title

  1. 2012/02/06(月) 15:46:09 |
  2. URL |
  3. ダンダラ
  4. [ edit ]
とうとう大寒を乗り切った個体がいるんですね、すごいです。
ソテツの柔らかな毛のおかげなのかな。
ところでソテツっていつ頃芽吹くんでしょう。
気が早いけど、そんなことが心配になってきてしまいました。

Re: No title

  1. 2012/02/06(月) 22:51:32 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
>ダンダラさん
本当に・・・すごいですね。
ソテツの綿毛は相当貢献していると思います。
この時期まで来ると蛹が羽化せずにどれくらいもつのか、それが気になってきますね。
暖かい日があるとほっとする反面、今羽化してしまっては早すぎると気を揉んでしまいます。
ソテツの新芽が出る時期はわかりませんが、成虫が健全な行動可能な気温になるのは相当先の事でしょうから
それまで蛹が残る確率は私はかなり低いと見ています。
それでもわずかな可能性に期待せずにはいられない。蝶贔屓もいいところですね。
観察を続けている面々、気が早いですが越冬の僅かな可能性、モデルを、頭の中であれこれ思い描きながら通っています。

No title

  1. 2012/02/07(火) 05:29:52 |
  2. URL |
  3. clossiana
  4. [ edit ]
1月の羽化も凄いと思っていましたが2月にも引き続き羽化してるって全く驚異的ですね。もう3~4年前?の話ですが九州で初めて爆発的にこの蝶が増えた時に果たしてこの蝶が越冬出来るのかどうかを鹿児島昆虫同好会の人達がかなり綿密に調べたのですが、確か幼虫でも蛹でも越冬は確認されなかった筈です。この羽化している個体は寒くなる前に蛹化したのですかね?それとも幼虫が少しずつ成長していたのですかね?もし後者だとすれば若齢幼虫が冬期間にゆっくりと成長すれば、羽化時期が春になるってこともあり得るのかな?なんて思ってしまいます。いずれにしてもこの蝶の潜在能力は想像を絶していますね。

Re: No title

  1. 2012/02/07(火) 11:26:45 |
  2. URL |
  3. naoggio
  4. [ edit ]
> clossiana さん
ここまで引っ張るとは思っていませんでしたので私も驚いております。
で、現在羽化してくる成虫はいつ蛹化したのかという問題ですね。
この記事の個体が羽化してきたソテツで最後に幼虫を見かけたのは毎日観察に来られている方にお聞きしないと正確にはわからないのですが年末頃だったと思います。従って1ヶ月余り蛹でいた事になりますね。
飼育でも18~19日の蛹期でしたので野外では30日超の蛹期は不思議ではないと思います。今までの別の樹での経験から40日くらいまではあり得そうな気がしています。
全観察地内で幼虫を最後に見かけたのは1月中旬でした。この時点で蛹化できた個体がいれば2月末頃の羽化も期待できるのですが、この時には蛹化できそうな終令幼虫は見かけていません。ですので蛹越冬するにはちょっと無理があるかなと思っています。
一方幼虫越冬の可能性はどうでしょうか。寒冷期に入って幼虫の成長が遅くなったのは確かで、見ていると寒い夜は葉の付け根に潜り込んでしまう幼虫もいました。このような事を繰り返しながらなんとか生きながらえていたようですが、中旬以降は全く姿を見かけなくなりました。
1月上旬に孵化したと思われる幼虫はその後見かけていないので恐らく蛹化できずに死んでしまったものと思われます。
1月中旬頃最後に残っていた幼虫は今の所蛹を発見できていない(蛹の探索はあまりしないようにしています)ので、これも恐らく死んでしまったのではないかと思うのですが、越冬の可能性が残されているとすれば、これらの幼虫の中に今月後半まで生き延びて、まだ食べられそうな葉を食べて蛹化するというシナリオかなとは思っています。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
横浜でオーダー家具のお店をやっています。このブログは仕事と関係のない日々のスナップや過去の写真、また大好きな蝶の写真を中心にアップしていきます。家具に興味のある方はリンクトップの会社ホームページにも是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2019 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30