主に蝶の写真を中心にアップします。

naoggio写真日記

昨日の続きです。
サンタ・マリア・アッスンタ聖堂の裏から広場に戻ります。有名なアッティラの椅子がオリーブの樹の根元に鎮座しています。アッティラ率いるフン族の略奪を逃れてここまでやって来た人達の村にどうしてアッティラの椅子があるのか理解に苦しみますがいちおう記念撮影。



白い石造りのアッティラの椅子

0701075DIMG_5081.jpg
お昼には少し早かったのですがコーヒーでも飲もうと思って入ったこのレストラン。雰囲気が良かったので結局食事をしてしまいました。ヴェネツィアにしては珍しく適正価格の美味しいレストランでした。お勧めです。


0701075DIMG_2530.jpg
運河沿いの道を船着き場に戻る途中、レストランの裏手を覗いてみるとガチョウが飼われていました。食用でしょうか? 壁にはフライパンがぶら下がっています。まさか自分を調理する道具だとは、ガチョウは気付いていないようでした。


0701075DIMG_5105.jpg
人懐っこい山羊もいました。


0701075DIMG_5110.jpg
日曜日だったので午後になると船着き場からはけっこうたくさん人がこちらへ向かって歩いてきます。早く出掛けて正解でした。


0701075DIMG_5120.jpg
連絡船。みんなケイタイが好きですね。
ここから再びブラーノ島に戻り、ムラーノ島経由でヴェネツィア本島に戻ります。


0701075DIMG_5186.jpg
船は出航して暫くすると淡いきりに包まれました。柔らかい光に満ちた海面に微かに見える葦の茎。夢のような風景です(海上の写真はブラーノ島とムラーノ島の間で撮影したものです)。


0701075DIMG_2589_1.jpg
時々霧が晴れると突然目の前にこのような建物の残骸が現れたりします。造りからすると修道院のようですがかつてはどんな姿だったのでしょう?


トルチェッロ島の運河沿いの道は現在再開発中(或は終了?)とも聞きます。のどかな雰囲気が壊されていないといいなあと思っています。
昨日の記事で紹介したサンタ・マリア・アッスンタ聖堂は、作家の塩野七生さんが著作の中で「イタリア中で唯一、自分が結婚式を挙げてもいい教会」として紹介されておいでです。私がそれを知ったのはこの島を訪れた後での事でしたがなるほどなあと納得したものでした。どうかあの美しい聖堂を、ゆっくりした時の流れる静かな風景の中で後世に残してあげて欲しいものです。

トルチェッロ島の記事は今回で終わります。次回は再びブラーノ島の予定です。



スポンサーサイト

  1. 海外風景
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

naoggio

Author:naoggio
青山学院の近くで、オーダー家具のショップをやっています。
このブログでは仕事と関係ない趣味の写真を中心に、日々の出来ごとや思い出など書いて行こうと思います。
家具に興味をお持ちの方は、リンクトップの「order furniture standards」の方にも、是非遊びにいらして下さい。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -